銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ワイルド・ブレイブ

2019年02月22日 14時07分02秒 | 洋画アクション
BRAVEN
2017年
カナダ
94分
アクション
劇場公開(2018/07/15)



監督:
リン・オーディング
出演:
ジェイソン・モモア
ギャレット・ディラハント
ジル・ワグナー
スティーヴン・ラング




<ストーリー>
材木店を営みながら父と妻、娘と暮らすブレイブン。ある日、麻薬の密売人がブレイブンのロッジに麻薬を隠し、そのことを知った一家は密売人たちから襲撃を受けてしまう。

―感想―

俺の中のアクアマンの血が騒ぐぜ。
海が似合う男それがジェイソン・モモア、つうことで彼が主役のB級アクション。

「嫌な予感がする」
抜群な位置で車を停止させ、その後後退したのもアクアマンというスーパーヒーローの血がそうさせたのか(違うだろw)。

物忘れ爺ちゃんの事で話を30分引っ張ってようやっと本題に入る。
この物忘れ爺ちゃんが頭を負傷した時、もしかしたらそれが影響で物忘れ症が治るんじゃねえのか、て絶対に有り得ないのを想像する俺て一体・・・。

奥さんはアーチェリーの選手か何かだっけ?
命中率100%なんだけど。
しかも自ら助太刀に向かうという勇敢さ。
この夫婦、何者なのさ。

ボス戦開始前にクマ用のあれ(名前忘れた)を雪中に隠して設置してたように見えたが、実は敵にもまる見え状態。
当然「こんなのに俺が引っ掛かるかよばーか!」となる訳だが、最終的に下した使用法て咄嗟に思いついたのか、それとも初めからそういう使用目的で仕掛けていたのか。
前者なら強運勝利だろうし、後者なら無謀作戦だよね。
相当痛いと思うよ、他の映画だと罠食らった人間てギャーギャー喚き叫んでいるやん。
けど平然と取り外す辺りが流石アクアマン(だから違うって)。

色んな意味で父ちゃん愛を前面に押し出していた作品でしたなあ。

今作の可愛い子役図鑑

ワイルド夫婦の一人娘シャーロットちゃん。
パパ大好き!子。
あれだけベッドの上でもキャッキャッ♪とパパに懐いてくれたら俺なら堪ったもんじゃないね、毎日娘にデレデレだわ。

この子の将来も楽しみだね、成長したら美人さんになると思う。

評価:★★☆
19/02/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-01-09
メーカー:ハピネット

情報
<カリコレ2018>


コメント

トラックバック
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ローライフ | トップ | ミスエデュケーション »
最近の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事