銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ドアマン

2021年09月25日 22時32分52秒 | 洋画アクション
THE DOORMAN
2020年
アメリカ
97分
アクション
PG12
劇場公開(2021/07/09)



監督:
北村龍平
『ルパン三世』
出演
ルビー・ローズ
ジャン・レノ
伊藤英明
アクセル・ヘニー
ルパート・エヴァンス




<ストーリー>
アリは海兵隊の極秘任務で要人護衛に失敗し、除隊してしまう。新たな仕事としてN.Y.の一等地にある高級ビル“キャリントン”でドアマンとして働くことに。そのビルに強盗団が入り込み…。

―感想―

ジャン・レノ演じる男の狙いは顔見知りの爺さんが隠した有名な絵画を奪う事だろ?
それだけの為に大人数で押し寄せる必要ある?
しかも銃器所持で完全武装しているし。
なんか、端から手強い相手と戦う事を前提にして話進めている気がしてならないのだが。

そこが一番引っ掛かったてのがあるし、金に眼が眩んで仲間を殺すてのも理解出来ない。
まだアリは生きていて、追い掛けて来ているのだから、一人で相手するより2人で相手した方が立場的に優勢だと思うんだよな。
殺すなら、邪魔者を排除してからすれば良いのに、一人で歯向かうからそうなる。
勝つつもりでいたんだろうか、これまでの攻防戦観てたら絶対タイマン勝負は不利だと分かるだろうに。

只、最後の一人が手榴弾で吹っ飛び体炎上したままグルグル回る演出は好き。
それとアリにとっては姪っ子となる家族の長女ちゃんが笑った時、すっげえ可愛かった。

B級アクションに毛が生えた程度の出来で、仮に「この映画、北村龍平が監督しているけれど劇場未公開なんだぜ」と言われても納得してしまう位に中身が無い作品だった。
そういや、あの絵画、結局どうなったんだ?

消防隊の件は警報機鳴らされたからと、それは分かるが、警官隊がラスト付近でどかどかと大勢来るのも違和感。
総合的に雑なんだよなあ、戦いの途中で急にアリが過去のトラウマをフラッシュバックさせるのも必要性がまるで感じられない。

評価:★★☆
21/09/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-09-24
メーカー:アット エンタテインメント

情報<カリコレ2021>

コメント

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« PS4版『エイリアン:ファイア... | トップ | やっぱり契約破棄していいで... »
最新の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事