銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

キラー・インサイド・ミー

2011年09月05日 21時33分31秒 | 洋画ドラマ
THE KILLER INSIDE ME/10年/米・スウェーデン・英・加/109分/犯罪ドラマ/R15+/劇場公開
監督:マイケル・ウィンターボトム
原作:ジム・トンプソン『おれの中の殺し屋』

出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン

<ストーリー>
田舎町の保安官助手、ルーは誰からも好かれる青年。しかしある日、取締りの一環で出会った娼婦とのセックスが引き金となり、悪夢のような衝動を目覚めさせる。
<感想>
細かい所を簡潔に演出し過ぎ。

特定の人物の話をする際、画で説明せず、セリフで‘誰誰が何をやった’と言うだけなので、途中から誰の事を言っているのか顔が浮かばず、分かんなくなってきた。
私が全ての人物の顔と名前を把握していないのが悪いんだけどさ。

それとルーの本性。
何やねんな、いきなり過ぎて意味分からんし。
ジョイスとの出会いによって内なる狂気を目覚めさせたって?

唐突。

とは言え幾らなんでも、あそこまでするかぁ??
「愛してる」
「好きだ」
と散々言っておいて、自分の都合だけで油断した相手を

タコ殴り!!

足蹴り!!

あうぅっ、、、アルバたんの顔がぁあああああああ。。。
セリフを借りるとひき肉状態まで、殴る、殴る。
「ごめんな、もう直ぐ楽になるからな。愛してるよ」
まだ言うか!
私はルーの鬼畜ぶりに「悪魔を見た」。

しかも、そこまで見せんでも・・・
目を背けたくなる位に延々と殴る様を映し出す監督の悪趣味にも「悪魔を見た」。

エイミーに関してもそう。
酷い、酷過ぎるわ。
悶絶して失禁までしているじゃねぇか。
何度、もうやめて~と心から懇願した事か。
私がそんな事してもどうにもならんけど。

胸糞悪くなるし、憐れで心が痛くなるし、正直ゲンナリとしちゃった。
ルーにとっては愛なんて言葉、上っ面だけで、クソみたいなもんなんだろうな。
平気な顔して卵焼きなんか作るな!
はらたつ~~~~~~。

能天気なカントリーミュージックで少しは雰囲気を和らげようとはしているが、いやいや、そんな気分にはなれんって。

ラストに出てきたアルバたんの顔観てよ。
痛々し過ぎて呆気にとられたわ。

それでも
「愛している」
理解出来ません!

ズシンと気持ちが沈んだまま、何の明るい要素も無く終幕。
こういう時は、少しでも気分が晴れる様に、アルバたんの笑顔でも眺めておきましょうかね。
はい、ではどうぞ。




こんな可愛い笑顔が、あんな顔に。。。うぅ。。。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
11/09/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-02
メーカー:日活

ここからは未成年は閲覧禁止だよ。
生尻観たけりゃ大人になれ!
























【アルバの楽園】へようこそ

ここまで見せてくれただけでも有難い。
何てたって、あのアルバたんの尻だよ?
超美味そう・・・じゅるっ
ムラムラ度(4/5)

ベルトで鞭打たれて蚯蚓腫れ。
ムラムラ度(3/5)
おまけ

ルーの幼少期の頃にSMごっこしていた家政婦のおしり。
ムラムラ度(2/5)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« エイドリアン・ブロディ エ... | トップ | ジェシカ・アルバ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幼少期の体験 (にいな)
2011-09-05 23:11:06
幼少期にヘンなことすると、しっかり変態殺人鬼に育ちますよというお手本のような作品だね。

タコ殴り

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆そんなコトバあるのね。いゃあジェシカたんのあのタコ顔。ひどかったな。しかし、最後の最後でまだかばうか?同性としてあれは理解できんぞ。自分の美しい顔をぐちゃぐちゃにして瀕死の重症を負わされたってのに・・

全く理解不能ですわ。
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-09-05 23:16:09
これ、観ました。まだ、書いてないけど(こんなんばっかやわ)
あのぉー、主人公の変態性や、おきち性がわかりにくいですよねぇ!
だから、なんやのん?そっその性癖は?みたいに思えちゃうとこありました。
主人公の歪みも、何かで形成されたってわけではなく、持って生まれたものだけなのかしらねぇ??あの少年時代の過去も、よくわかんない。
せっかくアルバちゃんやケイト・ハドソン使ってるのになぁ。
B級の実録猟奇殺人犯もん色々の方が、面白かったなぁ。
Unknown (KLY)
2011-09-06 00:50:32
ところでところで!この生尻は本当にジェシカたんですかね?引きはともかく寄りは。
いや、昔チョットだけ胸が見えたと思ったら、寄りのシーンはものの見事に代役だと聞いたもんですから、もしかしてと思ったりしちゃう訳なんですよ。何でも宗教的な理由でヌード見せないって言ってるらしいし…。
ま、想像力で勝手に妄想してるからいいんですけど(爆)
痛い映画 (Puff)
2011-09-06 10:56:36
こんちはデス~☆

痛い映画でしたよねぇぇ!
観る前から宣伝文句である程度は予想していたものの
それを上回る暴力性でビックリしました。

し、しかし、その当時の評価を見ると自分のは高評価だったり。えへへ
ケイシーさんの涼しい顔した中の狂気に魅了されたかもです。

それにしても、動機があるような無いような
自滅型の犯罪ってホント怖いですね・・・
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-09-07 00:04:46
だね。
変な事は大人になっても忘れないんだろうね。
でも、本性現すのがちょっと唐突過ぎ。

タコ殴り

姐さん初耳?
オイラ結構使うよ。
まさにタコみたいな顔になる様からタコ殴り。
そんな状態になるアルバたんが可哀想で、憐れで。

でも、あのラストでの言動はオイラも理解できんな~。
あそこまでされて、何故にまだ未練残すか?と。
訳分からん。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-09-07 00:11:54
記事書きましょう。
書かないと内容忘れません?
私は、直ぐに書かないと気が済まない性質でして。
ていうか、忘れるの早いのかアハハ。

どうにも良く分からない描写でしたね。
幼少期に家政婦とSMごっこに講じていたという過去と、いきなり鬼畜と化す現代との結びつきがどうにも理解し難いものがありましたわ。

アルバにびんた食らったから、本性が現れた

う~ん、何か無理矢理じゃないですかねぇ。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-09-07 00:17:01
アルバたんは絶対脱がない!って決めているみたいですよね。
なので、この生尻にも疑惑が起こります。
確かに、寄りのシーンは本人なのか?
と疑いたくもなりますが、今回は頑張ってここまで見せてくれたんだ!と私は信じています。
それでも娼婦役なのに、こんだけ?という残念感もありますけど^^;
ま、可愛いから許しちゃう。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-09-07 00:23:59
こんばんは~

私は予告すらも観ていなかったんですよ。
なので、あのボコボコのシーンは本当にビックリしましたし、観てられなかったです。
それ位、演出が悪趣味

もう一度観たくはないです。

ケイシーは実生活でもこんなんじゃないですかね?
なんでもDV癖を持っているとか、どっかで読みましたよ。
あの涼しんだ顔で殴る、蹴るにははらわた煮えくり返りましたデスよ

動機は・・・ないような気がします。
単に、内に秘めたる暴力性が突然目覚めたとしか思えませんでした。
それまで住人から慕われる優しい保安官でしたのに、急に?って感じです
意味分かりません
Unknown (えい)
2011-09-07 00:37:18
へぇ~っ。
ジェシカ・アルバって脱がないんですか?
調べたら確かにそんな発言している。
でも『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』でも、
『噂のアゲメンに恋をした!』でも、
ちらっと見せてくれたような…。
あっ、『イントゥ・ザ・ブルー』『マチェーテ』でも
何かあった印象が…。
ちらっとだから、却って印象に残っているのかも…。
>えいさんへ (ヒロ之)
2011-09-07 16:47:47
コメント有難うございます。

宗教上の理由で脱がないみたいですね。

でもセミヌードに近いものはチラホラと見かけます。
何処までOKなのか、いまいちよく分かりません^^;

『マチェーテ』でのヌードは完全CGみたいですし。
このはっきりしない所が、逆に、何時か本当に脱いでくれるんじゃないかと期待はしちゃうんですが(笑)。

洋画ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

キラー・インサイド・ミー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE KILLER INSIDE ME。ジム・トンプスン原作、マイケル・ウィンターボトム監督、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イラ ...
キラー・インサイド・ミー / THE KILLER INSIDE ME (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「私が出会った中で最高の、身も凍るような犯罪小説」by スタンリー・キューブリック 「間違いなくアメリカ文学の傑作である」byスティーヴン・キング とまで言わしめた、「このミステリーがすごい!」1位獲得のジ...
映画『キラー・インサイド・ミー』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-31.キラー・インサイド・ミー■原題:The Killer Inside Me■製作年・国:2010年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ■上映時間:109分■字幕:高橋諭治■鑑賞日:5月1日、ヒューマントラストシネマ(渋谷)■料金:1,000円□監督:マイケル・ウ...
キラー・インサイド・ミー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) 悪くはないんだけど、最後の詰めの甘さが命取り。
キラー・インサイド・ミー (だらだら無気力ブログ)
ノワール作家ジム・トンプスンの傑作犯罪小説『おれの中の殺し屋』 (『内なる殺人者』)を「イン・ディス・ワールド」「マイティ・ハート /愛と絆」のマイケル・ウィンターボトム監督が映画化した戦慄のクライム ・ドラマ。 好青年と評判の保安官が、ふとしたきっかけ...
キラー・インサイド・ミー (LOVE Cinemas 調布)
田舎の保安官助手を務める青年が、ひょんなことで知り合った娼婦との情事ををきっかけに、自らの内にある狂気を爆発させてしまう。ジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」の映画化だ。主演は「オーシャンズ」シリーズのケイシー・アフレック。共演に『NINE』のケイト...
キラー・インサイド・ミー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
キラー・インサイド・ミー [DVD]封印されていた暴力への激しい欲望に、答えなどない。共感できない主人公を、淡々と演じるケイシー・アフレックが不気味なほど上手い。1950年代のテキ ...
キラー・インサイド・ミー (映画的・絵画的・音楽的)
 『キラー・インサイド・ミー』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い映画館に足をはこんだのですが、まずまずよくできた映画ではないかと思いました。  映画は、原作が書かれた1950年代を舞台としています。  ですから....
キラー・インサイド・ミー(2010)☆★THE KILLER INSIDE ME (銅版画制作の日々)
        そして目覚める。もう一人の自分。 京都シネマにて鑑賞。ようやく鑑賞出来ました。 そうかこういう話だったんですね。事前チェックしないで観たので、どんな内容か知りませんでした。 主人公ル―・フォードを演じるのはあのケイシ―・アフレック。この...
キラー・インサイド・ミー (迷宮映画館)
久しぶり!こういうウィンターボトムが見たかった!!
キラー・インサイド・ミー (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月5日(木) 16:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『キラー・インサイド・ミー』公式サイト あまり得意でないが、結構観ているマイケル・ウィンターボトム作品。 やはり得意でなかった。 生真面目...
『キラー・インサイド・ミー』 (ラムの大通り)
(原題・英題:The Kille inside Me) ----この映画って、 ラジー賞で話題になったんだよね。 「あ~あ。 ジェシカ・アルバの最低助演女優賞ね。 まあ、彼女はこの作品だけでなく 昨年の出演作、そのほぼすべてで受賞しているけどね」 ----それって、かわいそう。 「う....
キラー・インサイド・ミー (心のままに映画の風景)
1950年代の西テキサス。 田舎町で保安官助手をするルー・フォード(ケイシー・アフレック)は、誰からも好感を持たれる真面目な青年。 長年の恋人、エイミー・スタントン(ケイト・ハドソン)と気ままな逢...
キラー・インサイド・ミー (ケントのたそがれ劇場)
★★★  R16指定になっている通り、かなり残酷な映画である。男は射殺したり絞め殺したりするくせに、女に対しては徹底的に殴り続けて殺すのである。どうも底辺にサド・マゾという流れが見え隠れするのだが、常人には主人公の心情も全く理解出来ないだろう。  だから...
キラー・インサイド・ミー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE KILLER INSIDE ME】 2011/04/16公開 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ R15+ 109分監督:マイケル・ウィンターボトム出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イライアス・コティーズ、トム・バウアー、サイ....
キラー・インサイド・ミー (Memoirs_of_dai)
ベルトで鞭打ち 【Story】 保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は勤勉で恋人(ケイト・ハドソン)とも仲良く、住民からも頼られる存在。そんなある日、ルーは娼婦のジョイス...
キラー・インサイド・ミー (シネマDVD・映画情報館)
キラー・インサイド・ミー 監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:ケイシー・アフレック/ケイト・ハドソン/ジェシカ・アルバ/ビル・プルマン/サイモン・ベイカー/ネッド・ビーティ/イライアス・コティーズ 内容:1950 年代の西テキサスの田舎町。保安官助手と...
キラー・インサイド・ミー (Diarydiary! )
《キラー・インサイド・ミー》 2010年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナ
キラー・インサイド・ミー(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
田舎街の保安官助手の好青年が、ある娼婦(しょうふ)との出会いを契機に内に秘めた殺意を爆発させてしまうサスペンス・ドラマ。アメリカを代表するノワール小説の帝王ジム・トン ...
「キラー・インサイド・ミー」 (或る日の出来事)
人間の残酷な一面を見たショック。考えさせられることを思えば価値のある映画といえるが、やはり大嫌いだ。