志賀高原 たかまがはら温泉 白樺林の温泉露天風呂の宿

記事並びに写真は著作権法に基づき保護されております。転用や引用は固くお断り致します。

松川渓谷

2006年09月25日 16時18分54秒 | Weblog
慰労会は高山山岳救助隊班長の宮川さんの経営する、みはらや亭にて行ないました。珍しい熊の肉を食べさせていただきました。(ご馳走さまでした。)
今回私も15年振り3回目の松川渓谷でしたが、さすがに15年も経つと記憶が定かで無いのと他とイメージがダブる箇所も多々有ります。志賀高原から流れる川は全て急流となっており滝が多く両側は急峻な谷となっています。くれぐれもコースを外れないように、お願い致します。

松川渓谷

2006年09月25日 15時26分36秒 | Weblog
七味温泉にて入浴です。

松川渓谷

2006年09月25日 14時51分36秒 | Weblog
このカーブを抜ければ高山村七味温泉です。
場所地図

松川渓谷

2006年09月25日 14時23分41秒 | Weblog
こちらは笠岳です。

松川渓谷

2006年09月25日 14時22分09秒 | Weblog
横手山が遠くに見えます。思えばよく歩いて着たものです。

松川渓谷

2006年09月25日 14時18分27秒 | Weblog
高山村の有志の方が復活させた古道を歩きます。

松川渓谷

2006年09月25日 13時35分53秒 | Weblog
場所的には熊の湯スキー場の真裏になります。
場所地図

松川渓谷

2006年09月25日 13時32分14秒 | Weblog
高山村の皆さんが私たちの為に標識をつけて下さっていました。ようやく川下りは終わりです。

松川渓谷

2006年09月25日 13時19分12秒 | Weblog
正面左に笠岳が見えます。相変わらず両側は切立った崖が続きます。

松川渓谷

2006年09月25日 12時10分13秒 | Weblog
ここもザイル降下の場所です。ザイルの場合一人一人降下する為時間が掛かり下りた隊員から休憩になります。

松川渓谷

2006年09月25日 11時37分57秒 | Weblog
この箇所もザイルにて降下しました。ザイルの場合1人づつのため 時間が掛かります。

松川渓谷

2006年09月25日 11時24分27秒 | Weblog
30度位の温泉が出でいる場所も何箇所か有ります。平成1年3月の遭難者は、この場所に雪洞を掘り中でお亡くなりになりました。(凍死)

松川渓谷

2006年09月25日 11時14分21秒 | Weblog
写真では分かりづらいのですが、ザイルにて降下する場所も有ります。

松川渓谷

2006年09月25日 11時07分46秒 | Weblog
滝を高巻きして進む箇所も有ります。

松川渓谷

2006年09月25日 10時57分55秒 | Weblog
急峻な沢が続きます。迷い込めば川を下るか登るしか有りません。