銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

GANTZ: PERFECT ANSWER

2011年10月16日 01時05分09秒 | 邦画アクション
11年/日本/141分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開
監督:佐藤信介
原作:奥浩哉

出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、水沢奈子、戸田菜穂、綾野剛、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之

<ストーリー>
100点を目指して順調に得点を積み重ねる玄野たち。しかし、加藤の不可解な復活とガンツメンバーの周囲を嗅ぎ回る謎の男が出現し、ガンツの何かが狂い始める。
<感想>
う~んと、まぁ無難な作りかな、と。

原作の世界観が好きだから、物語がオリジナリティになっても、あの無茶苦茶さを実写で観れるという喜びみたいなものがあったから退屈せずに観れました。

それと映画として最後はどう落とし前をつけるのかに凄く興味あったし。
原作は完結していないけれど、映画として完結させるにはあの終わり方でも十分でしょ。
良い感じの衝撃的な〆方になっていて私的には満足な方かな。
玄野が下すにはこれしかないであろう「PERFECT ANSWER」になっていたと思います。

ただ、商店街がドッカンドッカンしたり、地下鉄電車内で乗客巻き込んでの血まみれ大乱闘が巻き起こったりと迫力ある画が所々で観れる事は確かだけど、前作程のワクワクしたものがちっとも得られなかったのが残念。

金かけているなってのは伝わってくるのに、観る側を楽しませてくれているなというのが伝わってこないのがどうにも。

玄野くんが多恵ちゃんおんぶして猿飛び佐助みたくビル群をピョンピョン跳び回られてもねぇ。

偽加藤と玄野とのタイマン勝負にも熱くなれるものが感じられなかったし。
味気無いチャンバラをダラダラと見せられてもハートが燃えないのよねぇ。
復活した加藤がもうちょっとアクションに華を添えるのかと思いきやてんで弱いってのもなんだかな~^^;

前作が面白過ぎたので、本作にもかなり期待していたんですが、監督が完結編として守りに入り過ぎちゃった為か、物語の流れに関しても見せ場であるはずのアクションに関しても中途半端な感じがしてならないです。

山田孝之演じる男の存在理由もイマイチ良く解らん。

玄野の決断で全て丸く収まって皆がハッピーなエンディングも良いけれど、もうちょっとしんみりさせられる様な感動的なものも欲しかったです。

作品としては期待以下な出来だったけれど、まぁいいや!
吉高由里子を一杯観れたしさ●^^●♪
画面に出てくる度にニヤニヤしちゃってさ、私(笑)。
吉高由里子観て何1人気持ち悪くニヤけているのさ!と自分にツッコミ入れたくなったよワハハ。

前作のレヴューでもやりましたが、今回もやりますよ。
またかよ!と幾ら言われようが、好きな人は記事として記憶に留めておきたいのです。
それではいきましょう。
今作の小島多恵ちゃん。
もとい吉高由里子8連発!!








沢山の素敵な笑顔と綺麗な涙を有難う

因みに

この2人も可愛かったりするのです

オフィシャル・サイト

関連作:
『GANTZ ガンツ ~the first stage~(2004)』(アニメ版)
『GANTZ ガンツ ~地上波未放映篇~(2004)』(アニメ版)
『GANTZ(2010)』(実写版第1作)
『GANTZ: PERFECT ANSWER(2011)』(実写版第2作)
『ANOTHER GANTZ(2011)』(金曜ロードショー特別企画版)
『GANTZ:O(2016)』(劇場版CGアニメ)

評価:★★★☆吉高由里子には★5つ
11/10/15DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-14
メーカー:東宝

コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« フィアー・イットセルフ FEAR... | トップ | KING GAME キングゲーム »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (KLY)
2011-10-16 02:15:22
吉高ちゃん可愛いですよねぇ。
月9もきっちりチェックかな?AKBの大島裕子と香里奈もでるし(笑)

映画としては2本続けてやって欲しかったかな。やっぱり続き物なんで。
よく世界観を再現できていたとは思ってます。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-10-16 02:54:04
コメントありがとうございます。
もうたまらん!ですね。
吉高さんの月9はチェック済みですよ~。
今、再放送の『白い春』を観て微笑んでます。

そうですよね~。
2本続けた方がもっと作品に入り込めたのかもしれません。
でもあの漫画の世界をよくぞここまで!というのは凄く味わえました。
こんにちは♪ (maki)
2011-10-16 10:12:58
ガンツの謎なんかは「PERFECT ANSWER」にはなってないのだけど、玄野の選択が「PERFECT ANSWER」になっていましたね
でも、遊園地での告白の仕方にはこっぱずかしいものがありました…
もし無事だったらあれを2人で観てたはずなんですよね(*ノノ)
黒服参(女子高生風)があれだけ動けてて凄いなーと感心しました、彼女も可愛かったですしね
世界観を構築したのは素晴らしいのですが、私にはなんとなく不満の残るラストでした
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-10-17 00:17:44
こんばんは^^

そうなんですよね。
謎だらけで終わっちゃってますからね。
その点では「PERFECT ANSWER」になっていませんよね。

うふふ。
あの観覧車の告白電光掲示板ですよね。
確かに、あれはちょっと恥ずかしい(笑)。

黒服参のアクションは良かったですよね~。
彼女が実際何処まで自分で演じているのか分かりませんが、かなりキレがあってナイスな立ち回りでした。

私は全体的に中途半端な所がイマイチでした。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-10-17 16:53:27
原作は読んでいないのでラストはそういうもんなんだなーと思いました。
謎もハッキリしないままだったのがちょっと残念でした。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-10-19 21:40:09
映画としてのオリジナルなエンディングとしてはこれはこれでアリかな?と思いますね。
只、仰る様に、色んな謎がそのまま放置されちゃっているんですよね。
その辺にパーフェクトさが無かったですね。
良い終わり方・・だけど (メビウス)
2011-10-21 20:47:27
ヒロ之さんこんばんわ♪

漫画の方がまだ全然収拾付いていないので、自分もあの終わり方は映画ならではの完結の仕方で良かったと思いましたね。
・・ただおこりんぼう星人以上に凶悪でインパクトも強烈なかっぺ星人などの登場を当初期待していたのもあるので、自分もどっちかと言えば前作超えは微妙だったかなと・・。星人のクオリティの高さが面白さの要因の1つでもあっただけにちょっと残念。

映画館で観てたら多少不満ももらしてたかもしれませんが、レンタルで観た分損をした気分も軽減されたのかもしれません^^;
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2011-10-22 00:29:21
こんばんは~^^

終わり方にはかなり賛否両論あるみたいですが、私も映画として決着つけるには、あのような形でも全然OKだと思います。

そうなんですよね~。
私も今回の星人のインパクトの弱さが残念に思えます。
前作はその辺を凄く楽しんだだけに、相手が人間タイプだと、どうにも迫力に欠けるんですよねぇ。
その点では惜しい感じがしました。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2012-05-02 01:23:05
原作が完結していないので当然オリジナルのエンディングになるわけですが、個人的にはオチは綺麗にまとまっていて良かったと思います。
ただ、そこに行くまでの話の運びが結構複雑で無駄が多かったような気がしますね。
もっとシンプルにして前編くらいのスピード感で描けてれば、さらに評価は上がったのではないかと思います。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2012-05-02 22:23:11
コメント有難うございます。

映画としての完結の仕方としては私はこれはこれで良いと思います。
仰るようにそれまでの展開ですよね~。
私もなんかイマイチでした。
前作の方がまだきっちりと作られていたんじゃないでしょうか。
どうにも何時もの日本映画!って感じにスケールダウンしてしまっていてかなり残念でした。

邦画アクション」カテゴリの最新記事