銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

悪夢のエレベーター

2011年07月18日 22時06分11秒 | 邦画コメディ
09年/日本/105分/ミステリー・コメディ/劇場公開
監督:堀部圭亮
原作:木下半太『悪夢のエレベーター』
脚本:堀部圭亮
特殊メイク:西村喜廣
残酷効果:西村喜廣
特殊造形:西村喜廣

出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、本上まなみ、長澤つぐみ

<ストーリー>
エレベーターに閉じ込められたワケあり気な男女4人。助けを呼ぶ手段のない非常事態の中、4人はなぜか互いの秘密を暴露し合い…。
<感想>
数少ない登場人物の中でも、管理人のおっさんが一番インパクト残しています。
正直、キモい。

エレベーター内に閉じ込められた男女4人。
訳有りの既婚男性、大阪弁を喋る空き巣男、自殺願望を持つゴスロリ少女、全身緑色ジャージのエスパー男。

ワンシチュエーション映画かと思いきや正味40分弱で密室劇は終了。

下手したらグダグダに成りかねない、4人の正体なるものが後半展開していくんですが、これがかなり一癖あって見応えあります。
そういう経緯で密室劇に発展したんやね、と。
三郎とカオルと静夫の表の顔が明らかになるんですが、前半の裏の顔とはかなりギャップがあって笑わせてくれます。

3千円で購入した秘密のスプーン。
オカマの1人がグニャグニャに曲げちゃうシーンは噴き出しちゃいました。

エレベーター内の監視カメラと、管理人の部屋にあるTVモニターの引っ掛け具合も一つのオチとしては絶妙。

最大のオチはゴスロリ少女、カオルの存在。
彼女が慕う姉、斎藤工演じる男の妊娠中の妻、彼の不倫行為なるものが見事に繋がりを持たせていて、予想外の結末へと導いてくれています。

完全犯罪こそがカオルの願いであり、思惑通り。

もし、カオルが雇われなかったらどうしたんだろう、そんな疑問点も浮かびますが。

でも私はかなり面白い映画になっていると感じました。
前半の単なる密室劇が、後半では復讐劇になるとはね。
無駄のない細かい所までのネタバラシ進行が後に来て実に痛快で、久々に捻りの効いたミステリーを楽しませて貰ったという思いで一杯です。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★
11/07/17DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-03-19
メーカー:日活

コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 黒く濁る村 | トップ | 板尾創路の脱獄王 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maki)
2011-07-19 11:40:53
管理人の気持ち悪さがまたいい味つけな作品でしたね
コメディ、ホラー、サスペンスなんかも盛り込んで、なかなか面白かったと思います
どんでん返しが何度かあっての最後のどんでん返しは流石に見抜けなかったです
佐津川愛美ちゃんに脱帽です
Unknown (KLY)
2011-07-20 03:22:59
何気に結構豪華なキャスティングなんですよね。
私は実質的には佐津川愛美ちゃん見たさで行っ
たようなものなんですが(笑)
あの管理人のキモさに脱帽です^^;
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-07-21 16:44:26
本当に気持ち悪い管理人でした。
ジュルジュル言ってるし。

私もこれは面白かったです。

こういう話の展開になるとは思ってもいなかったので、ラストのどんでん返しにはやられた感がありましたね。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-07-21 16:50:19
そうですね。
出演者がかなり豪華です。
著名な俳優を起用していながらも、見抜けなかった部分が幾つもあり、かなり面白かったです。

佐津川愛美ちゃんは初めてお目にかかったような気がするのですが、良い演技しますね~。
おはようございます。 (大阪ひろき)
2012-10-11 05:40:46
リアルタイムで、映画館で観ました。
元々、密室劇が好きで、「12人の優しい日本人」、「キサラギ」、「大洗にも星は降るなり」などが好きなんですよ。なので、この映画も、中々見応えがありました。
「キサラギ」のように二転三転するストーリー展開に引き込まれましたし、映画を観終わって、だから、あのとき・・・って思えるような伏線の張り方も、絶妙でしたね。一度目の、大ドンデン返しで、意表を突かれ、また予想外の最後の大ドンデン返しで、「そう来たか!」って感じで、意表を突かれてしまいました。一本の映画で、こんなに大ドンデン返しのある映画って、そんなにあるかなあ~?って考えてみると、パッと思い浮かんだのが、邦画の「シャッフル」ですね。あの映画も、これでもか!って位に、大ドンデン返しの連続で、とても見応えがありました。それ以外だと、邦画の「神様ヘルプ!」のラストの大ドンデン返しも、予想外でした。
「キサラギ」も、最後の最後の宍戸錠さんの登場も、予想外のサプライズでした。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2012-10-12 22:29:51
こんばんは!
これと『キサラギ』は面白いです。
私も展開がくるくると変わる映画は好きですし、予想だにもしないオチが待っている映画も大好きです。
ただ余りにもくどくどんでん返しを繰り返しされる作品はそんなに好きではないんですよ。
洋画では『ワイルドシングス』が真っ先に思いつくのですが、あそこまで何度もどんでん返しされるとイラっときちゃいます^^;
やっぱりシンプルにドンッと突き落とすかのようなどんでん返し映画の方が好きかもです。
そうですねぇ『ゲーム』とか『ソウ』とかが当てはまりますかねぇ。
「おっと!そういう事か!!」と思わされるのは一度だけで良いかなぁとは思っています。
ま、私の意見ですけども。

邦画コメディ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

悪夢のエレベーター (LOVE Cinemas 調布)
タレント堀部圭亮の長編映画監督デビュー作。脚本も当人が務める。木下半太の同名小説をベースに映画化したミステリーコメディだ。主演は『252 生存者あり』の内野聖陽。共演に『鈍獣』の佐津川愛美、『いけちゃんとぼく』のモト冬樹、『ロボゲイシャ』の斎藤工が出演...
悪夢のエレベーター (いやいやえん)
ブラックエンド作品ですがなかなかよく出来ています。シチュエーション・コメディー路線かと思いますが、時にサスペンスに時にホラーにと変わります。 エレベーターに閉じ込められてしまった、ゴスロリ・超能力者・浮気中・空き巣の人物達。ストーリーが進むたび、状況...
悪夢のエレベーター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。木下半太原作、堀部圭亮監督、内野聖陽、斎藤工、佐津川愛美、モト冬樹、大堀こういち、芦名星、いか八朗、堀井茶渡、本上まなみ。何かおかしい、このエレベーター、 ...
悪夢のエレベーター/内野聖陽、佐津川愛美 (カノンな日々)
予告編を観て何気に楽しみにしてたんですよね。密室のエレベーター内を舞台に繰り広げられるシチュエーション系サスペンス・コメディ。俳優や構成作家としても活躍する堀部圭亮さ ...
悪夢のエレベーター (花ごよみ)
原作は木下半太の同名小説。 監督は堀部圭亮。 主演は内野聖陽、共演は佐津川愛美、 斎藤工、モト冬樹…。 エレベーター内に閉じ込められた、 男3人女1人の物語。 エレベーター=密室という、 特殊な状況設定。 原作は読んでいます。 映像化すればどのようになっ...
悪夢のエレベーター (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月9日(土) 17:20~ キネカ大森3 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『悪夢のエレベーター』公式サイト 昨年見逃したテアトル系公開作品のキネカ大森での補完計画。第一回目。 ずっと密室劇(回想シーン有り)のキサラギスタ...
悪夢のエレベーター (迷宮映画館)
うーーん!こう来たかあ・・・・。
「悪夢のエレベーター」 映画を先に観るか、小説を先に読むか? (はらやんの映画徒然草)
木下半太さんの原作は大好き! 先日、この作品の後日談となる「奈落のエレベーター」
[映画『悪夢のエレベーター』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうしよう・・・。  この映画、メチャ面白かったんですけど、構造上、物語の半分までしか語れない^^;  それぞれの役者の演技の「柔軟性」の素晴らしさについても、具体的に語れない。  「語れない」ことについては、松本人志監督の『しんぼる』と同じだが、あ...
悪夢のエレベーター (だらだら無気力ブログ)
木下半太の同名小説を、これが長編映画監督デビュー作となるお笑いタレント の堀部圭亮が映画化。 エレベーター内に閉じ込められた4人のワケあり男女が繰り広げる人間模様を 描く。小川順が意識を取り戻すと、そこはエレベーターの中だった。小川の他には、 関西弁のヤ...
悪夢のエレベーター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  見知らぬ男女四人が、突然深夜のマンションのエレベーターに閉じ込められてしまう。悔しいことに、非常ボタンは故障し、唯一の携帯は電池切れで、外部との連絡が全くとれない。さらに不運なことに、エレべーターが2台あり、住民たちは他の1台に乗るため故障...
『悪夢のエレベーター』シネマすくえあとうきゅう (ふじき78の死屍累々映画日記)
珍しく、原作を読んでから鑑賞。 元からそんなに観る気はなかったんだけど、ピカデリーの『カムイ外伝』が満席で、急遽スケジュールを変えて、観てしまいました。 まず、原作が ...
【悪夢のエレベーター】 (日々のつぶやき)
監督:堀部圭亮 出演:内野聖陽、モト冬樹、佐津川愛美、斎藤工、芦名星、本上まなみ    このウソ、ホントにキリがない。 「小川順が目を覚ましたらそこは、あるマンションのエレベーターの中。何かのトラブルで止まってしまったらしい。他にいるのは前科の