銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アイアムアヒーロー

2016年11月03日 13時46分14秒 | 邦画ホラー
2015年
日本
127分
ホラー/サスペンス/ドラマ
R15+
劇場公開(2016/04/23)



監督:
佐藤信介
『図書館戦争 THE LAST MISSION』
原作:
花沢健吾『アイアムアヒーロー』
出演:
大泉洋鈴木英雄
有村架純早狩比呂美
長澤まさみ藪/小田つぐみ
吉沢悠伊浦
岡田義徳サンゴ
片瀬那奈てっこ
片桐仁中田コロリ
マキタスポーツ松尾
塚地武雅三谷
風間トオル千倉
徳井優アベサン



<ストーリー>
平凡な毎日を送る漫画家アシスタントの鈴木英雄。その日常がある日、恋人の異形化により突然終わりを告げる。謎の感染によって、人々は次々と凶暴な“ZQN”と化して…。

ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。

-感想-

原作漫画連載開始当初から私は待ってましたよ。
これこそ実写化するべき漫画だろって。
それ位、その漫画からは面白さを未だに抱き続けています。

スタッフもキャスティングも申し分無いでしょう。
長年待っていた甲斐のある期待通りの色んな意味で多くの楽しみを味わえる作品になっていた。

「てっこ、大丈夫か?」

大丈夫な訳ないでしょうよ、彼女スパイダーウォークしてるじゃねぇかw
襲い掛かる彼女の顔よーく見てみ?
人間の顔じゃないよ化け物の顔だよ!

折角最強の武器となる猟銃を持っているのに、全く使いこなせない英雄。
ビビッてんすか?ww
そう、英雄はビビッているんです。
本職は売れない根暗な漫画家やもん。
突然のゾンビ発生状況にしがない漫画家が臨機応変に対処出来るはずもなし。

この何とも頼れないうろたえてばかりの英雄を大泉洋が素晴らしさ一杯に好演。
ロッカーに隠れていて無線から聞こえる藪の助けを求める声に、いざ男気を見せるのか!て時に、もしかして延々に続くんじゃねぇか的な負のイメージ・トレーニング。
いかに英雄が行動も考えも後ろ向きでヘタレなのかを上手く表現している。
しかし一言、藪の声から発せられたたった一言で、英雄は覚醒し、只の英雄から名前に相応しい真の英雄(ヒーロー)となる。

「藪さん、伏せて!!」
「マ~マ~」

見よ!この凛々しい姿を!!
今までの情けない顔は何処へやら。
キリッと引き締めた顔で一撃必中させる天才的腕前も重なり、ゾキュンじゃなくてゾクッとしたよ、カッコ好すぎて。

漢になるの遅いよ。
でもそれがいい。
それでいいのだ。
何時だよ何時になったら戦うんだよ、その猟銃は飾りか玩具か?と長くヤキモキさせておいての、ヒーロー誕生!!
このヤキモキ時間が長かった分、終盤にてようやく勇ましい主人公がドンッと画面に映った瞬間のカタルシスてのは言葉では表せない最高なものがあるよね~。

ここからの英雄は完全に吹っ切れたのか、自慢の腕で前後から挟み込んで来た大量のZQNを片っ端から撃ち殺していく。
その数、約90体。
凄い、グロい、格好好い怒涛のクライマックス、絶対に目を離すな!

「メガネ、貴方本当の名前は?」
「英雄...ただの英雄です...」

激闘を終え車に乗り込んだ英雄の顔はヒーローから普通のおっさんへと戻っていた。
けど、守るべき人は傍にいる。
疲れを癒している間は平凡以下の英雄。
が、又ZQNが現れた時にはすぐさま逞しい英雄へと切り替わるだろう。
もう迷いはないはずだ。
我武者羅に戦え、守りぬけ、そして自身に言い聞かせろ「アイアムアヒーロー!」

でも、先ずは弾の補充だな。
がんばれ。

続編、こいっ!!!!

今作の美女図鑑

長澤まさみたん、なんて言ってた時期が私にもあったなぁ。
藪ていう名前は「使えない医者」という皮肉から付けられたあだ名。
本名は小田つぐみて事で、彼女をもっとじっくりと観たい方はWEBドラマ版も是非。

今作の有村架純ちゃん図鑑

JK役だよ、くっそカワエエ~~。

こんな接写・・・アカン唇近づけたくなるやんけ・・・ん~チュッ。

この頃はまだ人間。

けどこの時点で感染。

ネコパーーンチ!
相手殴った際のパワーすっげぇです。
だから怒らせるとマジヤバいっす。

好きな食べ物は猫缶。
英雄曰く意外と美味いらしい。

もうここら辺だと感情は出ても、言葉は発せ無くなる。


ほぼ眠り姫状態なので、寝顔が沢山観れるぞ。
しかもむっちゃ可愛い寝顔だから、架純たんファンは萌え萌えキュンキュンだ!

評価:★★★★
16/11/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-11-02
メーカー:東宝

オフィシャル・サイト

関連作:
『アイアムアヒーロー はじまりの日(2016)』(関連WEBドラマ)

切り株画像はこちら

この記事についてブログを書く
« 切り株画像(映画『アイアム... | トップ | クリーピー 偽りの隣人 »
最新の画像もっと見る

邦画ホラー」カテゴリの最新記事