銀座ジャズバーエムズのブログ

 生演奏のある小さなバー・・・「大人のくつろぎ空間」をお探しの方にご案内申し上げます。

You'd Be So Nice To Come Home To

2019-08-07 15:32:15 | 

君の待っている家に帰って行けたら

暖炉のそばにいてくれたら

どんなにうれしいだろう

風の子守唄を聴くさすらいの旅

君は、さすらう僕の憧れるすべてだ

冬の凍てつく星空の下で

8月の焼けつく太陽の下で

愛する君が待っていてくれること

そこへ帰って行くことこそ

僕の求める天国なんだ

 

 なぜだか「帰ってくれたらうれしいわ」という邦題が有名なのと、

圧倒的に女性シンガーが歌っていたので、内容がいまいち

伝わっていないようですが、この歌詞はどうしても男性のものでしょうねえ。

「8月の焼けつく太陽」というので今月の歌??にしてみましたが、

そんなところから女性が男性の待っている家に帰る、というのは

想像しにくいですから・・・。

 

ま、ジャズの場合は曲そのものを楽しく、または美しく表現できて楽しめれば良いので

男性か女性かに、あまりこだわらずとも良いという面もあります。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 白夜の太陽 | トップ | 本日は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事