銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ゾンビランド

2011年02月05日 21時24分49秒 | 洋画ホラー
ZOMBIELAND/09年/米/87分/ゾンビ・ホラー・アクション・コメディ/R15+/劇場公開
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン、アンバー・ハード、ビル・マーレイ

<ストーリー>
ウイルスで人類の大半がゾンビになった世界。自らに32のルールを課して生き延びていた引きこもり青年・コロンバスは、ゾンビハンター・タラハシーと出会い…。
<感想>
この作品が大成功を収めたのは、歴代のゾンビ映画にて“やられる人間”の法則を思いっきりパロディにした所でしょう。

ゾンビを二度撃ち

なんてよくよく考えれば真っ当な理論なんだけれど、そういや私もゾンビゲームで一発しか撃たず噛みつかれた事なんてあったっけ。

油断が危険を伴う

これを32のルールとして実に細かく振り分けており、一つ一つに「うんうん」「そうそう」なんて納得しちゃいました。

安息の地を目指す4人の性格もバラバラなんだけれど、それが逆に場の空気を柔らかくしていて楽しそうな雰囲気を味わせてくれます。

それと終盤で舞台を遊園地に移したのは大正解。
乗り物に乗りながらのゾンビシューティングなんて画的に楽し過ぎるっしょ。

苦手なものを克服して、ルールまで破って、やっと男になった胃弱のコロンバスくん。
ウィチタの髪をさり気にかき上げちゃって、念願のキスまでも。

やるなぁコイツ

童貞でも生きてりゃ良い事もあるさ。

『リトル・ミス・サンシャイン』で、ドテッ腹な少女を演じていたアビゲイル・ブレスリンちゃんは好い感じの女の子に成長してくれていて、おっさんとしては将来の楽しみが増えたよ。

さて、最後に何と言ってもビル・マーレイ。
良い意味で雑な扱いされていて可笑しかった。
本人役で出演し、更に『ゴーストバスターズ』の真似事までさせておきながらのあの扱い。
死んでも笑われる情けなさ。
しかし彼から学んだ事は大きい。

≪ゾンビの真似して生きている人間に近づくな≫

これは新たにルールとして入れるべき重要素!!(爆)

トゥインキーってメッチャ甘いらしいよ。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
11/02/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-04
メーカー:日活

関連作:
『ゾンビランド(2009)』
『ゾンビランド:ダブルタップ(2019)』

コメント (14)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ナイト&デイ | トップ | ビッチ・スラップ 危険な天... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maki)
2011-02-06 16:44:50
冒頭のスロモが笑えましたね~

あと、ルールがうなづけちゃうところ
デブは真っ先にやられる、からして笑ってしまった。私生き残れません(笑)
個人的にはもう少し遊園地の遊具を使ったゾンビたちとのアレコレがみたかったですね
ゾンビと遊園地という面白いアイデアがあるのに惜しいと思います
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-02-08 17:51:11
こちらにもコメント有難うございます。

ルールを説明しながらの冒頭シーンですよね。
あれはスローにしたからこその面白さがあったんでしょうね。

僕は有酸素運動が足りないから、絶対捕まりますね(笑)。

ですね。
私も遊園地のアトラクションを使ったゾンビ退治をもっと観たかったです。

それでも何か楽しい作品ではありました。
Unknown (ふじき78)
2011-02-08 23:20:29
こんちは。
私もデブなんすが、アメリカみたいにだだっ広くて平たい場所だったら、マラソンよりセグウェイを使って逃げると言うのは割とありなんじゃないかという気がします。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-02-10 01:51:16
こんばんは~。

セグウェイ!!

懐かしいですね~。
私はガリなんですけど、有酸素運動不足なんで、逃げ切る自信は全くありません^^;
トゥインキー♪ (Puff)
2011-02-12 12:50:14
キャストがツボでしたよねぇぇ!
ジェシー・アイゼンバーグ、平凡で冴えない役がぴったりだったし、
ウディ・ハレルソンがカッコ良かったですよね。
蛇ジャケもとっても似合ってましたあ!

トゥインキー・・・
この映画を観たら激しく食べたくなりました!
アメリカへ行ったら是非とも食べてみようと思うのですが、
行く予定は全く無いです・・・ふ・・・
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-02-14 23:47:43
そうですね!
キャスティングが絶妙でした。

あの4人だからこその面白さがありましたよね~

トゥインキーはめっちゃ甘いみたいですよ。
日本人の舌には合わないっていうのを他ブロガーさんが体験して語ってらっしゃいました。

日本では売っていないみたいですし、どんなものなのか分かりませんが、あそこまで「食べたい!」って言われたら、何か無性に食べたくなりますよね~
Unknown (yukarin)
2011-03-09 11:27:18
ゾンビ映画はあまり好きではないんですが
これは面白かったですねぇ。
ビル・マーレイが最高でしたわ。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-03-09 22:51:15
これはホラー系、特にゾンビ映画が苦手な方でも観れる作品ですね。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』に近い雰囲気を持つコメディ映画って感じでしょうか。

マーレイ・・・流石大御所(笑)
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2011-06-23 01:09:30
個人的にコメディは苦手なほうですし、できればホラーはシリアスであって欲しいんですけど
今作は結構楽しく観れました。
まぁ何といってもビル・マーレイが素晴らしいです!
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2011-06-23 23:01:04
コメントありがとうございます。
これは異色のゾンビコメディで面白かったです。
アイデア勝ちじゃないでしょうか。
大物を酷く扱う所からしてユーモア効きすぎてます。
楽しめました。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事