銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ブラック アンド ブルー

2020年11月29日 17時29分38秒 | 洋画アクション
BLACK AND BLUE
2019年
アメリカ
108分
アクション/犯罪/サスペンス
劇場公開(2020/07/24)



監督:
デオン・テイラー
『侵入する男』
出演:
ナオミ・ハリスアリシア・ウェスト
タイリース・ギブソンマイロ・ジャクソン
フランク・グリロテリー・マローン
マイク・コルターダリウス
リード・スコットケヴィン



<ストーリー>
退役軍人のアリシアは故郷で警察官として働いていた。ある日、警察官が麻薬の売人を殺害する現場を目撃した彼女は、口封じのために同僚から追われることになり…。

女性警官が目にした汚職の瞬間、
街のすべてが彼女の敵となる。

「貧困」「汚職」「蛮行」「差別」――信じられるものは何か?
女性警官が不屈の意思で、巨悪に立ち向かう


―感想―

今リアル世界でも結構話題になってるじゃない。
ほら、警官が無抵抗の黒人を射殺するてな事件。
あれを作品に取り入れた感じで、そういう意味でもタイムリーな内容とも言える。

全てを映したカメラを巡って、正義の警官と悪徳警官が鬼ごっこやかくれんぼを繰り広げる、たったそれだけの話なんだけど、これがまあハラハラさせられて面白かった。
特に映像をアップロードさせるか、悪徳警官に撃たれるか、どっちが先になるのかというシーンは冷や冷やドキドキものだ。

味方は自分だけじゃなく、きちんと協力者が居てくれたのも心強い。
体つきがマイクタイソンみたいな男やし。

相棒が裏切り者のみで終わらず、正義を貫き通した主人公の行動に共感を抱いて最後に助太刀致す!は安堵に尽きる。
警官に扮してその場を立ち去ろうとした黒人の姿を見ても見逃してたしね、相棒は汚職に関わる事に本当は乗り気じゃなかったんだろうなあ。

お互いの協力があって最大の危機を乗り切った主人公と黒人大男だっただけに恋の発展?と期待したんだが、おでこにチュッで終いかよ、まあいいや。
実はその後、付き合ってたりして(笑)と勝手に想像しておきます。
とまあ、2人の善人キャラクターは他がクズばかりだから好感度爆上げだったよね~。

物凄くテンポ良く進むし、展開も激しさと緊張感が溢れていて、初めから最後まで目の離せない面白さがあったよ、おススメです!

評価:★★★★
20/11/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-11-11
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト

コメント

この記事についてブログを書く
« ウォーキング・デッド(シー... | トップ | 購入又はレンタルしたCDの記... »
最新の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事