銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アダルトボーイズ青春白書

2011年01月28日 22時40分26秒 | 洋画コメディ
GROWN UPS/10年/米/102分/コメディ/劇場未公開
監督:デニス・デューガン
製作:アダム・サンドラー
脚本:アダム・サンドラー

出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、クリス・ロック、 デヴィッド・スペード、ロブ・シュナイダー、サルマ・ハエック、マリア・ベロ、スティーヴ・ブシェミ

<ストーリー>
中学時代の親友のレニー、エリックら5人組が、恩師の葬儀に参列するために30年ぶりに再会。今や立派な中年オヤジとなった彼らは、思い出の別荘で子供のようにはしゃぎ回るが…。
<感想>
ちっくしょ~。
これはもう素直に認めざるを得ないでしょう。

すっげぇ笑った。

すっげぇ面白かった。

こんなに最初から最後までゲラゲラ笑ったコメディは久しぶりかも。

アメリカ独特な下品さ、下ネタさ、汚さの笑いが殆どないんだよね。

絶妙なトークでの笑い。
大袈裟すぎるオーバーリアクション。
細かく散りばめられた小ネタ。

笑いが途切れないんだよね。
何か終始バタバタとやっている。
数珠繋ぎにやってくる爆笑ネタに、何時腹がよじれ過ぎて死んでも可笑しくない位だった。

良い大人が子供みたいに無邪気にはしゃぎ回る。
それを見た、今時の引き籠り子っ達が、親の楽しそうな姿に感化されて外に飛び出す。
やがてそれらは夫婦の愛の再確認へと発展し、そして個々が隠していた秘密を暴露して改めて男の友情を築き上げる。

笑いの中にも温かさもあり、途中から笑いからか感動からか良く分かんない涙が込み上がってくるんだよねぇ。

何処で笑った?って聞かれたら全てに笑った。
何処に感動した?って聞かれたら決して他人には引き離せない深い絆(家族・友人)に感動した。

アダム・サンドラーの脚本作りの上手さは相当なものだよ。
何処にも悪い部分が見つからない。
これぞ、私が求めていた、観たかったコメディ映画。

こういうのは日本人には受けないだろうという浅はかな理由だけで劇場公開させない日本の映画会社には失笑。
中身で勝負したら、話題だけで劇場公開されているつまらん日本映画には絶対勝てていると断言出来ます。

最近観ないなぁと思っていたMr.ピンクことスティーヴ・ブシェミの登場には心底嬉しかった。
相変わらずゲラ笑いさせてくれるよ、この人。
でも歳取っちゃったな~。

はなまる傑作として認定!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★★
11/01/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-12
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連作:
『アダルトボーイズ青春白書(2010)』(第1作)
『アダルトボーイズ遊遊白書(2013)』(第2作)

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« イエロー・ハンカチーフ | トップ | 女性鬼 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちゃぴちゃぴ)
2011-01-29 01:52:37
これ、観ようと思ってたんだけど、置いてないから、DISCUSにします。
笑えるのね♪
(^v^)フフフ楽しみです
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-01-29 16:59:14
実は、自分は全く見る気が無かったんですよ。

でも新作3本1000円レンタルなんで、あれこれ迷った挙句、これを選んでしまってたんですが、もうこれが大当たりでしたね。

これ程笑えるコメディ映画だとは思っていなかったですから。
個人的にはちゃぴちゃぴさんにもオススメしたいですね~。
観たわっ (ちゃぴちゃぴ)
2011-02-26 01:08:05
おもろかったです。
健全さが、垣間見られるところに勤勉な日本国民としては、好感ですね(爆)
まぁそれでも、下ネタあったけどね。
あの5人のキャラは濃いうえに、家族はいるわ、ライバルはいる。サルマ・ハエックは水着サービス。
ヘッドホンで観てたんですが、突然笑ってると不気味だったそうだ…。我が家はホラー、私は爆笑。知るかいっ!
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-03-01 09:19:18
喜んでもらえて良かったです。

下ネタ豊富ですけれど、嫌いじゃない方面だったのでそれが面白さに繋がったのかと思います。

プールでのシーンがとても面白かったですね。
あのムキムキ兄ちゃんの声が爆笑ものでした(笑)。

ヘッドホンで観ていたんですか!?
そりゃ声出して笑っていたら、傍から観たら怖いですよ(笑)。

洋画コメディ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

アダルトボーイズ青春白書 (Grown Ups) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デニス・デューガン 主演 アダム・サンドラー 2010年 アメリカ映画 102分 コメディ 採点★★★ この歳になっても、夏になれば「釣りだぁ!カブトムシだぁ!」と大はしゃぎな私ですが、子供の頃感じてた夏のワクワク感には到底及ばなくなってきちゃいましたね...
Grown Ups /アダルトボーイズ青春白書 (我想一個人映画美的女人blog)
アダム・サンドラー新作、ウィル・フェレル出てないけど、俺たちシリーズ (「俺たちグローン・アップス」)で日本公開決定ほんとか? ※追記 「アダルトボーイズ青春白書」のタイトルで 日本ではDVDスルーで2011年1月12日にリリース決定! やっぱりな~。 タイトル変...
アダルトボーイズ青春白書 (晴れたらいいね~)
一時は、上映されそうだったのに、やはりDVDスルーと相成ったこの作品、邦題聞いてもピンとこなかったわ。原題GROWN UPSで、あぁ~聞いたことがあった!でした(笑)相変わらずの邦題 ...
アダルトボーイズ青春白書 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
中学時代にバスケ部で活躍した5人の親友が、恩師の葬儀で30年ぶりに再会。少年時代の輝きを取り戻そうとするのだが……。「ウェディング・シンガー」などの人気コメディ俳優、アダム・サンドラーが主演するリユニオン(同窓会)コメディ。 あらすじ:映画俳優のエージ...