銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アメリカン・バーガー

2016年02月23日 20時34分00秒 | 洋画ホラー
AMERICAN BURGER
2014年
スウェーデン
80分
コメディ/ホラー
劇場公開(2016/01/02)



監督:
ヨハン・ブロマンデル
ボニータ・ドラーケ

脚本:
ヨハン・ブロマンデル
ボニータ・ドラーケ

出演:
リアム・マクドナルド
ベンジャミン・ブルック
ベン・ソーントン
アギー・クカウカ
フレードリク・ヒラー
ガブリエル・フライリヒ




<ストーリー>
ヨーロッパで評判のアメリカンバーガーの工場を訪れた学生たち。だが、工場の人間はハンバーガーの材料を捕獲するため、チェーンソーで彼らを次々と殺しまくる。

-感想-

Oh, say can you see!!

アメリカ産100%の人肉ハンバーガー。
だからアメリカン・バーガー。
絶対に他の国の人肉は混ぜてはいけないというのが調理長にとっての鉄則。
何故にアメリカ人じゃないといけないのか。
そりゃあやっぱり日頃から肉ばっかり食っていてジューシーだからさ。

捕まって解体されていく話ではなく、工場従業員が多勢になって逃げ回るアメリカ人学生を森の中で追い掛け回す話。
殺しの主はナイフでの首切り。
血がピューピュー噴出す描写は多々出てくるものの、強烈なグロさは無し。
バーガーを食べるシーンが口の中大映しなので汚い位かな。
個人的にはそこより、ゲロでしたが。

基本、猛烈に緩~いコメディホラーとなっております。
岩陰に隠れていたら上から小便掛けられるカメラヲタク(終盤急に「肉団子」を連呼し出します。その理由は御自身の目でお確かめ有れ)。
一人森の中で遭難したチア姉ちゃんが、木の枝とかに服を引っ掛けて徐々に裸になっていく男共にしか需要のないエロサービス。
絶対絶命に遭遇し、そこで初めて自分がサバイバル女だと自覚しランボー覚醒する教師。
従業員に変装するも後々バレて全速力で1本道を延々に走りまくるデブ。
殺された振りをしたのは良いものの、工場に連れて行かれて全裸にさせられ今にも全身解体されそうになるデブの相方←こいつが主人公。

咄嗟に主人公はハッと気づく訳ですよ。
アメリカ人だから殺される。
じゃあ殺されない為にはどうすれば良いのか。
そうだ!これだ!!
「なっ・・・君はアメリカ人じゃないのか!なんてこった。関係のない人間を殺す所だった・・・」
「じゃあ僕はもう帰って良いッスよね」
「行ってよ~し」
エエんかいっww
そんな呆気なく解放しちゃうのかいww
調理長が変に拘りを持っていたお蔭で結果的には作戦成功。
裸のままバスに乗り、途中で逃げ切れた人達も拾いハッピーエンド。
女もゲット出来て、最高の夏だぜ、ヤッホ~イ♪

私は東洋人だからこの工場では殺されないな。
もし、ジャパニーズ・バーガーという名だったら大変な目に遭うから一応今からでも遅くはない、中国国歌でも覚えておくか(絶対に使うことはない)。

とことんお馬鹿なホラーコメディを堪能してみたい方は尺も良い感じに短いので、手に取って観て頂いてもOKかもね。
そういえばバスの後部座席でずっとキスしていたカップルは何処行った?という疑問がオチとして解決されますよ。

さて、ここからは3枚の画像を続けて見て貰いたい。
そしてある部分を注視してみて欲しい。
先ず1枚目。
昼食を摂る前のバスの中の運転席。

2枚目。
昼食を摂った後のバスの中の運転席。

3枚目。
主人公が工場から逃げ出してバスの中に入った時の運転席。


おかしな点にお気付き頂けただろうか。

うん、あれは飾り物なんだ、きっと(そういう事にしておこう)。

今作の美女図鑑
本作には大勢のチア姉ちゃんが登場しますが、個人的にはこの娘がむっちゃ可愛かった。

因みに彼氏は顔はそこそこイケメンだが髪型がダサいとカメラヲタクに言われます(プッw

評価:★★★
16/02/23DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-02-03
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

切り株画像はこちら
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 切り株画像(映画『アメリカ... | トップ | ピクセル »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズ)
2016-02-28 20:45:20
こんばんは
なんじゃこれみたいな展開
人間がバーガーの材料になる作品結構ありますよね
もう少しグロさがあってもいいかなと・・・・
とことん弾けないとね(笑)
>カズさんへ (ヒロ之)
2016-03-01 20:36:37
こんばんは!
コメントありがとうございます。
ひたすら追いかけっこしているだけの映画でしたね。
グロ描写は首を掻っ切る位ですから、そうですねぇ、期待するとあれ?と思ってしまうかもしれません。
まあ個性的なキャラクターばかりだったので、そういう意味では可笑しさや楽しさは安定していました。
激遅海苔♪ (Puff)
2016-03-04 18:39:25
こんちは~!
いやあ、激しく出遅れ海苔ですみません!
実家であれこれあり毎週のように帰省しているので、映画も全然観れませんッス・・・うう

この映画、程良い感じにエロあり笑いありスプラッターありでしたね。
何やらまったりホラーな癒される(?)映画でした。ウフフ
観る前はてっきりバーガー工場の中でのさつりくを描くのかと思っていたのですが…!
解体シーンをじっくり見せてくれるのかと(最後の方でちらりと出て来ましたが)
良い意味で裏切られました。

あと、カップルは真っ先にと思いましたが、意外や意外でしたね。
ランボーな教師も想定外でした。
それにしても、時計の針には気が付かなかったなあ。
ヒロしゃん、観察力が凄い!!!
>Puffちんへ (ヒロ之)
2016-03-05 14:27:59
こんにちは!
コメントありがとうございます。

色々とお忙しいようですね。
お体、崩されないようにしてくださいね~。

工場内での解体されていく様子を捉えたスプラッター的なホラーなのかと思っていましたが、学生がひたすら森の中を逃げ回るコメディ的なホラーでした。
緩い笑いが展開に明るさを出していて良かったです
キャラクターそれぞれに個性があったのも、ホラーなのにそうとは思えない陽気な雰囲気が出ていて好みでした。

掛け時計の針は直ぐに気づきましたよヘヘ
あれ?時間全然進んでないやん!て、時計が映る度に心の中でツッコンでおりました笑

洋画ホラー」カテゴリの最新記事