銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

フローズン

2011年01月09日 01時47分17秒 | 洋画ホラー
FROZEN/10年/米/93分/サスペンス・ホラー/劇場公開
監督:アダム・グリーン
脚本:アダム・グリーン
出演:ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア、エマ・ベル

<ストーリー>
最後のひと滑りを楽しもうしていたダン、ジョー、パーカーの3人だが、突然リフトが途中で停止してしまう。
<感想>
本作は『オープン・ウォーター』から流れ着いたシチュエーション・ホラーものです。

停止したリフトに3人だけという状況下でどれだけ引っ張れるのか注目していたんですが、いやいや、かなり後先が気になってドキドキしながら観れました。

動かないリフト。
誰もいないスキー場での取り残された3人。

大半を会話で埋めているのですが、極限状態に陥った男女が咄嗟に出てくる話なんてそんなもんだよな~と納得させられたり、1人の青年を巡っての言い争いには妙に確信を突くものを感じ取ったり。

また、徐々に彼らの虚しさ、絶望感を滲み出す事により、そのどんよりとした空気の重たさを後の展開へと上手く引き継ぐ事に成功しています。

五日間は閉鎖されている為、助けを呼ぼうにも誰も来ない。
飛び降りるには高過ぎる。
空腹で彼らの下を徘徊する狼の群れ。

さて、彼らはどんな行動に出るのか。
このままじっとリフトに座ったままで死を待つだけなのか。

どうなるの?
どうするの?

といった楽しみが生まれ、思いっきり結末まで早送りしたくなる衝動を抑えながら、頑張ってじっくりと観たお陰で、実に複雑な気分で観終わる事が出来ましたね。

これは観る者に緊張感を持続させる演出に尽きるのではないでしょうか。

『オープン・ウォーター』では、リアル演技に「頑張れっ」て応援したくなり、
『オープン・ウォーター2』では、「ばっかじゃねぇの」とか思ったりもしましたが、
今作では最初こそ間抜けすぎるなんて思いつつも、原因がスキー場のスタッフによる怠慢なだけに、途中からどんどんと「何とかならないのかよ!」という同情的な気持ちが高ぶっちゃいました。

監督のアダム・グリーンという名前に聞き覚えがあり、ちょっと調べてみたら、あの切り株スプラッター『HATCHET/ハチェット』で名を馳せた人物でした。
笑いの中に恐怖を生み出した『HATCHET/ハチェット』に対し、本作は地味ながらも緊迫した状況の中に“救い”というものを、そしてラストでは“自然の残酷さ”から解放された者と解放されなかった者共に味わった“恐怖”なるものを丁寧に描ききれているんじゃないかと思った次第です。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
11/01/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-07
メーカー:ブロードメディア・スタジオ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ホーンテッド・フライト | トップ | 特攻野郎Aチーム THE MOVIE »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-01-10 22:56:26
大半を会話が占めてるのに、上手いよね。
私も、早送りしてみたかった衝動には駆られました。特に置き去りになるまで。
親友or恋人を失う辛さの会話バトルは、すごくよかったです。
季節的にタイムリーですね~。ゲレンデで上映なんかしたらどうでしょう?
(⌒▽⌒) ケラケラ
私も、思っていたより、面白く観られました。(おもっくそケヴィン・ゼガーズ狙いだったんですけどねぇ)
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-01-13 00:22:26
そうなんですよ。
会話で引き込ませている点が上手いと思います。

早送りしたくなりますよね~。
結末が観たい!!という衝動を必死に抑えながら観ましたよ(笑)。

いまの時期に観るにはいいかもですね。
自分、スキーしないから、彼らの過酷な状況が体感出来なかったのが残念ではありました。
不運が重なるね (にいな)
2011-01-13 22:24:18
そもそもあんな危険なものがいるスキー場ってありなんかな?
でも私があの主人公たちだったとしたら、やっぱり飛び降りたかもしれない・・・・
あーでも凍死するほうがラクかな。食べられるよりは・・
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-01-14 00:05:34
う~ん、オイラならどうするかなぁ。

座ったまま凍死するのって嫌だな~。

希望が有る限り、飛び降りるなり、ロープを伝っていくなり、何かしら挑戦すると思うな。

死より僅かな生きる道を選ぶよ。
こんばんは! (アイマック)
2011-01-21 23:46:11
結構ひきこまれてしまいました。

>途中からどんどんと「何とかならないのかよ!」という同情的な気持ちが高ぶっちゃいました。

私もじりじりしながらみてましたよ。
まさかオオカミに喰われるとは。。男性陣かわいそすぎ。。
自分におきかえながら見てしまう、おもしろかったです。
>アイマックさんへ (ヒロ之)
2011-01-22 00:10:34
中々の物語構成でしたよね。

どうなるんだ!って事ばかり考えちゃって、先が気になって仕方がなかったです。
それだけ、内容に引き込まれていたって事でしょうかね。

自分はスキーをしないんですが、する人にとっては現実味を感じて怖いかも^^;
こんばんは (maki)
2011-01-22 18:06:23
気づくと引き込まれてしまっていた作品でした
緊張感がありましたね
次はどうするんだろう、どうなっちゃうんだろうって、ヒロ之さんがいうとおり、同情しちゃってる自分がいる
それはやっぱり身近なものが舞台だからかもしれません(私札幌なので^^)
何度かリフトストップ経験もありますが、微妙にゆらゆら揺れるんですよね、あれも結構怖いものです…
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-01-23 21:55:39
ぐいぐいと引き込まれていくストーリーでしたよね。

原因がリフト係のミスだけに、同情心が沸いちゃって、出来れば全員助かって欲しいというのがありましたが、残念な結果でした。

自分はリフト止まっちゃうと、かなりビビリます。
高所恐怖症なんですよね。
このような状況に陥ったらどうするかなぁ。
一か八かで飛び降りると思います。
あの場所での孤立はいやですよ~。
Unknown (せつら)
2011-02-06 09:34:16
基本的に営業時間終わりリフト止めるよと言っているのに
無理矢理言いくるめてリフトに乗った彼らが一番悪いんですけどね
ああいったミスは仕事よりも個人を優先する責任感がない
アメリカ人らしい事故だと思います。
最後はアメリカ映画らしく女性が助かって終わったので
がっかりでした。
Unknown (yukarin)
2011-02-08 13:13:25
みなさん『オープン・ウォーター』が出てきますけど面白いのかなー、未見です^^;

これ低予算だけどなかなか面白かったですね。
リフトに残されただけのお話なのに(笑)

ちゃんと係りの人の言うことは聞くべきですね。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

フローズン (晴れたらいいね~)
夏に公開だったこの作品、DVDは旬な時期ですね。つうか、さぶっ★ストーブ全開、毛布付で挑みましたわよ(私は寒がり)。スキーもスノボもやらないから、この心配だけはなくて済む ...
フローズン(2010)*FROZEN (銅版画制作の日々)
京都での公開はなさそうだと諦めていたら、何とTジョイ京都で公開されることに、、、、。でも前売りチケットの発売はなし。というこ...
フローズン (LOVE Cinemas 調布)
地上15mの高さにあるスキー場のリフトに置き去りにされてしまった3人の若者たち。しかも次に動くのは一週間後。オマケに吹雪が彼らを襲う…。観ているだけで観も凍る恐怖のシチュエーション・スリラーだ。監督はこれが長編二作目となるアダム・グリーン。出演はケヴィ...
フローズン (Recommend Movies)
極寒の暗闇に、叫び声も凍りつく! 【感想】 実はあたくしも経験した事あるシチュエーション(>_
フローズン (映画的・絵画的・音楽的)
 B級映画ながらも大層面白い作品だと耳にして、それならばと、『フローズン』を見に渋谷のシネクイントに出かけてきました。 (1)物語は、こんな粗筋です。  日が落ちかかってから、...
フローズン/ケヴィン・ゼガーズ (カノンな日々)
どこでだったか忘れましたけど劇場予告編を観てコレは絶対に観たいと思っていました。突然停止してしまったスキー場のリフトに置き去りにされてしまった男女3人の恐怖体験を描くシ ...
「フローズン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 カルトホラームービー「ハチェット」で知られるアダム・グリーン監督最新作。 高さ15m。平均気温-20℃。極寒のスキーリフトに、最悪の状況で1週間取り残されてしまった男...
フローズン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
フローズン [DVD]もしかしたら自分にも起こるかも…。そんなリアルな恐怖に襲われるシチュエーション・スリラーだ。主な登場人物は3人だけだが、不安やエゴが交錯し、緊張感が ...
フローズン (映画通信みるみる)
これは『オープンウォーター』系の物語。予想以上に、面白かった。 五月女ケイ子さんのイラストも、面白い。→こちら その日最後の滑りに繰り出したダン(ケヴィン・ゼガーズ)、ジョー(ショーン・ア...
フローズン (映画三昧、活字中毒)
■ シネクイントにて鑑賞フローズン/FROZEN 2010年/アメリカ/93分 監督: アダム・グリーン 出演: ケヴィン・ゼガーズ/ショーン・アシュモア/エマ・ベル 公式サイト 公開:2010/08/07 幼馴染同士...
フローズン (だらだら無気力ブログ)
デビュー作となるスラッシャー映画『HATCHET/ハチェット』で一躍 ホラー界期待の新鋭となったアダム・グリーン監督が、極寒のスキー場を 舞台に描く戦慄のサスペンス・スリラー。 ひょんなことからリフトに置き去りにされてしまった3人の男女が、 文字通りの身...
フローズン (小部屋日記)
FROZEN(2009/アメリカ)【DVD】 監督:アダム・グリーン 出演:ケヴィン・ゼガーズ/ショーン・アシュモア/エマ・ベル もうスキー場には、行けない! もしも、スキー場のリフトに取り残されてしまったら? 恐怖のシチュエーション・スリラー。 男女3人がスキー場のリ....
フローズン (いやいやえん)
いくら途中で係がかわっても、日本ではまずありえないでしょう。 それにしても寒い。北国なのでスキー場は昔よくいきましたが、リフトが止まったことも何度かありました。結構な高さで止まると10分くらいしたらまた動くとわかっていても怖いものです>< それがこの...
フローズン (ハクナマタタ)
冬山の スキー場の リフトに取り残された危機管理が貧相な3人のシチュエーションスリラー これは! 突っ込むためにある映画だ! 思う存分突っ込もう! 毒手を作るため毒のツボに手を突っ込む柳! もしくは影慶!!いや、拉麺男かっ ラーメン食べたい!! ...
10-214「フローズン」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
リフトに取り残される  ノー天気な3人の若者ダン、ジョー、パーカーは、日も沈み閑散としてきたスキー場で最後にもう一滑りしようとリフトに乗り込む。  ところが、彼らに気づかなかったスキー場の係員が、全員帰ったと勘違いしてリフトを停止してしまう。3人は地上...
フローズン (映画鑑賞★日記・・・)
【FROZEN】 2010/08/07公開 アメリカ 93分監督:アダム・グリーン出演:ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア、エマ・ベルスキー場でひょんなことからリフトに置き去りにされてしま ...
フローズン (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月12日(土) 18:30~ 三軒茶屋中央劇場 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:非売 フローズン [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD 同じ場所にいるだけのオープン・ウォーターな設定。(オープン・ウォーターは流されているの...
フローズン (Frozen) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アダム・グリーン 主演 ショーン・アシュモア 2010年 アメリカ映画 93分 サスペンス 採点★★★ 閉じ込められたり埋められたり、はたまた真っ白なペーパーテストを前に頭を抱えたりと、あの手この手を駆使したシチュエーション・スリラーがたくさん作られて...
フローズン : 色々な意味でさぶい{{{{(*ω*)}}}} さむぅぅ… (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 ここ広島でも、朝夕はめっきり涼しくなりました。汗かきの私には助かります。本日紹介する作品は、涼しさを通り越してさぶいこちらになります。 【題名】 フローズン 【製作