銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

遊星からの物体X ファーストコンタクト

2013年01月10日 21時01分44秒 | 洋画ホラー
それは、細胞の一つ一つが単独で生きている
それは、生物に同化して擬態する
それは、すでに我々の中にいる…


-感想-

仮にもしもだよ



↑ こんなんが逃げ込んだ先の扉を開けて入ってきたらどうするよ?

間違いなく小便漏らすね。
だって勝ち目ねぇもんよ。
ゾンビならなんとかなりそうやけど、こいつは無理だわ。

のし
のし
のし
・・・ぐぎゃわあああ!!

もう駄目。
叫ばれた時点でオラ泡吹いて失神です。
そしてそのまま擬態化されて仲間入り確定。

こういう恐怖は映画の中だけにして欲しいよね。

不安は無かったと云ったら嘘になる。
あの傑作『遊星からの物体X』の完全なる前日譚だからね。
カーペンター監督は関わっていない。
ロブ・ボッティンも参加していない。
果たしてそんな状況下で、あの緊張感やクリーチャーのおぞましさを再び呼び起こせてくれるのだろうか。

答えはイエス。
これがもう不安を吹き飛ばす程の大傑作に仕上がっていた!

今時の映画だけに、変身シーンはCGを駆使している。
けど、その後の造形は実写なんだわ。
この辺を上手い具合に使い分けて、今作でも思わず身震いしてしまうような正に‘物体X’な斬新で且つ気持ち悪すぎるクリーチャーを堂々と見せ付けてくれた。
前作の立役者の1人ボッティンに敬意を払ったクリーチャーの作り込み様は見事なり。

中盤以降はゾクゾクしっ放し。
ぞわぞわっと鳥肌が立つ程に変身シーンになると自分の身が固まってしまっているのが感じ取れたね。
それ位引き込まれてしまう面白さがあった。

無機物は擬態化出来ないという特徴を逆手に取って、歯の検査をするシーンがあるんだけれど、流石に前作の血液検査にあったドキドキ感は味わえなかった。
ここで口の中を見ている時に、不意打ちで何かが喉から飛び出してくるとかのビックリ演出があればもっと良かったのになぁ、なんてちょっと思ってしまったが、ドキッとさせられるのは黒人が氷漬けにされたエイリアンを眺めているシーンでおもっきりに食らわされちまったから差し引きゼロって事で許してやんよ(笑)。

ラストでは前作へと直接的に続く‘ヘリで犬を追う’シーンで締めくくり、オープニングとエンドロールでは懐かしのスコアをきちんと活用。
他にも色々と前作で謎だった部分を本作で明かしてくれているしで、『物体X』ファンとしてはニヤリものの嬉しい悲鳴だった。

この『物体X』を観てカーペンターの『物体X』を改めて見直すとまた新たな発見があって良いかもしれないよ。

主人公はチア姉ちゃん(『デス・プルーフ in グラインドハウス』)ことメアリー・エリザベス・ウィンステッド嬢。
大分大人の女優さんに成長したよね。
てか一気に老けた?
えらく顔がおばさんぽかったんだがw
でも戦うヒロイン像としては立派に確立してたから、彼女の活躍には自然と手に汗握らされるものはあったな。

前のめりで観続けてしまう位に恐ろしくて楽しい作品だった。
ボディスナッチャーホラーの新たな傑作がこうして誕生した事が素直に嬉しいよ。

評価:★★★★☆
13/01/09DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-01-09
メーカー:ポニーキャニオン

THE THING
2011年
アメリカ
103分
SF/ホラー
PG12
劇場公開(2012/08/04)



監督:マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
原作:ジョン・W・キャンベル・Jr『影が行く』
出演:
メアリー・エリザベス・ウィンステッド『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』・・・ケイト
ジョエル・エドガートン『バタフライエフェクト・イン・クライモリ』・・・サム
アドウェール・アキノエ=アグバエ『ファースター 怒りの銃弾』・・・デレク

<ストーリー>
南極大陸で調査中のケイトが解き放った物体は、細胞に同化し突如人間から変形して襲い掛かる宇宙からの生命体だった。それはやがて人間を疑心暗鬼に陥れ…。


オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『遊星よりの物体X(1951)』(同一原作)
『遊星からの物体X(1982)』(同一原作)
『遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011)』(同一原作)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« リヴィッド | トップ | ザ・レイド »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画は (morkohsonimap )
2013-01-10 22:19:49
続篇ではなく、30年後に
あの傑作の前日譚に作り変えたのがミソですね

クリーチャーの造形も動きもCGを極力廃したのも成功の所以でしょうか

大の男が口をアーンとしてそこから飛び出してくるのは確かに怖い
アーンしてるだけじゃ様になんないですもんねぇ
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2013-01-10 23:24:52
こんばんは!
コメント&TB有難うございます。

しっかりとカーペンター版と繋がっているってのはニヤリものでした。
それとボッティンに敬意を表してCGだけじゃなく実写でもクリーチャーを再現していたってのは嬉しかったですねぇ。

あの検査シーンは、何かが飛び出してくるんじゃないかと、かなりドキドキして観てたんですよ。
結局何もなくて「なんだよ!!」と心の中で叫んじゃいました(笑)
Unknown (とら)
2013-01-13 01:58:12
いやー、期待以上に面白かった。
カーペンター版をちゃんと意識してくれて作品をつくったのが好感持てますね。
ちゃんと、前日談が成り立っていますもん。

そして、クリーチャーの造形は、おぞましいものがありましたね。
現代技術をふんだんに使った、気持ち悪いクリーチャーももどころ満載でした。

リメイクにしなかったのも吉でしたね。
>とらさんへ (ヒロ之)
2013-01-13 02:42:14
こんばんは!
コメント有難うございます。

面白かったですよね~。
見るまでは少し不安はあったのですが、もう見終わった後は大満足でした。
そうそう、リメイクにせず前日譚という新しいエピソード作品にしたのは正解だと思います。
しかもきちんと繋がっていますしね。

いやぁここまで完成度の高い作品だとは良い意味で裏切られましたよ^^
こんにちは (maki)
2013-01-19 10:52:04
ようやくみれました~
これも、ワクワクしながら待ってた作品。
面白かったですね!
造形がキモくて素敵だったなーと。
確かに私もあれが背後にいたらションベンちびっちゃいますわ。
今作→オリジナルと続けてみても遜色ない出来になってるんじゃないでしょうか。
今作でちょっと人前にですぎちゃったから、オリジナルでは人型に完璧になりきるように頑張る「それ」なんて妄想をしてしまいます。
しかし、この後の展開は私たちは知ってるわけですが、ヒロイン一人生き残って、それからどうなったんでしょうね(オリジナルでは廃墟でしたよね?)
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-01-20 01:24:03
こんばんは!
私もこれは今月出るDVDで一番ワクワクしていた作品でした。
もう面白すぎました。
オリジナルファン感涙の出来と言ってもいいんじゃないかと。
上手く繋げたなぁってそこに感心させられましたねぇ。
ヒロインが生き残っているので、その辺の続編なんかを作って欲しいですよね。
Unknown (せつら)
2013-01-20 23:53:24
一番最初の1951年版も見てるので物体X関連の作品はこれで満足です
この作品はあくまでもカーペンター版につながる前日憚ではありますが
物体XがCGという点はちょっと・・・またエイリアンかを見分ける方法が
単純でいいですね、少なくとも100%人間の人は確実に見分けられるしね
>せつらさんへ (ヒロ之)
2013-01-21 20:59:53
コメント有難うございます。

一番最初の物体Xもご覧になられているのですか!
わたしも一度は観てみたいんですけどねぇ。
凄く興味はあります。
カーペンター版では血液検査でしたが、今作では歯の検査でしたね。
このアイデアは面白いですし、納得出来るものはありました。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2013-08-31 14:02:49
地味目な作品ではありますが
なかなか丁寧につくられた良い作品だったと思います。
カーペンター版にも負けないハードボイルド感が個人的に◎です。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2013-08-31 21:45:46
こんばんは!
コメント有難うございます。
カーペンター版を意識した作品ですが、細部まで伏線含めてきちんと作られていて好感の持てる作品でした。
今時の映画だけにCG多用ですが、その辺もきっちり作られていて良かったと思います。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

遊星からの物体X ファーストコンタクト (538ねん。)
昼間、三茶のフェスティバルに行ってサンバのパレード見て 夕方に疲れとりに昼寝しちゃったら なんだか起床後に時間もてあましてしまい 銀座までレイトショーに行ってしまいました この映画何故か、東京では単館レイト扱いであるけど 来週末からシネパトスでも公開される....
遊星からの物体X ファーストコンタクト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(P) 今どき、こんな時代遅れの特殊撮影で大丈夫なんだろうか?
『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 2012年7月31日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 を試写会で鑑賞しました。 全然関係ないけど、yaplog!のblog入力画面のフォントがいつもと違うような・・・ 字も小さい気が・・・ と思ったら私のブラウザーの設定っぽいな(笑) 【ストーリー】  ノルウェーの南極観測隊が...
遊星からの物体X ファーストコンタクト  監督/マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr  (西京極 紫の館)
【出演】  メアリー・エリザベス・ウィンステッド  ジョエル・エジャートン  アドウェール・アキノエ=アグバエ 【ストーリー】 1982年、コロンビア大学の考古学生物学者のケイトは、急遽、南極のノルウェー観測隊の基地へ調査に飛ぶ。氷塊に閉じ込められた謎の生命...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (あーうぃ だにぇっと)
遊星からの物体X ファーストコンタクト@京橋テアトル試写室
遊星からの物体X ファーストコンタクト /THE THING 2011 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 1982年の、ジョン・カーペンター監督の傑作SF「遊星からの物体X」のビギニング カルト的な人気で面白いあの映画をどう作り直したのか、ジョン・カーペンター版をベースにその前日譚を描く。 ということでめ....
「遊星からの物体 ファーストコンタクト」ハンパない! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
1982年の「遊星からの物体X」へ続くビギニングストーリー。 普通なら続編を作るところを、プロローグをそれも見事に完成させている。 ハンパない衝撃映像は、前作をはるかに越えたぁー!! でも内容はほぼ前作を踏襲しているかんじ。ややリメイクに近いのに、この...
映画「遊星からの物体X ファーストコンタクト」@ブロードメディアスタジオ試写室 (新・辛口映画館)
 試写会の主権はハリウッドチャンネルさんで、客入りは9割くらいだ。今回は新旧「遊星からの物体X」ダブル試写会という素晴らしい企画に招かれた。
遊星からの物体X ファーストコンタクト (そーれりぽーと)
またまた前日談モノ、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』を観てきました。 ★★★ 原題は元の『遊星からの物体X』とも、そのオリジナル『遊星よりの物体X』とも同じ『The Thing』て、ややこしいよ! 日本ではタイトル別々にしてくれてて良かった。 本作を観るに...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (だらだら無気力ブログ!)
顔が裂けるシーンとかイイな。
遊星からの物体X ファーストコンタクト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月4日(土) 16:30~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』公式サイト フリーパスポート25本目。 原題は’The Thing'。昔の作品と同じタイトルだ。 しかし、日本語タイトルにファーストコンタクトとあ...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (こわいものみたさ)
『遊星からの物体X ファーストコンタクト』  THE THING 【製作年度】2011年 【製作国】アメリカ 【監督】マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr 【出演】ジョエル・エドガードン/メアリー・エリザベ...
遊星からの物体? ファーストコンタクト(2011)☆★THE THING (銅版画制作の日々)
 それは、細胞の一つ一つが単独で生きているそれは、生物に同化して擬態する それは、すでに我々の中にいる・・・・。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 1982年発表のジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」の前日譚を描いた本作。 ジョン・...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (いやいやえん)
「遊星からの物体X」の前日譚…ノルウェー基地でなにがあったのかを描いた作品です。なので、ラスト(冒頭に当たる)はどうなるかはわかっているのですよね。 またも、氷に閉じ込められた南極基地の中で、突如人間から変形して襲いかかる“それ"の恐怖と、誰が...
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・アメリカ/ユニバーサル・ピクチャーズ配給:ポニーキャニオン 原題:The Thing 監督:マティス・バン・ヘイニンゲン・Jr.原作:ジョン・W・キャンベル・Jr.脚本:エリック・ハイセラ
『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:102分  原題:THE THING  配給:ポニーキャニオン  監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.  主演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド      ...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (Sato\'s Collection)
見ました。 南極大陸のノルウェー基地は古代の生物と建造物を発見する。 発掘のためケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は招集され生命体を調査する。 完全に凍りついた物体は生きていて次々と基地の人間を襲いだす。 ケイトは生命体の細胞を調べると、恐ろ....
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr 主演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド 2011年 アメリカ/カナダ映画 103分 SF 採点★★ まぁ、作品が面白いからこそそう思うんでしょうけど、そこに至るまでに“何があったのか?”そして“その後どうなったの...