小説『雪花』全章

心身ともに、健康を目指す私流生活!!
食事や食材、ダイエット、美容などの豆知識がたくさんあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「白湯」生活

2012-01-31 21:19:27 | Weblog

 
 昔、私は中国蘇州にいったころ、風邪を引いても、親からほとんど薬を飲まされなかったです。
 当時の中国では、「白湯」を風邪薬の代わりに飲みました。もし風邪を引いたら、一日2ℓの白湯をゆっくり飲んで、三日間安静にすれば、風邪が自然に治るという“医飲同源”の庶民知恵もあります。
 「白湯」とは、一度沸騰させたお湯をぬるく冷ましたものです。健康維持のために、飲まれてきたものです。
 昔、浄水設備がないころは、雑菌などの殺菌を消毒するためとされていましたが、今でも、白湯を飲む習慣は中国各地で、根付いています。
 民間では、白湯を飲めば、全身に熱が巡るようになり、熱を生むと、体内の滞留物が排出されやすくなると言われ、皆がその知識を知っています。
 そして、最近では「白湯を飲むだけで、便秘、冷え、肌荒れ、心にも効く」と日本の医学蓮村先生もおっしゃっています。
 「白湯生活」を一週間続けてみませんか!
 一日合計3~4杯(800ml)飲むことです。
 まず、朝起きてすぐ一杯をゆっくり飲みます。
 そのほかは、三食に分けて飲めばいいです。
 ただし、「一杯の白湯を10分かけて飲むことが大事です。そうすれば、体の隅々まで熱が伝わり、調子が整う」と蓮村先生は考えています。
 一日3~4杯の白湯でとは、といたってシンプルでしょう!
 私自身も、日本に居ても、中国式の白湯を体調に合わせて飲んで、体調管理に役立てています。
 体をゆっくり温めるには白湯を飲む・・・


中国人ならば誰でも知っている「三国志」のヒーローたち。
人物のキャラクターや逸話を反映したおもしろい〝シャレ言葉″があります。

草船で矢を借りる――多ければ多いほどよい
蜀(しょく)・呉連合軍が魏の曹操と雌雄を決する席壁の戦いでは、諸葛孔明が三日以内に十万本の矢をつくると公言。わら人形を乗せた船を霧に乗じて曹操軍陣営に向かわせ、いっせいに射掛けられた矢を集めてくるというエピソードは有名です。〝多ければ多いほどよい″と解くのは誰でも納得いくでしょう。
例:どれぐらいほしいかって、もちろん「草船で矢を借りる―多ければ多いほどよい」さ。







お酢を吟味

2012-01-30 20:32:03 | Weblog
人類最古の調味料ーお酢
中国のお酢ー「老陳醋」(ラアォツェツゥ)は中国でとても有名で、誇りに思っています。
中国の醸造酢はちょっと癖のある、香りがし、色が濃く、醤油と見分けのつかないものも、少なくありません。
 醤油とお酢は、お揃いの小さな急須のような器「瀬戸物」にいれて、食卓においてあります。今は白い合成酢も、よく見かけられます。
 お酢は日本もたくさんあり、色んな種類があります。お酢は主役ではないですが、ないと困ってしまいます。料理の味を補い、甘味を引き出すという働きがあります。食材の「パートナー」でしょう!
 お酢の使われには多様性があり、デザートビネガーとしても今、とても用いられています、その場合の賞味期限は、2ヶ月です。お酢を心から美味しいと感じられる範囲で、楽しみましょうね!私は毎日、りんご酢やバナナ酢などをワンスプーン、ドリンクとして、飲んでいます。はちみつをいれると、酸味が強くないから、飲みやすく、美味しいです!疲労回復や血液サラサラ作用など、とても効果的!

中国の料理名に出てくる漢字の意味:
片:薄切り
 丝:せん切り
 丁:さいの目切り
 丸:だんご
 泥:すりつぶした物

 中国人ならば誰でも知っている「三国志」のヒーローたち。
人物のキャラクターや逸話を反映したおもしろい〝シャレ言葉″があります。
諸葛孔明が軍師になる――名実あい伴う
すでに俊傑として評判の高かった諸葛孔明が、劉備の三顧の礼によって軍師になったことから、名実あい伴うと解きます。
例:彼はコーチにするとは、まさに「諸葛孔明が軍師になる――名実あい伴う」、適任者を見つけたようね。



試鮮!

2012-01-29 18:24:22 | Weblog

 味みをして!
 中国の料理は、各地それぞれの気候や歴史から生まれ、庶民の生活の知恵がたくさん詰っています。
 四川料理の名物、麻婆豆腐はその元祖と言われる四川省成都の陳麻婆豆腐店によると、清代の同治元年(1862年)、前身の陳興盛飯舗を切り盛りしていた陳春富(チンシュンフ)の妻―劉婆がこの料理を考え出したそうです。
 店は万福橋という橋のたもとにあり、お客の多くは油を担いで橋を行き交う労働者たちでした。
 重労働をする男たちのために、手ごろな材料で作ったものでしたが、その刺激的な味が評判を呼び、ついに文人たちもこぞって食べに来るようになったそうです。
 やがて劉婆の豆腐という意味で、〝麻婆豆腐″と呼ばれたそうです。
 〝麻″と〝辣″を同時楽しめることから〝麻辣豆腐″(マラトウフ)とも呼ばれています。
 〝麻″は花椒(山椒)のしびれる辛さ、〝辣″は唐辛子のピリッと突き刺すような辛さのことです。
 もともと花椒(山椒)や唐辛子を多用していた四川ではすぐに調味料として普及し、発酵させたソラマメと合わせて作る〝豆板醤″は麻婆豆腐に欠かせない調味料となっていました。
 今日本のどこの家庭でも作られる〝麻婆豆腐″は1958年に陳建民さん料理長が来日し、現代に合うような味を変えたようです。
 つまり、美味さがどんどん増して、辛さを控えめにしたことです。
 陳さんのレシピに「家庭で作る麻婆豆腐のコツは、豆腐を温めて、余分な水分を除いてから使う。ひき肉と香辛料をよく炒めて香りを十分にたたせる。豆腐を入れる前の味はちょっと濃いめ」と書いています。
〝麻婆豆腐″の美味さは「嫩・鮮」を強調しています。
 つまり、豆腐は柔かくて崩れてない、一見すると瑞々しく、食べるとプルプルとした食感です。
 偶に〝麻婆豆腐″を〝試鮮″(シシエン)―味みをしてはいかがですか。
 

 中国人ならば誰でも知っている「三国志」のヒーローたち。
人物のキャラクターや逸話を反映したおもしろい〝シャレ言葉″があります。
関羽が酒を飲む――顔が赤くなっても平気(=恥知らず)
向かうところ敵なしの関羽は〝関公″と呼ばれて庶民に親しまれ、義理と人情に厚い人物像は赤い顔で表現されるので、〝赤面を恐れない=恥知らず)と解きます。
例:大きなアヒルの卵(0点)取ったのにそんなにうれしそうにして、本当に「関羽が酒を飲む―恥しらず」だな。






眼精の愛護その二

2012-01-28 10:17:01 | Weblog
 
 眼精疲労を回復させるためにもう一つ有力な成分を持っているのは、ブルーベリーです。
 ブルーベリーは二十世紀の初めに米国の北東部で栽培し、日本へは1951年に導入され、75年から本格的に栽培されたのだそうです。
 聞くところによると、ブルーベリージャムを多食していた英空軍パイロットの視力が向上したことから「効能」の研究が始められ、今では、健康食品としても使われています。
 ブルーベリーの成分「アントシアニン」は網膜の血流をよくして、眼精疲労、老眼、白内障、視力低下など、眼のトラブルの予防、改善に役立ちます。
 ブルーべリーは特有の甘酸っぱさが多くの人に好まれて、パイ、ジャム、ジュース、缶詰などに幅広く利用されています。
 眼精疲労を予防、回復のために、毎日食べ続けるとよいでしょう!
 ブルーベリージュース果汁100%のジュースを飲む量としては、1日60 ~120mg摂るといいです。その中にポリフェノール量も含有しているので、
おすすめです!




 
 
 

眼精の愛護

2012-01-27 12:32:02 | Weblog

 其の一:
 疲れ目や眼精疲労の原因としては、ストレスによる目の毛細血管の血行不良や涙の分泌量の減少などがあります。
 ストレスや疲労の原因を取り除くのが一番ですが、現実的にはなかなか難しいものです。
 「目のまわりのマッサージや首のストレッチも根本的な解決にはなりません。日頃の食生活で、目の疲れにいい成分を取り入れるのがいい」と専門家が言います。
 疲れ目にいい成分は、眼の粘膜を保護するビタミンAとB1です。
 そして、DHAも疲れ目にいいです。(専門知識)
 皆さんご存知のように、DHAにはさまざまな働きが認められています。青魚に多く含まれていることが知られていますが、人間の網膜にたくさん含まれています。
 DHAは酸化しやすい成分ですから、抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを多く含む緑黄野菜と一緒に摂ったほうがいいでしょう。
 青魚が苦手な方には、サプリメントがおすすめです!

「食」―プロのお話

2012-01-26 12:13:53 | Weblog
 
 すぐに元気を出したいなら、ご飯を
 長期的に見て、しっかり消化されていれば、肉は元気の元になるといえるかもしれません。ただ、たとえば短期的に見て、「あしたは運動会だから、焼肉を食べて元気になろう!」というのは、うそなのです。(専門家の説)
 実際に、肉が生命エネルギー=オージャスになるまでにどのくらいの時間がかかるかいうと、牛肉や豚肉などは2~3週間もかかるといわれています。かなり消化しにくに食べ物なのです。
 直前に何かを食べて元気になりたい場合は、炊きたてのご飯が一番です。炭水化物は短期でエネルギーに変わりますからです。ただし、小麦粉もからだを重くする性質があるので、お米がおすすめです!

「喜聞楽見」

2012-01-25 10:20:35 | Weblog

 中国の曲芸 
 日本のお笑い芸人(漫才師)が人気の的なっています。テレビのどのチャンネルても、お笑い芸人が映っていますね。普段、よく「くだらないもの」という言葉が耳に入りますが、私はたまに見て、笑ったりする事もあります。あるお笑い芸人が、下町の貧しい暮らしい生活から抜けでてきたという波乱万丈の人生を聞いて、自分の励みになることもあります。
 中国は、かつて清の時代に「相声」(シアンスン)笑い芸人がいました。「曲芸」の中の一種です。
 当時、民間の笑い話、おしゃべりの技術から生まれた中国の歴史『人民首都の天橋』にはこのように書いてあります。
 清の時代に、朱(シュウ)という名前の人が自分の芸名を“穷不怕”(貧乏が怖くない)とつけて、一人漫才を始めたそうです。ある日、上京した人が朱と偶然に会って、朱に聞きました。「あなた、どうして“穷不怕”(貧乏が怖くない)という芸名をつけたの?」朱は答えました:「俺は腹に“ネタ”がいっぱいあるからよ」
 朱はいつも、地面に白い砂を撒いて紙の代わりにし、自分のネタで短詩を作り、人々を笑わせました。朱(穷不怕)の「撒字生涯」が中国の歴史に残りました。
 日本人漫才師、お笑い芸人も、同じように人を笑わせてストレス解消をさせるだけの面白いネタが“腹いっぱい”があれば、貧乏が怖くない芸人になるでしょう。
 「喜聞楽見」(見たり聞いたりして人々に喜ばれる)は、暗く沈んだ心に陽が差したように、心が軽くしてくれます。

 お漬物
 浅づけや古づけ、ぬかづけなど和のつけものは、酵素を含んでおり、消化吸収や腸内改善に役立ってくれます。







耐冬

2012-01-24 09:10:29 | Weblog
 
「保暖」与「保湿」
 ピューピューと木枯らしが舞う季節を迎えて、乾燥に悩まされる人も多いでしょう!
 冬になると手足が乾燥する人が多いのは冷えるせい、冷え性の人ほど乾燥になりやすい、血流が悪いために保湿成分が作られにくく、保湿力が保たれないと専門家が説しています。
 冷えと乾燥が同時に襲って来る日本で冬を過す私たちは、冷えと乾燥は片方だけでなく、両方を一緒に解決する必要があると言われています。
 冷え対策に特に重要なのは夜です。体の機能が落ち、血液の循環が悪くなっているため、体を温めることによる効果が高いでしょう。
 専門医によると、体を温めることが細胞の活性化につながり、そして、保湿ケアにも適切な温度は38~39℃程度です。
 また冷える人は、朝ご飯をしっかり取ったほうがいい、たんぱく質やポリフェノールを多く含む食材などを食べると体が効率的に温まります。
 おすすめなのは、温かいスープです。
 保湿のために、まずは肌のバリアを壊す“塩素”に要注意です!塩素が多いのが一番風呂です。脚をつけてピリピリとしたら、“塩素入り”の証処ですが、除くには入浴剤なら、保湿膜を作り、肌の水分をキープするといった保湿成分を配合されているのも効果的です。
 そして洗いすぎにも要注意です!

 豚のしょうが焼き
 体を温めてくれるしょうがと原形に近い豚肉のゴールデンコンビ。
 ビタミンB12をはじめ豚肉に含まれるビタミン類には、美肌&アンチエイジング効果があります。




和食は優しい

2012-01-23 09:56:40 | Weblog

 日本の食について、大豆を食品として食べるのは、もともと中国の発明です。しかし、17世紀江戸時代からすでに日本人は豆腐を食べていました。食べ方が日本人の口に合った、湯豆腐や冷やっこなど・・・いろいろあります。そして、日本人が大豆を発酵させて、日本人の口に合った味噌や納豆も作り出しました。特に日本人の朝食に欠かせないものとなっています。
 日本の植物性高タンパク質の発酵食品と西洋の動物性タンパク質のチーズと対照して、どちらがより体に良いか、日本が世界で、最も長寿国となっている理由の一つは、そこから分かるかもしれませんね!
 日本人は食に対して、食事の量よりも、栄養のバランスを考えて、家庭でも器がさまざま:色、形、特に小さくて、精巧な、いい感じの器を見ると、まず、人の目で楽しむことで脳を喜ばせる、という自然なこだわりがたいへん素晴しいです!
 人間の脳は体の内臓の「親」です、親と子はつながっているでしょう!
 「脳」の楽しさが全部、内臓(五蔵)の栄養素となりますね。
  
「一喜」から「万喜」へ、一口でも、美味しい!と感じた時に、すでに一喜となっているでしょうね。


 

鮭―きれいと元気に

2012-01-22 11:19:52 | Weblog
 
 鮭は肌の保湿やエイジングケアに効果的な成分を含んだ美肌食材として注目を集めています。
 まずは、保湿成分のヒアルロン酸や、肌にハリを与えるコラーゲン。そして、肌の皮質分泌をコントロールするビタミンBに、抗酸化成分アスタキサンチンも含有。また、皮には、ビタミンAやEなどの肌のうるおいを保つ成分が。
 冷たい水の中で身に脂がのる冬は、しっとりとした食感で、濃厚な味わいになります。
 鮭の栄養をまるごととれるホイル焼き。アルミホイルに切り身の鮭と好みのキノコを包んで焼くだけと、作り方も簡単。味付けは、バターと白ワインでフレンチン風など、しょうゆうでさっぱり和風など、お好みで。
 また、塩がきいた切り身なら、たっぷりの野菜と蒸し煮にすれば、鮭の旨味と塩けが調味料代わりに。合わせる野菜は、塩分の排出を助けるカリウムを含む、ジャガイモやキャベツがおすすめです!