銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ゾンビ・コップ

2016年02月21日 14時40分00秒 | 洋画ホラー
DEAD HEAT
1988年
アメリカ
84分
アクション/ホラー
劇場公開(1989/01/28)




監督:
マーク・ゴールドブラット
出演:
トリート・ウィリアムズロジャー・モーティス
ジョー・ピスコポダグ・ビグロー
リンゼイ・フロストランディ・ジェームズ
ダーレン・マクギャヴィンDr.アーネスト・マクナブ
ヴィンセント・プライスアーサー・P・ローダーミルク
クレア・カークコンネルレベッカ・スミザース
ケイ・ルークミスター・スール
ロバート・ピカードハーツォグ警部補
メル・スチュワートメイベリー署長
プロフェッサー・トオル・タナカ肉屋
マーサ・クインニュースキャスター



<ストーリー>
宝石店強盗と銃撃戦を繰り広げた刑事・ロジャーとダグは、犯人たちが既に死んでいたことを知る。遺体から検出された薬品を手掛かりに製薬会社に乗り込んだ彼らの前に、異形の怪物が現れ…。

-感想-

蘇生装置で生き返った刑事ロジャー。
しかしその代償は大きく、彼の体はゾンビとなっていた。
体が崩壊するまでの猶予は12時間。
それまでにこの装置を使い良からぬことを企んでいる悪党を探し出すのだ!

結構古い作品ですが恥ずかしながら初見です。
題名だけは聞いた事はあったのですが。
最近レンタルDVD化されたのを知り借りてきました。

展開は割りと硬派ですけど、ロジャーとダグのコンビは少し不真面目な部分もあってか、ホラーとユーモアのバランスが均等に配置されていて面白い作品になっていました。
いや正確に書くとロジャーは優等生、ダグの方がおちゃらけ担当。
好奇心旺盛なダグが関係者以外立ち入り禁止の部屋へ勝手に入った事で、ロジャーは死亡し装置を使って復活させられちゃう訳ですので、ロジャーとしてはとんだ迷惑を蒙った事にはなります(笑)。
心臓動いてないよ?と言われても、かまへんかまへんとえらい前向きなので、例え体はゾンビでも死ぬ事よりはマシだと彼自身はダグがした行為を好意的に受け止めてはいるみたい。

この装置はあちこちにあるようで、中華街の厨房で店主が稼動させちゃう後に解体途中の動物の肉が動き出し、ロジャーとダグに向かって襲い掛かってくる所は不気味さと可笑しさが紙一重。



ヒロイン的な位置に立つ女性が2人出てきますが、実は一人の女性は既にゾンビだったという驚愕の事実が飛び出す部分には唐突過ぎてビックリ!

ロジャーの目の前で顔から順に崩壊していく様子は頗るグロいのですが、それまで共に行動してきた仲ではあったので、ちょっぴり悲しい気持ちにもさせられちゃいます。
因みにもう一人の女性も殺されます。
更にロジャーだけじゃなく相棒ダグまで殺され実験台に使われた挙句、彼もゾンビ化に。

このとことん無茶苦茶な展開にする事で、突き抜けた娯楽ホラーへと仕上げたのは正解かも。
中途半端な内容にするよりかは、誰彼構わず殺して予想の遥か斜め上の展開にする事で期待を良い方向に裏切り、楽しい気持ちのまま最後まで鑑賞したくなる意欲を持たせてくれますからね。

全てに片を付けて意気揚々と現場から離れるゾンビ・コップのロジャーとダグ。
いずれ2人の体は崩壊した女性のような末路を辿るのだろうが(多分こんな感じになっていくのかと↓)

取り合えず今は不死身となった自分を楽しもうじゃないか、そんな風にも取れるあっけらかんとした雰囲気で幕を閉じるラストが清々しい。
絶望しまくるのではなく明るく元気に振舞う2人を見ていると応援したくなっちゃう。
でも、これからどうする気なんだろ。
一応、元の人間の体に戻す術を探したりするのかなぁ。
2作目があればその辺が描かれるんだろうけど、ないよね?続編って。
あぁそういえばダグは生まれ変わったら女性用自転車のサドルになりたいて言ってな。
もう完全に死を受け入れてますやん(笑)

評価:★★★☆
16/02/21DVD鑑賞(旧作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-08-07
メーカー:マクザム
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ジョン・ウィック | トップ | インフェクション/感染 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (白くじら)
2016-02-22 19:40:57
これは面白そうですね。

私も名前は聞いた覚えがあるのもも、最近は同じような名前の作品が多いですから、わけがわかりません。

解体中のブタが動き出すあたり、「バタリアン」の剥製が動き出してしまうのと同じような笑いがありそう。(^^) ←そこか!私

今度、探してみます。
>白くじらさんへ (ヒロ之)
2016-02-23 21:50:54
こんばんは!
コメントありがとうございます。

マニアの間ではかなり有名な作品のようです。
結構面白かったですよ。
「バタリアン」の剥製が動くシーンに似ていると思います。
私もそれを思い出しましたから、白くじらさんも実際観られたら、ニマッとされるかもしれませんね。
去年初レンタルDVD化されましたが、大手ツタヤならあると思います。
是非、見つけられましたら鑑賞してみて下さい^^
Unknown (せつら)
2016-04-03 18:56:28
古き良き80年代の映画って感じで最後まで楽しめました。最後にしょうキャラが全員死んでるってはじめ見ました。
後ヒロインのリンゼイさんがお綺麗でスタイルがよかったのが何よりうれしいですね
>せつらさんへ (ヒロ之)
2016-04-03 20:42:34
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。
中々楽しい作品でしたよね。
ユーモアとホラーを均等に入れて、良質な内容に仕上がってました。
主要人物が全員死んでしまうのは余り見かけない演出でした。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

『ゾンビ・コップ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:1988年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:86分  原題:1988)  配給:マグザム  監督:マーク・ゴールドブラット  主演:トリート・ウィリアムズ      ジョー・ピスコポ      リンゼイ・フロ...