銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

2012年05月01日 23時15分36秒 | 洋画アクション
MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL/11年/米/133分/サスペンス・アクション/劇場公開(2011/12/16)
-監督-
ブラッド・バード
過去監督作:『Mr.インクレディブル』
-製作-
トム・クルーズ
J・J・エイブラムス


-出演-
トム・クルーズ…イーサン・ハント
過去出演作:『ナイト&デイ』
ジェレミー・レナー…ウィリアム・ブラント
過去出演作:『マイティ・ソー』
サイモン・ペッグ…ベンジー・ダン
過去出演作:『スター・トレック』
ポーラ・パットン…ジェーン・カーター
過去出演作:『ミラーズ』
ミカエル・ニクヴィスト…ヘンドリクス
過去出演作:『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
ウラジミール・マシコフ…シディロフ
過去出演作:『エネミー・ライン』
ジョシュ・ホロウェイ…ハナウェイ
アニル・カプール…ナス
過去出演作:『スラムドッグ$ミリオネア』
レア・セドゥー…サビーヌ・モロー
過去出演作:『ロビン・フッド』
ミラジ・グルビッチ…ボグダン
サムリ・エーデルマン…ウィストロム
<ストーリー>
何者かの陰謀により解散へ追い込まれたIMF。イーサン・ハント率いるチームは黒幕を探し出すべく動き出すが、かつてない状況に追い込まれ…。

不可能を超えろ。

<感想>

イーサン・ハント、4度目のミッション開始です。
毎作監督が交代している本シリーズですが、今回はアニメ畑で養われたブラッド・バード監督が携わっているだけに何処かユーモラスな雰囲気に包まれていました。

ただアクションしているだけの内容だったら正直しんどい130分間だったかもしれない。
随所にコメディ風味を入れる事によって物語展開としての強弱が出てきており、かなり観易い形になっていた様に思う。
故にテンポにも良さが目立ち、シーンが切り替わる度に今度はどういったアクションを見せてくれるのかという新たな期待も自然に生まれ、終始ワクワクさせられっ放しで全く飽きる事が無かった。

メインキャラとして昇格したベンジー・ダンの存在価値も大きい。
演じるのは顔からしてコメディアンなサイモン・ペッグなので、彼が映ると笑いが起きるという美味しい現象が確立され、否応無しに癒しの一時が過ごせる。
手に汗握るアクションと、クスッとさせられるコメディ。
この二つを適度に散りばめた事により作品全体が柔らかくなり、その事でリラックスして観れるアクション映画になっていた事が私としてはとても良かった。

CGに出来るだけ頼らず、現場とセットに拘った監督だけに、リアリティーに飛んだ迫力あるアクションシーンが満載。
砂嵐の中でのカーチェイス、立体駐車場での肉弾戦と、そのどれもが激しさと緊迫感を兼ねており存分に圧倒させられ楽しませてくれる。

疑似背景を映し出したスクリーンを張って地道に目的地まで前進していくクレムリン潜入作戦が一番好きかな。

ファイトぉ!いっぱーつ!!
で、ブラントがイーサンの足を掴むシーン。
普通なら肩脱臼確実。
“映画やなのぉ”と微笑ましく思えるのも作品に対して満足している証拠。
偶然乗り込んだ車がキー入らずってのもそう。
運良過ぎやろって(笑)。

余り記憶として残っていないし、そこまで贔屓する程好きではない過去3作だったけれど、今作は評判通りの面白さがあった。
忘れかけてきた頃にもう一度観直したい。

今作の美女図鑑

暗殺者サビーヌ・モロー役のレア・セドゥー。
ジェーンに蹴られて「あ~れ~」な最期が最高。
胸元チラリな服装も最高。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『スパイ大作戦(1966~1973)』(オリジナルTVシリーズ)
『ミッション:インポッシブル(1996)』(シリーズ第1作)※個人的評価★★★
『M:I-2(2000)』(シリーズ第2作)
『M:i:III(2006)』(シリーズ第3作)
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)』(シリーズ第4作)
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)』(シリーズ第5作)
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)』(シリーズ第6作)

評価:★★★★☆
12/04/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-04-27
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« デッドタウン・ゾンビ | トップ | ボイスメール »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2012-05-01 23:45:26
レア・セドゥーがテーマにのって登場する予告編が否応なしにアドレナリンが上がりました。やはりスパイ物には否応なしの美女が出ないと。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-05-02 00:30:04
えぇ!?
そんな予告編があるんですか??
動画サイトにUPされているのかしら。
レア・セドゥー良いっすよね。
クールな表情がまた素敵★
レア・セドゥー (morkohsonimap )
2012-05-02 02:03:25
この映画で気になりました、
で彼女がティーンエージャーを演じてる
フランス映画2本見てしまいました(汗

Unknown (KLY)
2012-05-02 02:21:54
レア・セドゥーでしたら『ルルドの泉で』なんて作品も最近公開されました。主演ではないですけど^^;しかし可愛いですよね。
彼女も含めて、トムだけが目立つ作品ではないのにでもトムあっての作品。これを上手く両立できたことが成功の鍵じゃないかなと思います。
サイモン・ペグ (ミス・マープル)
2012-05-02 09:03:49
やはり彼の存在が大きいですね。トム・クルーズだけだったら見なかったけど、彼が出演しているので、レンタルしました。期待通りの役どころです。個人的にはジェレミー・レナーも好きです。レア・セドゥーは「ロビン・フッド」ではジョン王の正妻の役でしたか。あまり印象に残っていないんですよね。
こんにちは♪ (maki)
2012-05-02 09:52:12
今回はトムちんだけじゃなくて
チームで、というところが良かった点だと思います
アクションとユーモアの配合部分も抜群で、
「なお、これは自動的にうんぬん~」のところの「?」というところだとか、「俺がキャッチする」のシーン(サイモン・ペッグ好き☆)だとか、好きなシーンも満載です
私はお正月に映画館でみたのですが、
もうど迫力でしたよ~
ドバイのシーンなんて、やっぱりスクリーンが大きいですから、ひょえ~てな高さ。

レア・セドゥーさん、蹴られ落ちでしたが印象に残るクールな美貌でしたね
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-05-02 22:25:50
彼女、タラちゃんの「イングロリアス」に出てましたよね~。
私も本作で惚れたので、それを頭に入れて別の出演映画を観てみたいです。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-05-02 22:30:28
コメント有難うございます。
『ルルドの泉で』ですか!
DVDで出たら観てみます。

トムクルの格好良さは本作では際立っていました。
他のメンバーもきちんと見せ場があり、バランス良く作られていたのが本作を面白く感じさせる大きな要因だったのかもしれませんね。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2012-05-02 22:47:56
こんばんは!

サイモン・ペッグの存在は大きかったですねぇ。
彼が画面に現れると一気に和やかな雰囲気になるのがファンとしては楽しかったです。
トムクルだけに見せ場を作らず、メンバーにもきっちり活躍させていたのが本作の面白さに繋がっていたのではないでしょうか。

過去作のレア・セドゥーさんは私も余り記憶に残っていないです。
今回は暗殺者という大役だったので印象が強く残りました。
今後は要チェックですね。
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-05-02 22:55:56
こんばんは^^

仰る通りでトムクルだけの映画になっていなかったのが良かったです。
チームで映画を盛り上げているというのがありましたから、色んな人物の色んな見せ場があって盛り上がりにも膨らみが出ていました。

単純なアクション映画にせずユーモアを時折織り交ぜながら進行していく過程は緊迫感と笑いが絶妙にブレンドされていて大変面白かったです。

映画館で観るとこの手の映画は迫力ありそうですよね~。

レア・セドゥーさんは美しかったです★

洋画アクション」カテゴリの最新記事