銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

オンリー・ゴッド

2014年05月24日 21時28分44秒 | 洋画ドラマ
ONLY GOD FORGIVES
2013年
デンマーク/フランス
90分
ドラマ/犯罪/格闘技
R15+
劇場公開(2014/01/25)



監督:
ニコラス・ウィンディング・レフン
『ドライヴ』
製作:
ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:
ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:
ライアン・ゴズリングジュリアン
クリスティン・スコット・トーマスクリスタル
ヴィタヤ・パンスリンガムチャン
ラータ・ポーガムマイ
ゴードン・ブラウンゴードン
トム・バークビリー



<ストーリー>
兄・ビリーを殺され報復を考えたジュリアンだったが、兄の犯した罪状を知って思い留まる。しかし激昂した母・クリスタルは彼に復讐を命じ…。

その復讐は 神への挑戦

-感想-

お気づきになられただろうか・・・。
主要人物の殆どに表情変化がない事を。
徹底して無表情にする事で、こいつは何をしでかすか分からない、といった不気味さを味合わせてくれて、観ている私までもが不安に陥り、妙にビクビクしてしまう。

表情に変化は無いが、感情は大きく出ている。
それは“怒り”だ。

息子を殺された母親にしろ、危うく殺されかけそうになった警官にしろ、兄貴を殺された主人公にしろ、皆が皆、“怒り”というオーラを強烈に放って行動している。

この“怒り”に満ちた映像を前面に押し出すことで、作品そのものが重く、暗く仕上がり、奇妙な作品ながらも妙に魅了されてしまったのは、ラストまで安定した雰囲気を保ったまま物語を動かし、且つ、スローモーションや不安感を与える効果的な音楽を多く散りばめる等の演出の全てに、監督のセンスの良さが伺えたという要因が一番に大きかったからではないだろうか。

圧倒的な強さを見せ付ける警官チャン。
彼を殺す事に対して躍起になっていたクリスタルすらも、あの手この手で仕掛けるも全く歯が立たず、最期は無残な姿に成り果ててしまう。
母親の命令ならば仕方が無いと重い腰を上げた主人公ジュリアン。
彼が求めるも軽く拒絶され一切得られなかった母の温もりを、彼女の死後にようやく感じ取るシーンがとても印象的だ。

兄が何をして殺されたのか、それをきちんと理解しているだけに、余り復讐する事に乗り気では無かったジュリアン。
だが、愛する母の為にと、チャンの姿を追うも、自分の力では絶対敵わないと実感する時が来る。
それが、あのジムでのタイマンシーンだ。
顔の原型が崩れ落ちる程にタコ殴りにされて完敗してしまうジュリアン。
母・クリスタル率いるファミリーが相手にした人物が悪すぎた。
母親の亡骸を目の当たりにし、仲間が全員殺された事で、改めてファミリーが犯した罪の大きさに気付いたジュリアンは、その罪を全て被るかの様に許しを請う如く自ら進んで両腕を差し出す。
そしてチャンは神に代わり、その許しを受け止めジュリアンにも罰を与えるのだが、その後のカラオケで熱唱するチャンの姿は、私の存在はこの街では絶対的だという風に見て取れて、本当に強き者は血も涙もなく、逃げも隠れもせずに堂々と生きてられるものなんだなぁと、少し怖くなった。

監督は本作の主人公・ジュリアンを演じたライアン・ゴズリングと共に作り上げた傑作『ドライヴ』で一躍、名を馳せたニコラス・ウィンディング・レフン。
あの作品もそうだったが、本作もまた暴力描写がスバ抜けて素晴らしかった。

好みの分かれる作品かもしれないが、私は結構面白く観れちゃったなぁ。
タイトル出た時、は?これ何語?って思ったんだけど、舞台がバンコクだからタイトルをタイ語にしたんだね。
こういうセンスも好きだわ。

評価:★★★☆
14/05/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-05-14
メーカー:コムストック

オフィシャル・サイト(フランス語)
オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ファーザーズ・デイ/野獣の... | トップ | エンダーのゲーム »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あのカラオケは... (ミス・マープル)
2014-05-24 21:57:35
わたしは途中からコメディに思えたんですよ。
成敗すると、なぜか「カラオケ」。それに聞き入る部下たち。
おっさんはゴッドかいな?と思ってしまいました。
ライアン君の繊細な雰囲気はうまく醸し出されていましたね。ママの演技力には負けたかな。
個人的には「ドライヴ」の方が好きです。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-05-24 22:25:48
こんばんは!
部下にも圧倒的な存在なんでしょうね、あの警官は。
誰も太刀打ちできないという意味では、あのカラオケにしてもそうですが、彼の強さが出ていて良かったんじゃないかなぁと私は思いました。
それにしてもろくな人間が出てこない映画でしたね^^;
あ、私も勿論、「ドライブ」の方が好きですよ。
でも、これも嫌いにはなれないですねぇ。
リンチ的 (momorex)
2014-05-26 20:10:42
こんばんはー。
ジュリアンについて、私は死生観を超越したある種の悟りを持った人のように思えました。あと一歩で悟りが開ける。それには罪を犯したこの腕が邪魔、的な^^
物語的には割と簡単なものなのに、ここまで神と謎をなすりつけ、美的センスを入れ込んだ小難しいものに仕上げるとは!
赤く光る部屋とか、長い廊下とか、「リンチワールドだー..」と思わず呟いていました。

私も初っ端の文字が分からなくて、借り間違えたのかと思いました^^;
>momorexさんへ (ヒロ之)
2014-05-26 21:16:50
こんばんは!
なるほど~。
悟りですかぁ。
そういう解釈も出来ますね^^
話的にはかなり普通なんですよねぇ。
でも仰るように“神”という題材を取り入れたが為に、簡単な話がかなり小難しくなっていました。
この辺に好き嫌いが出てくるかもしれませんよね。
確かに映像や演出はリンチの世界に通じるものがありました!

あはは、私と一緒ですよ。
私もタイトル出たとき、あれ?と思いましたもん(笑)
でもこういう舞台に合わせたタイトルの作り方とか、そういう奇抜なセンスは大好きです。
こむばんは~☆ (Puff)
2014-05-31 21:32:44
ひゃーーん、遅くなってしまいましたあああ。
GWに帰りそびれてしまったので、ちょっくら一週間ばかり帰省しておりました。
遅くなってすみません。

で、この映画ですが、、
うん、「ドライブ」より洗練されてないし、泥臭くてやたらしつこいのですが(笑)
でも、妙な味わいがあって、これはこれで良かったですよね。
私も好きな映画です。

そうそう、“怒り”ですよね!
無表情なのに、あそこまで“怒り”を表現できるのは凄いと思いました。
その“怒り”を鎮めるかのように歌うカラオケシーンも
聞き入っている部下たちも皆さん無表情で、何やら可笑しさが込み上げて来ましたよねぇ

それにしても、クリスティン・スコット・トーマス。
彼女のああいう演技は観たこと無いので、ビックリしました。
ホント凄かったね!
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-06-05 00:07:20
こんばんは!
コメントのお返し遅くなってしまい、申し訳ありません

帰省されてらっしゃったんですね!
ゆっくり過ごされましたでしょうか

「ドライブ」ほど、ガツンとくるものはなかったのですが、妙に引き込まれた作品でした。

映像かな?
それとも演出かな?

あ、たぶん、キャラクターかもしれませんね。
うん、それが一番引き込まれた要因かも。
一切笑わないキャラクターたち。
怒りを噴出して淡々と復讐していく過程が面白かったんだろうと思います。
あのカラオケシーンは異様な光景でしたけれど、私なぜか好きです(笑)

クリスティン・スコット・トーマスさんはまた今までに無い強烈なキャラクターを演じていましたね!
色んな意味で驚きな映画でした

洋画ドラマ」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

オンリー・ゴッド (映画のメモ帳+α)
オンリー・ゴッド(2013 デンマーク・フランス) 原題   ONLY GOD FORGIVES 監督   ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本   ニコラス・ウィンディング・レフン 撮影   ラリー・スミス  編集   マシュー・ニューマン 音楽   クリフ・マルティネ...
オンリー・ゴッド~正義の逆転 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Only God Forgives。デンマーク=フランス。ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、ヴィタヤ・パンスリ ...
『オンリー・ゴッド』 2013年11月19日 新宿バルト9 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ゴッド』 を試写会で鑑賞しました。 今日はニコラス・W・レフン監督のティーチインがあり楽しめました 【ストーリー】  ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン・ゴズリング)兄弟は故郷アメリカから逃げ、タイのバンコクでボクシングジムを経営し...
オンリー・ゴッド/ONLY GOD FORGIVES (我想一個人映画美的女人blog)
ライアン、革手袋をはずし、素手で挑む 「好き嫌いが分かれる、パーソナルな映画。」とは、ライアン・ゴズリングの言葉。 まったくその通りであり、わたしはこの世界観、大好物 「ドライヴ」に続く、ライアン・ゴズリング×ニコラス・W・レフン監...
ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ドライヴ』ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが描く復讐連鎖劇の極北『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』物語・ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン
オンリー・ゴッド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(11) この異様な世界観は『地獄の黙示録』の終盤を匂わせる?
『オンリー・ゴッド』 (2013) (相木悟の映画評)
レフン印の妖しき怪作に酔いしれよ! 真面目なのか不真面目なのか、B級クライム・サスペンスのようで哲学的アートという、まさに珍味ココに極まれり、である。 本作は、デンマークが誇る奇才ニコラス・ウィンディング・レフン監督作。当国では国民的人気を誇るも、長い...
オンリー・ゴッド (♪HAVE A NICE DAY♪)
こここここれは痛過ぎる 流石に観れないシーンがあって目を瞑りましたー だから、最後、どうなったか解らない・・・ 警察官が刀を出して・・・ライアン・ゴズリングが腕を出す・・・ で・・・どんな終わり方だったんだろう~~?? でも怖くて観れなかったー 前の座席...
赤い闇~『オンリー・ゴッド』 (真紅のthinkingdays)
 ONLY GOD FORGIVES  タイ・バンコク。ジュリアン(ライアン・ゴズリング)はタイ式ボクシングクラブ を兄ビリー(トム・バーク)と共に経営しながら、麻薬売買組織に携わっていた。 ビリーが殺され、彼を溺愛していた母クリスタル(クリスティン・ス...
オンリー・ゴッド ★★★ (パピとママ映画のblog)
『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再度手を組んだ異色サスペンス。兄を殺され復讐(ふくしゅう)を果たそうとする弟と、その前に立ちはだかる謎の男との手に汗握る攻防を描写する。究極の悪女を演じるのは『イング...
オンリー・ゴッド 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「アイム・ソー・エキサイテッド!」を観た後は 同じシネコンで上映していた「ドライヴ」の監督・ 主演コンビが再び組んだ映画「オンリー・ゴッド」 を続けて鑑賞です。 オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] オンリー・ゴッド 原題:ONLY G...
オンリー・ゴッド/ライアン・ゴズリング (カノンな日々)
『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督がライアン・ゴズリングと再タッグを組み殺された兄の復讐を果たそうとする主人公と謎の男の攻防を描くバイオレンスなクライ ...
『オンリー・ゴッド』(2013) - Only God Forgives - (momoな毎日)
前に観た『ブロンソン』『ドライヴ』なんかは暴力に彩られた、ちょっと風変わりなバイオレンス映画だったからコレもそうかなーと思っていたが、、、。出たよ、出ました!とうとうその正体を現した その正体とは・・・ ■オンリー・ゴッド - Only God Forgives -■ ...
オンリー・ゴッド (心のままに映画の風景)
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、兄ビリー(トム・バーク)とタイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、その裏でドラッグビジネスに手を染めていた。 ある日、ビリーが若い娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。 溺愛する息子の死を知らさ...
オンリー・ゴッド (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オンリー・ゴッド 13:デンマーク、フランス ◆原題:ONLY GOD FORGIVES ◆監督:ニコラス・ウィンディング・レフン「ドライヴ」 ◆主演:ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、ビタヤ・パンスリンガム、ラター・ポーガーム、ゴードン・ブラウン、トム...
オンリー・ゴッド (だらだら無気力ブログ!)
これは劇場でなくDVDで充分だった。劇場で観てたら間違いなく寝落ちしてた。
映画:オンリー・ゴッド Only GOD forgives これはこれでアリ(笑)なダークワールド。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督は北欧の奇才! ニコラス・ウィンディング・レフン 主演はライアン・ゴズリング。 そう、あの大ヒットを飛ばした「ドライヴ」のコンビ! 「ドライヴ」は2年前の当ブログベスト10に入れたくらい、気に入っている。 車なくしては生活の成り立たない、車社会のロ....
「オンリー・ゴッド」 (prisoner's BLOG)
一応ドンパチもあるのだが、ストーリーはうまくつながらないわ、舞台がタイで妙な連中がやたら出てくるわで、わけわからん。 この監督の作品は、こちらの虫のいどころでひどくつまらなく見える。 娯楽映画の衣をかぶった作家映画ということになるのか、日活でプログラム....
オンリー・ゴッド (いやいやえん)
キャストの演技をほとんど無表情にすることで、可能な限りの「不安」と「感情」を掻き立てる演出になっていると思う。 チャンは神に代わってお仕置きよ★とまで思ったかどうか、とりあえずこの街は俺のものではある