銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

白雪姫と鏡の女王

2013年03月13日 21時31分00秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
MIRROR MIRROR
2012年
アメリカ
106分
ファンタジー/コメディ
劇場公開(2012/09/14)



監督:ターセム・シン・ダンドワール『インモータルズ -神々の戦い-』
衣装デザイン:石岡瑛子
出演:
ジュリア・ロバーツ『オーシャンズ12』・・・女王
リリー・コリンズ『ミッシング ID』・・・白雪姫
アーミー・ハマー『ソーシャル・ネットワーク』・・・王子
ネイサン・レイン・・・ブライトン
メア・ウィニンガム『マイ・ブラザー』・・・ベイカー・マーガレット
マイケル・ラーナー・・・男爵
ロバート・エムズ・・・チャールズ・レンボック
ショーン・ビーン『デス・レース2』・・・国王
ジョーダン・プレンティス・・・ナポレオン
マーク・ポヴィネッリ・・・ハーフ・パイント
ジョー・ノッフォ・・・グラブ
ダニー・ウッドバーン『ウォッチメン』・・・グリム
セバスチャン・サラセーノ・・・ウルフ
マーティン・クレバ『フィースト2/怪物復活』・・・ブッチャー
ロナルド・リー・クラーク・・・チャック

<ストーリー>
白雪姫は国王が亡くなって以来、継母の女王に城に閉じ込められていた。ワガママな女王は隣国のリッチな王子と結婚し、富と愛を手に入れようと企むが…。

おとぎの国で
バトルが始まる。


-感想-

顎雪姫は美しさが足りなかったけれど、こちら様は誠に美しゅう御座いました。
これぞTHE・白雪姫って感じでしたねぇ。
可愛いし、綺麗だし、うっとりしちゃうしで文句のつけようがないですなリリーちゃん。
彼女に対しての想いは“美女図鑑”にも記すとして、問題は女王様ですよ。
昔から私はジュリア・ロバーツには好感的ではなかったのですが、年々歳を重ねる毎にお顔が残念になってきてるよねぇ。
幾ら衣装が豪華で見栄えが良くても顔があれでは匕首に鍔状態ですわ←言いすぎw
まぁでも顔があれなんで悪女のイメージにはピッタリでしたし、主役の美貌がこの程度だとリリーちゃんの美しさがより引き立ち目立つ為の手助けにはなっていたかと。
結果的には悪いことばかりでは無かったって事で。

顎雪姫はアクション・アドベンチャーな作品でしたが、こちらはコメディだったのね。
観るまでは普通にファンタジーしているだけの作品かと思ってたんですが、時にはクスリと笑え、時にはスベリまくる描写が数多く物語中に散りばめられておりました。
一番自分的にスベッたのは女王様がエステティックをするシーンやろね。
あれはね、かなり気持ち悪っ。
虫はあかんですよ。
背筋がゾゾッて。

逆に一番笑顔になれた、好きになれたシーンは王子が小人の家のドアを内側から何度も突進して開けようとする場面。
基本的に7人の小人たちが登場するシーンは全部好きかもです。
ユーモアと温かみ、優しさが見れて安心感と面白さを抱かせるキャラ達でしたねぇ。

王子が惚れ薬で犬と化すのには後の白雪姫とのキスシーンに繋がっている重要な演出だったのね。
王子演じたアーミー・ハマーはよくまぁあんなアホ演技が出来たもんだとちょっぴり感心。
この王子、はっきり言って間抜け王子だよねw
彼の何処に白雪姫は好意を持ったのか謎過ぎますが、剣捌きなんかは様になってたんじゃないかな。
でも白雪姫にとっては殆ど役には立ってない。
森の魔物との決着も白雪姫の手柄だし。
そんな役立たずな王子とキスだなんて、滅茶苦茶ジェラシーでしたわ。

思ったよりも楽しい作品でした。
2体の操り人形と7人の小人との戦いなんかも賑やかでワクワクさせられましたが、流石ターセム監督だけあって全編、色鮮やかなビジュアルが素敵でしたねぇ。
その画にきちんと溶け込む煌びやかな衣装も印象に残りましたが、エンドロール前に「石岡瑛子氏に捧ぐ」とテロップが出たときはウルッとしちゃいまして、もう石岡さんの斬新で独創的な衣装がこれからの新作映画で観れないのかと思うと凄く残念です。
改めてお悔やみ申し上げます。

今作の恋人にしたい美女図鑑


この濃い眉毛がねほんま堪らんのです。
彼女の一番のチャーミングポイントでしょうね。
成長と共に期待が持てる眉毛美人。
ほんま、リリーちゃんの白雪姫は似合いすぎて可愛いとしか言葉が浮かばなかったです。
シーンによっては若き頃のオードリー・ヘップバーンにも似てるんですよねぇ。
激しく好み顔のリリーちゃんをこれからも推していきますぞ。

評価:★★★☆
13/03/12DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-02
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (14)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« モンスター・ホテル | トップ | トールマン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2013-10-16 22:12:53
こんばんは!
リリーちゃんの立派な眉毛は気になりませんでしたか?
結構楽しい作品だったのでそれだけストーリーに集中出来たってのもあったからかもしれませんね^^
虫を使ったエステなんて、考えただけでもゾッとします。
頼まれてもお断りしますが、100万積まれた考える・・・かも(笑)
眉毛 (ミス・マープル)
2013-10-16 09:32:36
リリーちゃんの眉毛は今回は気になりませんでしたね。それだけお話がおもしろかったのかな。
あのエステは本当にあるんですか!?
虫が嫌いなので絶対に無理です。
本当に楽しい映画でした。衣装もきれいでしたしね!
>pu-koさんへ (ヒロ之)
2013-04-03 23:06:19
こんばんは!

リリーちゃん大好きです。
あのまゆげが魅力的で私はそこに一番惹かれちゃいます。
楽しいコメディ映画でしたね。
白雪姫がしっかりしているから、最後は綺麗に纏まったのでしょう。
王子に任せていたら女王天下のままで終わってたと思います。
あのエステは本当にあるらしいとお聞きしてビックリです。
気持ち悪すぎて私には無理です^^;
こんにちは♪ (pu-ko)
2013-04-02 11:02:29
リリーちゃんに惚れまくりですね。
これはほんと楽しかったです。
本来の、ただ待ってるだけの姫じゃなく、自ら道を切り開く強さと、民をまとめる力もあり、王子は頼りなかったけど、そのぶん姫がしっかりしてるからいいかと思わせるw
エステシーンは怖かったですね。
美しくなるって大変だ(笑)

>makiさんへ (ヒロ之)
2013-03-24 22:59:16
こんばんは!

こちらの白雪姫の方が楽しい気分にはなれましたね。
リリーちゃんがほんと似合ってました。
今思えば、ジュリア・ロバーツの女王さまもそんなに言うほど悪くはなかったかも。
コメディ作品としては合っていた感じはします。
シャーリーズ・セロンだとコメディ映画向きって感じじゃないですものねぇ。
私も吹き替えで観ました!
可愛らしい声でしたよね。
きちんとした声優さんを使っていて良かったです。
こんにちは (maki)
2013-03-24 09:23:28
楽しい映画でした~^^
リリーちゃんは正統派な白雪姫って感じでしたし、
顎雪姫(笑)とは違いますね
ジュリア・ロバーツさん色々いわれてるようですけど、
私は良かったように思いますよ!
リリーちゃんの可愛らしさと女王の憎めないコミカルさにぴったり。これがシャーリーズ女王とかならまた印象が変わってきちゃうと思います
私は吹き替えでみたのですが、白雪姫の声も可愛いし和訳も楽しくて面白かったです~
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2013-03-23 22:08:10
こんばんは!
お忙しい中、コメントしていただき有難うございます。

受験生のお子様がお2人ですか。
色々と大変でしょうけども、素敵な春が訪れることを心からお祈り申し上げます。

これは愉しかったです。
殺伐としたものがない、ニッコリとして観れる作品でした。
キャラクターがどれも良かったですが、やっぱりリリーちゃんでしょうか。
兎に角可愛すぎて、白雪姫としてはハナマルでありました。
ジュリア・ロバーツは今後もこういうコメディ映画に出るのでしょうか。
余り興味ないですけど(笑)。
石岡さんの衣装は本当に華やかですよね。
ほんと願う叶うなら着てみたいです。
ほぼ (sakurai)
2013-03-23 16:36:47
放置状態になってまして、大変遅れてしまいました。
すいません。
さすがに受験生が二人いると、忙しさ半端ないです。
やっといろいろ終わり、ゆっくりできました。

さて、ターセムが、こんな楽しい映画を作るなんて!と、妙に肩の力を抜いて見れたような覚えが。
やっぱここは、コリンズ二世のオーラと、王子の間抜けぶりのはじけた感じが見どころでした。
ジュリア・ロバーツさんは、どうにも半端ですよね。
これからどっち方面に行くんだろ。
絶対に似合わないけど、一度は着て見たい石岡さんの衣装でした。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2013-03-18 23:06:09
こんばんは!
リリーちゃんの白雪姫はイメージ的にはピッタリで本当に可愛らしかったです。
王子があそこま間抜けだと小人たちの方が頼もしく見えちゃいますよね。
石岡さんがお作りになる衣装は色彩が豊かで大好きだっただけに、もう新作で見れないと思うと寂しい気持ちで一杯です。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-03-18 12:54:21
違うほうの白雪姫とは違ってこちらの姫は可愛かったですね~。
王子がまさかのおマヌケさんで笑いました。
さすが石岡さんの衣裳は豪華で素敵でした。
もう見られないのが残念です。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2013-03-14 03:43:15
コメント&TB有難うございます。
クリステンの白雪姫には全く萌えなかったのですが、リリーちゃんの白雪姫にはどっきどきな私でありました(笑)
眉毛なリリーちゃんが愛おしくて堪らんです。
ほんと可愛い人やと思うんですよ。
リリーちゃん中心に観ていたので、終始顔がニヤケてましたが、思っていたよりも楽しい作品でしたし、私もクリステンのよりもこっちの方が好きです。
願わくばこちらの女王とセロンさんを入れ替えてくれたらもう言う事ないんですけどね(笑)
TB &コメントありがとうございました。 (morkohsonimap )
2013-03-14 03:37:05
顎雪姫ですか黒い白雪姫なクリステン・スチュワートの白雪よりはなぜかこっちの方が楽しかった
カラーも明るいし
小人達のキャラもこちらの方がよかったけど
継母はシャーリーズ・セロンの方が勝ち

眉毛は途中から全然気にならなくなってくるもが不思議ですよね
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2013-03-13 23:31:40
こんばんは!
コメント有難うでぇす!!

断然、白雪姫役はリリーちゃんの方がいいです。
白雪姫というイメージにピッタリなピュアで美しさがありましたです。
ちゃぴさんも記事でジュリア・ロバーツはちょっと・・・て書かれてましたね^^;
わたしもなんか好きになれないのですが、今回は役的には合っていたように思えましたね。
ほんと素の意地悪さがそのまま出たような女王様でした。

えぇ!?
エステに虫を使うんですか!
あれ凄く気持ち悪かったんですけど。
鳥の糞を顔に塗りたくってましたけど、あんなのも実際にあるんでしょうか。
わたしには解らない世界ですよ^^;

王子はとことんアホ王子で、小人たちとのやり取りが滑稽でした。
わたしもここまでコメディな作品だとは思っていなかったので、かなりビックリさせられましたよ。
あ、そうか!
ターセム監督はインド人でした。
だからEDはボリウッド風だったのですね。
一度やってみたかったんでしょうね、こういうの。
ま、何にせよリリーちゃんの可愛さが一番光っていた作品でした。
終始ニヤニヤしながら観れたので満足はしてます^^
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2013-03-13 23:01:31
白雪姫は、リリーの方がいいですね!眉毛がいい。ばぶりー♪
私も、ジュリア・ロバーツはちょっと…なんだよね。でも、この映画は、地のようなところが随所にあって、よかったかも(笑)この路線で行くべきですよね、意地悪オバサンの(爆)
虫とか使うエステは、あるよ~。TVかなんかで観たもん。かたつむりはクリーム流行ってたしねぇ。ボトックス注射はポツリヌス菌だし、美容は結構えげつない。
小人さんと王子は笑いました。あっほだ。こんなにコメディ調だとは思わなかったよぉ。
ポリウッド風EDは、なんか爆笑しちゃった。そーいえば、監督はインドだった。
リリーちゃんは、かわいかったです、オバサンの目から観てもね。

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

白雪姫と鏡の女王 (晴れたらいいね~)
武闘派スノーホワイトに対し、こちらはポップなコメディ調だ。どちらも、邪悪な王妃の方が格上女優(笑)そして、楽しんでやっておられる。もはや、王子様のキスを待つ女の子はダ ...
白雪姫と鏡の女王 (心のままに映画の風景)
幼い頃に父親である国王を失って以来、白雪姫(リリー・コリンズ)は、18歳になるまで邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)に国を牛耳られてきた。 散財の挙句、破綻寸前の女王は、燐国の若い王子(ア...
『白雪姫と鏡の女王』 理想の映画って何だ? (映画のブログ)
 この映画を、ハリウッドスターを配したVFXたっぷりのアメリカ映画――なんて思うと、その素晴らしさを掴みそこなうおそれがあろう。  『白雪姫と鏡の女王』の魅力は、何といっても驚くほどの能天気さだ。そ...
白雪姫と鏡の女王 (538ねん。)
見に行って来ました、白雪姫の映画 6月に見たクリステン・スチュワートの「スノーホワイト」 と言うか、シャーリーズ・セロンの怖い女王様と 戦う白雪姫のお話しと ほぼ同時期に本国アメリカでも公開されたようですが こちらの映画もある意味戦う白雪姫のお話しでもあり....
白雪姫と鏡の女王/MIRROR MIRROR (いい加減社長の映画日記)
今年は、「白雪姫」がブームなのか? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 国王の死後、白雪姫の継母は、娘を部屋に閉じ込めて世間知らずに育て、自ら「おとぎの国」の女王となって、贅沢三昧の暮らしをしていた。 おかげで国の財政は破綻し、国民は食べるものもない...
白雪姫と鏡の女王 (あーうぃ だにぇっと)
白雪姫と鏡の女王@よみうりホール
劇場鑑賞「白雪姫と鏡の女王」 (日々“是”精進! ver.F)
毒りんごは、食べない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209150002/ ポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB 白雪姫と鏡の女王 光沢プリント...
映画:白雪姫と鏡の女王 MIRROR MIRROR ジュリア・ロバーツ女王が連発するワガママが最大の見所。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
グリム童話「白雪姫」を現代テイストを加えて仕上げた、ファンタジー・コメディ。 なんたって鏡の女王は、ジュリア・ロバーツ! 私生活でもかなりワガママらしいというのが定説のジュリア。 その彼女が、ほぼ「地」のまんまで演じている感じ(写真) 「借金漬け」の...
『白雪姫と鏡の女王』 2012年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『白雪姫と鏡の女王』 を鑑賞しました。 今日は14日だし、会社帰りにふらっと見てきました 【ストーリー】  幼いころに国王であった父を亡くし、邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)によって城に閉じ込められたまま育った白雪姫(リリー・コリンズ)。ある日、舞...
映画「白雪姫と鏡の女王」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『白雪姫と鏡の女王』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー 幼い頃に国王である父を亡くし、贅沢が大好き...
「白雪姫と鏡の女王」 洗練されたインド映画のDNA (はらやんの映画徒然草)
「スノーホワイト」に続いて、今年2作目の「白雪姫」映画です。 それぞれおとぎ話の
白雪姫と鏡の女王 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [Blu-ray]グリム童話をコミカルに再構築したファンタジー「白雪姫と鏡の女王」。石岡瑛子の遺作で、衣装のすばらしさに改めて目を見張 ...
白雪姫と鏡の女王/ジュリア・ロバーツ (カノンな日々)
たしかこの映画の劇場予告編が流れ始めたのが『スノーホワイト』の公開間近で「白雪姫モノの映画が他にもあるの?」と思ったのを思い出しました。正直、こちらはファミリー映画か ...
白雪姫と鏡の女王 (佐藤秀の徒然幻視録)
微妙にターメリック姫 公式サイト。原題:Mirror Mirror。ターセム・シン監督、リリー・コリンズ、ジュリア・ロバーツ、アーミー・ハマー、ショーン・ビーン、ネイサン・レイン、ジョ ...
白雪姫と鏡の女王 (キノ2)
★ネタバレ注意★  6月の『スノーホワイト』のシャーリーズ・セロンに続き、こちらはジュリア・ロバーツが鏡の女王を演じる白雪姫。ターセム・シン監督……っていうか、監督、名前の表記が変わったのかしら、これからはターセム・シン・ダンドワール監督って呼ばな...
白雪姫と鏡の女王 (そーれりぽーと)
『白雪姫と鏡の女王』を観てきました。 ★★★★ 先日の『スノーホワイト』にイラッとした後だったので、こちらに期待していたのですが、期待値以上! 期待値以上っつーても秀作かっつーとそこまででは無いんだけど、『スノーホワイト』が酷かっただけにすごく良かったよ...
「白雪姫と鏡の女王」正統派女の子童話 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうして夏休みの初めに公開にしなかったの?というくらいに、正統派の女の子向けグリム童話な作品。 決しておこちゃま向けでもなく、ちゃんと大人も楽しめて家族みんなで観るのにぴったり。
白雪姫と鏡の女王 (だらだら無気力ブログ!)
ラストのインド映画っぽいダンスシーンは見応えあり。
『白雪姫と鏡の女王』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: MIRROR MIRROR 監督: ターセム・シン 衣装: 石岡瑛子 出演: リリー・コリンズ 、ジュリア・ロバーツ 、アーミー・ハマー 公式サイトはこちら。 14日はTOHOシネマズデイ、何か観ようかなーと時間合わせで行った本作。 何と言ってもターセムなので観たか....
白雪姫と鏡の女王 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIRROR MIRROR】 2012/09/14公開 アメリカ 106分監督:ターセム・シン・ダンドワール出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガム、マイケル・ラーナー、ロバート・エムズ、ショーン・ビーン おとぎの国で....
★白雪姫と鏡の女王(2012)★ (Cinema Collection 2)
MIRROR MIRROR おとぎの国で バトルが始まる。 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/14 ジャンル ファンタジー/コメディ 映倫 G 【解説】 有名なグリム童話の『白雪姫』を、「ザ・セル」「落下の王国」の 映像派タ...
白雪姫と鏡の女王 (こんな映画見ました~)
『白雪姫と鏡の女王』---MIRROR MIRROR---2012年(アメリカ)監督:ターセム・シン・ダンドワール 出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、 アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガムショーン・ビーン 幼い頃に父親である国王(ショ...
[映画『白雪姫と鏡の女王』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事が終わって、この作品と『バイオハザードV』の2作をはしごしようと思っていたのだが、残業となってしまい、  だが、はしごではないので、1本だけ観るならば女も誘えると思い、映画館で待ち合わせて観てきた。  私が、ギレルモ・デル・トロ監督とともに、今 ...
白雪姫と鏡の女王 (迷宮映画館)
やっぱターセムの世界は、波長が合うわあ。
白雪姫と鏡の女王 (いやいやえん)
ジュリア・ロバーツさんが女王に、リリー・コリンズさんが白雪姫にと扮する作品です。衣装はこれが遺作となった故・石岡瑛子さん、とても煌びやかなドレスが素敵です。ストーリーはオリジナルを意識しながらも、大胆なアレンジが効いています。わがままだけどどこか憎...
白雪姫と鏡の女王 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「白雪姫と鏡の女王」監督:ターセム・シン (『インモータルズ -神々の戦い-』出演:ジュリア・ロバーツ(『幸せの教室』『食べて、祈って、恋をして』リリー・コリンズ(『プリー ...
白雪姫と鏡の女王  MIRROR, MIRROR (映画の話でコーヒーブレイク)
「赤ずきん」を見た時に童話の実写が人気のようでと「白雪姫」映画2本をご紹介したのですが、 先に封切られた「スノー・ホワイト」タイミングを逃して未見です。 見てないので何とも…でも、この時書いたように「ジュリアよりシャーリーズの方が怖そう」は 間違いなそう...
白雪姫と鏡の女王 (映画にする?)
白雪姫と鏡の女王 (2012)アメリカ 原題:Mirror Mirror監督:ターセム・シン・ダンドワール 出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、ショ ...
白雪姫と鏡の女王 (Diarydiary! )
《白雪姫と鏡の女王》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - MIRROR MI
白雪姫と鏡の女王 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画「白雪姫と鏡の女王」原題:Mirror mirror監督:ターセム・シン2012年 アメリカ映画 106分キャスト:ジュリア・ロバーツ     リリー・コリンズ     アーミー・ハマー     ネイサン・レイン     ショーン・ビーン幼い頃、父である...
『白雪姫と鏡の女王』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:106分  原題:MIRROR MIRROR  配給:ギャガ  監督:ターセム・シン・ダンドワール  主演:ジュリア・ロバーツ      リリー・コ...