リュウ庵

尼崎市に在住の猫大好き人間。
日頃思うことを中心に、駄文を書きたい。

クリスマス・リース

2019-12-14 11:13:35 | 日記

昨日は、フラワーアレンジ教室恒例のクリスマス・リースの制作日。

いつものように、先生に用意していただいた素材で挑戦する。

オアシスは写真のような円形、今回はその円形に沿って生の葉や花を挿し

て埋めていく。

卓上型なので、あれこれ欲張って挿したので、これまでのクリスマス・リース

のイメージから少し外れ、空洞になるべきはずの中心も埋め尽くされた円盤

型?の賑やかな花輪に仕上がった。

まあ、いいっか、こんなリースもありかな^^

オアシスの水がなくなり、ドライリーフ(フラワー)になったら壁に吊るすことも

できるが、暫くは置き物として仏壇に供えることにしよう。

仏さんも苦笑いか・・・

 

   !?・・・ちょっと知ったかぶり・・・!?  

<リースについて>

リース(wreath)は花や葉、果物で作る装飾用の花輪で、輪はエンドレスだ

からは「永遠」という意味があり「命や幸福がいつまでも続く」という願いが

込められている。

リースは古くはローマ帝国時代のローマ人によって、祭事の際に主に

女性が身に付け、男性は冠として使用した。

威信の象徴であり、華や枝、蔓、月桂樹の葉などで作られ、結婚式

ど特別な行事によく使われた。

ローマ皇帝がキリスト教を国教と定めたことから、ローマのリース風習が

キリスト教にも広まり、クリスマス・リースの元になったった、という説が有力。                

                         (ウイキペディアなどから)

  

  

  

  

  

 

  2017年のリース

  

  2018年のリース

  

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 宮川花子さん、復帰待ってるよ | トップ | フジバカマ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オリジナルリース♪ (野の花)
2019-12-14 22:03:51
こんばんは
今年のリースはとても華やか(賑やか?)で素敵だと
思いますよ~(*^^*)
赤いバラとカスミソウがとってもかわいいわ!

真ん中を両手でググッと広げたい気持ちになってますww
仏さまもきっと同じ気持ちで、、、(笑)
心のこもったリース 喜ばれていることでしょう (^-^)
こんばんは (リュウ)
2019-12-14 22:37:34
野の花さん、コメントありがとうございます。

クリスマスリースと言えば、これまで作ってきたドーナッツのような
真ん中が空洞になっているイメージがあって「こんな形でもいいのか
なあ」と思ったりしていたのですが、野の花さんにお褒めいただき、
安心しました。
赤いバラとカスミソウは、先生のアドバイスで使ってみました。
この後お正月用のアレンジも、月末に挑戦します。

風が出てきて、気温も下がってきたようです。
おはようございます (larala)
2019-12-15 05:48:16
冷たい風が吹いています。

豪華なリースに感激です。
私は生花でやった事が無く、拾いもののドライばかりなので何時かは生花で作ってみたいと思っています。
いろんなお花が見られます~
薔薇やカスミソウ、ブルーのお花白いお花、グリーンも何種類も見えます。その他見た事も無いものも・・・

いつでしたか 夏頃だったか、NHKの朝の番組でこのように丸いリースを何度も見ています。
リュウさんは流行の先端をいっているのですね。

私もいつかは生花で挑戦してみたいです。
でも・・・高価でしょうね~
こんばんは (リュウ)
2019-12-15 23:09:44
laralaさん、コメントありがとうございます。
豪華と言うか、少し賑やか過ぎました^^
もう少し真ん中に空洞を作った方が、すっきりしたかもしれません、
濃いグリーンのヒバ類を多様すれば、どうしても重たげになりますねえ。
青い花はエリンジュウムと言い、フラワーアレンジでも時々使いますが、
ドライになってもあまり色があせず重宝します。ヒバなど葉物が多いですから、高価にはならないと思いますよ。
いつも作っておられる枯れ葉のリースも、素敵ですね。
生花でも、ぜひ挑戦してみてください。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事