銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

SPL 狼たちの処刑台

2018年12月13日 16時12分09秒 | 亜細亜アクション
殺破狼:貪狼/PARADOX
2017年
香港
100分
アクション/サスペンス/格闘技
劇場公開(2018/09/01)



監督:
ウィルソン・イップ
『イップ・マン 継承』
アクション監督:
サモ・ハン・キンポー
出演:
ルイス・クーリー
ラム・カートンチェン
ウー・ユエチュイ
トニー・ジャータク



<ストーリー>
15歳の少女・ウィンチーが訪れたパタヤで何者かに誘拐される。香港の警察官である父・リーは、娘を奪還しようと決意する。

殺せ、生き残れ――
全面戦争勃発。


―感想―

なんとも寂しい始まり方じゃないですかあ。

大切な愛娘を孕ませやがって!!

けど、何も逮捕せんでも。。。
この一件と中絶強制が無ければ娘はタイへは行ってなかっただろうに。

お偉いさんの身勝手で臓器移植目的により誘拐された娘を父親と現地の刑事が手を組んで救い出すお話。
そこにタイ警察の一人であるトニー・ジャーも巻き込まれるのですが・・・。


ああああ!!!
めっちゃ高い所から落ちたけど、大丈夫か?
まあどうせ命に別状はない、とかなんでしょ?
だってトニー・ジャーだもん、不死身でしょww

死ぬんかーーいっ!

ま・・・マジっすか。

処であの体に手を触れた時にフラッシュバックした能力てなんやったんやろ。
謎過ぎる。
にしても出番の少ないジャーでした。

娘も寸前のところで救い出せるんでしょ?

んなバカなああああああ!!!!

なんやのん、この胸糞悪くなるストーリーは。
鑑賞している俺が病みそうだわ。

カンフーアクションの個別シーンは素晴らしい。
そこは流石のウィルソン・イップXサモ・ハン・キンポーである。
だが、アクションにも爽快さがねえんだよ。
なんつうか観てて悲しくなるアクションシーンばかりなんだよなあ。
背景からして暗いから、全てがもうどんよりな雰囲気。
変に気疲れする作品だった。
無事に赤ちゃんが生まれるラストくらいでしょ、もう他は「しんどい」の一言っすわ。

評価:★★★☆
18/12/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-12-05
メーカー:パルコ

オフィシャル・サイト

関連作:
『SPL/狼よ静かに死ね(2005)』(第1作)
『ドラゴン×マッハ!(2015)』(第2作)
『SPL 狼たちの処刑台(2017)』(第3作)

コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« マッド・ダディ | トップ | Re:デッド »
最近の画像もっと見る

亜細亜アクション」カテゴリの最新記事