銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ブラック・スワン

2011年09月08日 23時41分40秒 | 洋画サスペンス
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

<ストーリー>
N.Y.のバレエカンパニーに所属するニナは、新作「白鳥の湖」で念願だったプリマを演じるチャンスを手に入れるが…。
<感想>
ひゃ~。
まさかナタリーがこれ程までに狂気に満ちた演技を解き放つとは。

今作でのナタリーの演技には穴が無い。
踊りにも無駄が無い。
完璧と言ってもいいだろう。

母からは大きな期待を背負わされ、芝居監督からは完璧さを求められる。
優等生故の不安。
それをかき消すかのように知らず知らずの間に自傷行為へと走って行く。
何時しか現実と非現実の区別がつかなくなり、漆黒の闇へとさ迷い始める。

鏡というアイテムを用いて幾度となく表現されている追い詰められたニナの心理状態の乱れ。
不気味だ。
不気味だが上手い。
ニナの現状におけるアンバランスな精神具合がジンジンと伝わってくる。

ナタリーの演技で一際目を見張るのが、終盤での初日舞台。
黒鳥を踊る事に未だ自信を持てないニナが、楽屋である行為をした事により、さ迷っていた闇の出口を見付け、絶頂のバレリーナと化すのだが、赤く充血した狂気の眼、フーフーと鼻息を荒くしながら周りを気にせずズンズンと歩む姿に見事な演技力を抱かされた。
こんな恐ろしいと思わせる演技が出来るんだ、と。

舞台の中心に独り立ち、腕に黒鳥の羽がバサッと生え、優雅に踊り切る様の美しさと言ったら言葉では言い表せられないものがある。

「完璧だった」
拍手の渦に飲み込まれながらニナの口から出てきた台詞に私は心震わせ、歓声の中流れ出るエンドロールをじっと見つめながら、ナタリーに絶賛の拍手を送り続けた。

本作により役者としての芝居の幅を広げたナタリー・ポートマン。
今後、彼女が挑む新たな役に期待も膨らむ。
本役を頂点とせず更なる高みを突き進んで欲しい。

最後にもう一つ。
ニナの不安の根源の一つでもあるルロイを演じたヴァンサン・カッセルは只のエロおやじ。
だが、それが良い。
彼だからこその極めたムッツリな変態エロさが、心地よく股間を刺激する。

受賞履歴:
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞主演女優賞<ドラマ部門> ナタリー・ポートマン
2010年 第83回 アカデミー賞主演女優賞 ナタリー・ポートマン

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★
11/09/07ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-07
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

コメント (18)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アウェイク | トップ | アラン-阿娘- »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ムッツリエロ (Puff)
2011-09-09 00:47:47
こちらにも~☆

良かったですよねぇぇ!
ナタリーの演技も演出もホント素晴らしかったです。
私もヒロしゃんと同じような評価を付けましたですヨ。

そうそう、ヴァンサン・カッセル!
ムッツリエロもドンピシャでしたよね。笑
二人のベッドシーンは無くても、接近しているだけで何やらエロさが漂って来ました。
くれいじー♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-09-10 00:05:27
ナタリーに釘付けになりますよね。
素晴らしかった。

バレリーナってどこかロリエロな雰囲気ありません?わたしって、おっさんか…
ニナのおかんは、「キャリー」の母を彷彿しますね。子供には、てんで期待もかけてないし、自分の夢も託していないし「金の援助は出来ないが、好きにやれば-」な母親なんで、娘の負担にはなってないと思うんだけど…。
ヴァンサン・カッセルも、エロ親父っぷりが似合ってた!
廉価版BDが出たら(FOXだもん)買っても…なんて思っちゃう作品でした。
心配 (ふじき78)
2011-09-10 00:18:15
ナタリーが『レオン』の時、

「君は白マチルダは演じられるが、黒マチルダは演じられない」と言われて、Hな事をしなかったのかなあ、とかそんな事に関心があります。
Unknown (KLY)
2011-09-10 02:52:41
ナタリーの本来持っていた清純な白、そして映画さながらに黒の部分を引き出した監督の手腕、そしてそれに見事に応えたナタリー本人、それぞれ全てお見事でした。
観たらオスカーが彼女で納得です。今年は彼女しかいなかったですよ。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-09-10 14:51:38
これは本当に良かったです。

ナタリーの熱演が全てだと言っても過言じゃないでしょうね。
それ位、彼女の演技には圧倒されちゃいました。
見事です

ヴァンサンもまた役に成り切っているというか、なんとも言えないいやらしさが絶妙でした。
彼だからこそ出来るむっつりスケベ演技でございました
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:04:42
映画というよりナタリーの演技に観入ったって感じですね。
素晴らしかったです。

ふふ。
確かにバレリーナにはロリエロな印象を受けますね。
衣装がそんな感じだからでしょうかね。

ニナの母親・・・何なんでしょうね。
娘を気にしているようで、実は束縛しているような。
自分の気が済むままにニナを動かしているようにも思えます。
それがニナにとっては苦痛だったのでしょうか。
夜遊びや自慰行為とか、いけない行動に走っちゃっていましたものねぇ。

ヴァンサンのエロっぷりといったら。
素じゃねぇの?って思える程、役に染まっていました。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:06:10
うわ~「レオン」の時のナタリーってまだおコチャマじゃないですか~(笑)。

やべっ変な想像しちゃった。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:09:56
ナタリーはこの映画で新たな新境地を切り開いたと言っても過言ではないでしょうね。
狂気に支配されるバレリーナという難しい役を見事に演じ切ってみせたナタリーには心から賞賛を送りたいですね。
圧倒されちゃいましたよ。
Unknown (yukarin)
2011-09-10 23:08:50
その通り、ナタリーの演技は完璧でしたよね。
特にラストはもうトリハダものでしたよ。
芝居の幅を広げたナタリーの今後がまた楽しみですね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 23:18:54
想像以上のナタリーの熱演には圧倒されっ放しでした。
ラストは本当に鳥肌が立ちますよね~。
素晴らしい演技とはこういうものを言うのだと、心底感激した程です。

洋画サスペンス」カテゴリの最新記事