銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

カイジ 人生逆転ゲーム

2011年04月18日 20時29分24秒 | 邦画サスペンス
09年/日本/130分/ミステリー・サスペンス/劇場公開
監督:佐藤東弥
原作:福本伸行
主題歌:YUI『It's all too much』

出演:藤原竜也、天海祐希、香川照之、山本太郎、光石研、松山ケンイチ、松尾スズキ、佐藤慶

<ストーリー>
その日暮らしの自堕落な生活を送るフリーターのカイジ。ある日多額の借金を抱えた彼は、遠藤と名乗る悪徳金融会社の社長に誘われるまま、あるゲームに参加するため謎の船に乗り込むことに。
<感想>
原作漫画は全く読んだ事が無いけれど、パチンコで遊技した事があるので、大まかな設定は知っていたんだが、映画を観る限りでは結構話の膨らみがあるんやね。

てっきりカイジがお金を賭けて色んなゲームをしまくる話やと思っていたからさ。
地下労働のとこらへんとか知らんかったから興味深く観てしまった。

でもやっぱカイジのメインはゲームでしょ、て事で、かなり丁寧に描いていたよね。
ジャンケンとか鉄筋渡りとか、どれも緊張感溢れていて面白かったけれど、一番観ていてハラワク胸ドキしたのはEカード対決やろね。

一度敗退したカイジが策を練って再対決を利根川に挑み、両者が奥の奥を読みながらの攻防戦には、私も

ざわざわ

ってしたもん。

ジャンケンの時に使った技とかを駆使しながら裏の裏をかいたカイジの策略は見事。
ドヤ顔から唖然顔へと一瞬で変わった利根川には、してやったりの爽快感。

地上に出た途端、元気一杯になっている佐原や、何故カイジはマジックペンを持っていたのかとか色んなツッコミ所もあるけれど、素直に面白かったし思っていた以上に緊張感を終始持続させながら楽しめちゃったな~。

藤原竜也繋がりになっちゃうけれど、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』よりかは気持ち良いラストやったしね。

オフィシャル・サイト

関連作:
『カイジ 人生逆転ゲーム(2009)』(第1作)
『カイジ2~人生奪回ゲーム~(2011)』(第2作)
『カイジ ファイナルゲーム(2019)』(第3作)

評価:★★★★☆
11/04/18DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-09
メーカー:東宝

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« JIGSAW ルール・オブ・デス | トップ | JIGSAW 第10ゲーム »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2011-04-19 13:58:55
「インシテミル」よりはるかに面白かったですよね。
続編も楽しみですね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-04-21 00:16:38
原作を読んでいないのもあるのかもしれませんが、かなり面白かったです。

なんか続編も決定しているみたいですね。
楽しみです。
カイジ好き (ふじき78)
2011-04-23 09:25:14
カイジは公開当時、そんな評判良くなかったんですよねえ。好きなんですけど。

原作は絵が絵なんでエロい方向には進まないんですが、せっかく本当の人間が演じてるのだから、しくじった天海祐希さんがソープに沈んで、そのスピンオフで90分とかやってもらいたい(いや、それはもうカイジじゃないって)
TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-24 17:32:20
久しぶりに面白いなぁ~と素直に思える
作品でした。無意味な人生…生きるんだと
生を渇望する主人公に前のめりに見入って
しまいました。
でも、冷静に考えるとこんな事態を招いた
事を反省しないといけないのですが…
続編の公開を期待したいです。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-04-24 18:34:40
公開当時、評判悪かったんですか?

自分、原作は未読ですけれど、かなり面白かったです。
原作ファンは何かが違うと感じたのか??

天海祐希のソープ嬢って、なんか観たい様な観たくない様な・・・微妙^^;
>シムウナさんへ (ヒロ之)
2011-04-24 19:36:50
コメント有難うございます。

面白かったですよね。
邦画で余り、心から面白かったと思える作品には出会えない中、これはかなり健闘していたように思えます。

演技も素晴らしかったですが、場面毎にしっかりと緊迫した雰囲気が出ていたのが実に良かったですね。

続編・・・私も是非観たいですね!

邦画サスペンス」カテゴリの最新記事