銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~

2009年11月21日 00時47分49秒 | 洋画ホラー
ANAMORPH/07年/米/103分/劇場未公開
監督:ヘンリー・ミラー
出演:ウィレム・デフォー、スコット・スピードマン、クレア・デュヴァル、ピーター・ストーメア

<ストーリー>
引退した元警官が、過去に解決した事件に酷似した連続猟奇殺人の捜査のため現場に復帰する。
<感想>
劇場未公開作ながら、無駄に出演者が豪華ですな。

殺人方法も無駄に凝りに凝っていて、アート的な手法は中々面白い。
正面からは分からない隠されたメッセージ。
ある角度から観る事で、別のアートが浮き出されていき、それらが結び付く事によって幾つもの事件に関連性を持たせていく。

犯人は模倣犯なのか、それとも・・・。

物語の進行は興味をそそられる部分が数多くあり、それなりに観入る事が出来るのだが、作品の出来として全てを台無しにしてしまっているのが、細かい箇所での粗さと、投げ出したかのような結末の有耶無耶さ。

例えば、指紋だらけの展示品。
ヒントを出しているのに、答えを明確にしていない。

又、手掛かりとなる写真に映っている右端のおっさん。
この男は主人公とはどういう関わりで、どういった人物なのか。
これまた答えを出していない。
「誰やねん、お前!」となるのは当然。
終盤、唐突に出てきて、何かを導き出すのかと思いきや、特に正体を明かさず、いきなり犯人が入れ替わって

意味不明。

起承転まで描いておきながら結まで辿り着いていない最低最悪のエンディング。

実話なら兎も角、フィクション作品で事件をお蔵入りにしてどうするよ。
人をあざ笑うのは結構だが、小馬鹿にされると腹が立つ。

途中までは良かったんだけどなぁ~。

評価:★☆
09/11/19DVD鑑賞
サスペンス・ホラー ウィレム・デフォー クレア・デュヴァル ピーター・ストーメア DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« スター・トレック | トップ | ルパン三世 VS 名探偵コナン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらも (maki)
2009-11-23 10:27:45
結局のところ、犯人当て作品ではないんですよね
犯人側の動機や背景が全くでずに、
デフォーさん演じる刑事の心の闇というのか、磨り減った精神の不安定さが結構前面にでてきていましたから

…ただ、かなり真剣にみていた私ですが
ラストはやはりどうも「「…は?」という状態で…

…犯人はわかった!でも、結局また犯人の思い描いたアートにはまっちゃった!…

…ってことでしょうか…
>makiさんへ (ヒロ之)
2009-11-24 21:07:40
デフォーの心理状態を表したかったのか、只単に犯人の奇行を描きたかっただけなのか。

にしても、終わり方がどうにも納得いかないです。
犯人は分かったのですが、その前に出てきたおっさんが誰なのかさっぱり。

あれは別にいらなかったんじゃないでしょうかねぇ。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-11-25 12:54:26
殺害方法が凝ってたのは面白い設定でしたけど、お話がいまひとつでしたね。
なので記憶から薄れつつあります^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2009-12-03 00:44:36
殺人ビシュアルは良かったんですが、内容がどうにもこうにも・・・
私も直ぐに忘れそうです^^;

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~ (いやいやえん)
タイトルのとおりウィレム・デフォーさんが主演しています。…というか他にはスコット・スピードマン、クレア・デュヴァル、ピーター・ストーメア、ドン・ハーヴェイ…なにこの役者陣営の濃さは。 死体を使ったアートという過去の猟奇事件と同じ手口の事件が起こり、過...
セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~ [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:ANAMORPH公開:2007年劇場未公開製作国:アメリカ上映時間:103分監督・脚本:ヘンリー・ミラー出演:ウィレム・デフォー、スコット・スピードマン、クレア・デュヴァル、ピーター・ストーメア、ドン・ハーヴェイ+あらすじ+"現場から引退し警察学校の教官になってい...