銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ポリス・ストーリー/REBORN

2019年05月23日 20時55分30秒 | 亜細亜アクション
机器之血/機器之血/BLEEDING STEEL
2017年
中国
109分
アクション/サスペンス
劇場公開(2018/11/23)



監督:
レオ・チャン
製作総指揮:
ジャッキー・チェン
脚本:
レオ・チャン
出演:
ジャッキー・チェンリン
ショウ・ルオリスン
オーヤン・ナナナンシー(シーシー)
エリカ・シアホウスー
カラン・マルヴェイアンドレ
テス・ハウブリック女殺し屋



<ストーリー>
国際捜査官・リンは危篤状態の娘を残したまま作戦に駆り出される。そこでリンはある陰謀に巻き込まれ、重傷を負ってしまう。13年後、彼は正体を隠して生きていたが…。

―感想―


ジャッキー死亡・・・完。

評価:★★☆
19/05/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-05-08
メーカー:松竹

オフィシャル・サイト

しかしなんだなあ、まさかジャッキー映画でスターウォーズを見せられるとは予想にもしていなかったですわ。

現代劇なのか近未来劇なのか世界観があやふや。

ビーム銃をピュンピュン撃ちまくるとか、超人がダースベーダーみたいに登場するとか、これが歴代の『ポリスストーリー』の流れを汲んでいるて言うんだから俺からしたら「どこが?」としか思えない。
街中を堂々とマーベルキャラみたいな衣装で歩いていたり、扱う機器が全て超ハイテクだったり。
挙句にはジャッキーの腕が生える!!
おいおい(^^;)

街全体の雰囲気なんかは現代風そのものだから、一体どういう設定なんだよ、と方向性がまるで見えてこないんだよなあ。

高い所でドタバタするの大好き!なシーンとエンドロール中のNG集でようやく「ジャッキー映画らしさ」が観れたけど、他はもう話が無茶苦茶だから言葉を失うんだわ「こんなのポリスストーリーじゃねえよ」て。
ジャッキー映画としても魅力が乏しく、コミックカンフーもほぼ影を潜めているので、SFアクションだな、そう只のSFアクションですよこれは。


ショートカット女子が好みな俺にとっては容姿共にビビッときたお方なんですが、よく見ると室井佑月に似ている気がする。

コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« おー一気に俺の好きなアーテ... | トップ | エア・ストライク »
最近の画像もっと見る

亜細亜アクション」カテゴリの最新記事