銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

羊の木

2018年08月22日 19時51分48秒 | 邦画ドラマ
2017年
日本
126分
ミステリー/ドラマ
劇場公開(2018/02/03)



監督:
吉田大八
『紙の月』
出演:
錦戸亮月末一
木村文乃石田文
北村一輝杉山勝志
優香太田理江子
市川実日子栗本清美
水澤紳吾福元宏喜
田中泯大野克美
松田龍平宮腰一郎
中村有志雨森辰夫
安藤玉恵内藤朝子
細田善彦田代翔太
北見敏之月末亮介
松尾諭須藤勇雄
山口美也子志村妙子
鈴木晋介神崎良作



<ストーリー>
寂れた港町・魚深に移住してきた、互いに見知らぬ6人の男女。一見普通に見える彼らだが、何かがおかしかった。市役所職員の月末は、やがて驚愕の事実を知ることになる。

信じるか
疑うか

素性の知れない男女――
彼らは全員、元殺人犯


―感想―


エロイムエッサイム
流石元グラビアアイドル優香、バストが爆発しそうであります。
(その苦しそうなおっぱい、私が解放してあげたい)
しかしまああの優香が、爺さんとねえ。

彼女もよく了承したな。
女優として一皮剥けたかったのかな。
にしてもエロ過ぎだろエロイムエッサイム。
これ、志村けんが観たら嫉妬しまくりやろね、おい!俺と代われ!!て(笑)。

主人公の月末曰く「人はいいし、魚は美味しい」寂れた町にやってきた訳ありの6人。
実は全員が元殺人犯で出所したばかり、てのがミソ。
この町で何事もなく暮らしてくれるのか。

そうはスイスイといきませ~ん。

6人が来てから直ぐに水死体が上がるわ、北村一輝演じる男は良からぬ事を考えて陰でこそこそ悪事の計画を練っているわで、終始不穏な空気が流れる。
その中でも一番危険なオーラを漂わせているのが松田龍平。
6人の中では見た感じだとしっかりと仕事して、町に溶け込もうとしている風に思えるが、性格に何やら裏表がありそうで何処かしらヤバそう、そんな予感を抱かされる。
案の定、隠し通していた狂気が後半で爆発するのですが。

更生に向けて努力する者、逆に悪の心から抜け出せず同じ過ちを犯してしまう者。
犯罪にも色々な形があるけれど、全員元殺人犯、その人を殺してしまった内容(理由)が更生か逆戻りかのキーを握っていると言っても過言ではなかろう。
最後はちょっとギャグみたいな顛末を迎えていたが、神様は何時でも見てらっしゃる、悪事する人間には制裁を。

おろろ様を舐めてはいけない、神は偉大であり、善人の味方なのである。

評価:★★★☆
18/08/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-08-08
メーカー:株式会社ジェイ・ストーム

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« ボス・ベイビー | トップ | ローガン・ラッキー »
最新の画像もっと見る

邦画ドラマ」カテゴリの最新記事