銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

キャリー(2013)

2014年03月12日 15時13分29秒 | 洋画ホラー
CARRIE
2013年
アメリカ
100分
ホラー/学園
PG12
劇場公開(2013/11/08)



監督:
キンバリー・ピアース
原作:
スティーヴン・キング『キャリー』
出演:
クロエ・グレース・モレッツキャリー・ホワイト
ジュリアン・ムーアマーガレット・ホワイト
ジュディ・グリアデジャルダン
ポーシャ・ダブルデイクリス
アレックス・ラッセルビリー
ガブリエラ・ワイルドスー
アンセル・エルゴートトミー



<ストーリー>
辛く孤独な日々を送る高校生・キャリーはある日、念じるだけで物を動かせる能力があることに気付き…。

-感想-

アハハハハハ!
やっちまえ!!
殺しちまえ!!

俺たちのクロエたんを苛めた罰だ!
当然の報い。
スカッとした!!

出来ればあのイカレポンチ女は四肢バラバラにする位に八つ裂きにしてくれても良かったのにな。
あの程度の死に方で終わった事には寧ろバカ女はクロエたんに感謝するべきだ。

オリジナルのシシー・スペイセクには悪いが、そりゃあ大好きなクロエたんが怒りを爆発させて超能力を駆使しながら虐殺しまくる方が興奮するに決まっている。
私自身のテンションの上がり方も全然違ったなぁ。
あ、いやオリジナルも相当テンションは上がったのだが、なんだろう、同じテンションの上がり方でもこちらのキャリーの方は“クロエたんだから”てのがある程度私の同情心含めたあらゆる気持ちを大きく揺れ動かしてくれる一つの切っ掛けにもなった為だろうか、また違ったテンションの上がり方になっちゃったんだよね。

そもそも、あんなにも可愛いクロエたんがあそこまで皆からのけ者にされて嫌われて苛められている事(可愛過ぎて嫉妬してるんじゃねぇの?)に半端なく(何故か私が)激高してしまったし、あぁ私がクラスメートなら全力で味方になってあげるのになぁと思い続ける末での、豚の血全身浴びが訪れた瞬間には「キターーーーーー!」と、さあクロエたん心行くまでやっちゃって!!と拳を力強く握り締めながら、どう復讐していくんだろうという、期待の膨らみが最高潮に達し、最初に書いたように「やれ!やれ!ぶっ殺せ!!」と気分が踊りまくってしまった事は言うまでもなし。

クロエたんがキャリーを演じてくれた事でここまで大盛り上がりしたのは確かな結果。
これが他の女優さんだったら、それほど(まぁオリジナル程度の)小さな盛り上がりで終わってたかもしれない。

なんか良く分からん文章になってしまったが、とりあえず何が言いたいのかというと

クロエちゃんLOVE!!

って事で、好き過ぎるが故にオリジナルとはまた違った楽しみ方が出来たのでした。
多少クロエたん補正あっての評価だが、楽しみ方は人それぞれだし、良いやんね。

そういや、ラストに(オリジナルでは話題になった)ビックリ演出が無かったけど、そこまで忠実に再現する必要も無いと思うので、これはこれであり。

今作のクロエちゃん大図鑑

可愛い

可愛い

良い表情だ

これも良い表情

ぐうかわ

素晴らしい演技

嫁になってくれーーーーーーーー

評価:★★★★
14/03/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-03-12
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:『キャリー(1976)』(オリジナル)※個人的評価:★★★☆

コメント (10)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« サイトシアーズ ~殺人者の... | トップ | レッド・ドーン »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2014-03-12 16:51:40
一部、クロエちゃんの鼻の穴が気になって仕方ない長いシーンなんかがありましたが
リメイクとしてはなかなか良く出来てたほうだと思います
でも、同じキャリーならオリジナルのほうが好きかな
本作は、超能力を持った女の子の青春ホラー的な感じで、
面白かったけどクロエちゃん補正がかかってた気もします
もっとも、クロエちゃんじゃなかったらここまで面白く出来てたかは別ですね!
オドオド演技が良かったですね~ あの、プールのシーンでのみんなと一緒に少しだけ笑ってみるとか、絶妙なシーンでしたがそんな細かい所からでもさびしさが伝わってくるのでした
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-03-12 17:14:28
こんにちは!

あのプクッと鼻の穴を広げる所がまた可愛いんですよ。
て、私だけか?(笑)
まぁ確かに私自身もクロエちゃんだからここまで応援しながら観れたってのはありますね。
他の女優だったらどうだっただろうってのはあります。
好きすぎると駄目ですな。
評価がガラッと変わっちゃいますよ。
ストーリーも良かったんですよね。
これも私が楽しく観れた要素にも繋がっていました。
流石にクロエちゃんが可愛いからといって、内容がショボ過ぎたら話しになりませんからねぇ。
いやぁそれにしてもクロエちゃんはどんどん綺麗になっていくし、演技も上手くなっていくし、ファンとしては嬉しさいっぱいです。
Unknown (ふじき78)
2014-03-12 23:13:51
映画としては全然オリジナルをプッシュするんだけど。

クロエちゃんは外人だから、可愛いだけでいいなら、きゃりー・ぱみゅぱみゅの主演がいいな。変な服着て虐められるキャリパ。ああ、タンポンを投げつけられるキャリパが見たい。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-03-13 01:17:17
こんばんは!
ま、一般的には大体の人がオリジナルの方を好むでしょうね。
私もクロエちゃんじゃなければオリジナルの方だったと思います。

何故にぱみゅぱみゅさんがここに(笑)
いや、うーん、どうでしょう、観たいかなぁタンポン投げつけられるぱみゅさん^^;
こんばんは (タケヤ)
2014-03-13 22:41:14
あんまりヒロ之さんがクロエちゃん
推し!が激しいので僕も段々ファンになって
きましたよ~(笑)

確かにこの写真大図鑑観てたら
(あーーー可愛い!)って思いますわ。うんうん。

映画についてはもう何も言いません。
ヒロ之さんに完敗です
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-03-13 23:47:00
こんばんは!

アハハ。
すみません。
クロエちゃんの事になると好き過ぎて興奮した記事になっちゃうんです(笑)
タケヤさんも是非、クロエちゃんファンになって下さい^^

いえいえ、今回大した事書いてませんよ。
クロエちゃんLOVEって事しか書いてませんから(笑)
こういうの、いいですねー (momorex)
2014-03-14 21:47:58
わかります、わかります。
お気に入りの人が出ていれば、楽しさは300%増しに。
私にも、昔ありました。彼のカッコいい顔さえ見ることが出来れば、、と(トオイメ) 相手役の女優が未だにあまり好きじゃなかったり、とか。

今はだいぶそういうのは枯れてきました。
ヒロ之さんが羨ましいです。
(と言いつつ、たまに夢にでてきたりしますが)
>momorexさんへ (ヒロ之)
2014-03-15 01:22:15
こんばんは!
コメントありがとうございます。

やっぱり好きな男優、女優が出ていると評価も少し上乗せしちゃいますね(笑)
ただストーリーの出来の良さも当然大事ですけど。

今回のリメイクはあくまでもクロエちゃんが出ているからの4つ星であって、他の女優さんだったらこうはなっていなかったと思います。
Unknown (とら)
2014-03-20 22:48:30
リメイクでもなかなか面白かったと思います。
でも、評判あまり良くないんですよね。

というか、、、、
クロエたんだから、面白いんです!(暴露)

現代版キャリーという感じですね。
いじめやらラストの暴走やらも今風という感じでしょうか。
個人的には、クロエちゃんをもう少しいじめて欲しかったです。
が、いつみても豚の血をかけられる瞬間が一番嫌ですね。

キャリー以上に、ジュリアン・ムーア演ずる母親が怖かったですね~。
>とらさんへ (ヒロ之)
2014-03-20 22:53:42
こんばんは!
そうなんですよねぇ、評判はそんなによろしくないんですよ。
私は、面白かったんですけどね。
ま、クロエちゃんだから!ってのは大きく関係していますけども(笑)

確かにもう少し、いじめるシーンがあっても良かったかもしれませんね。
でも個人的にはあれ以上、大好きなクロエちゃんがいじめられるのを観るのは耐えられないかもしれないので、丁度良かったかもしれません(笑)

あんな狂信的な母親、嫌ですよね~^^;

28 トラックバック

キャリー (あーうぃ だにぇっと)
キャリー@新宿明治安田生命ホール
キャリー (2013)/クロエ・グレース・モレッツ (カノンな日々)
1976年にブライアン・デ・パルマ監督がスティーブン・キングの同名小説を映画化し大ヒットさせた名作ホラー『キャリー』をクロエ・グレース・モレッツ主演にリメイクした作品です。 ...
クロエ・グレース・モレッツ主演、キンバリー・ピアース監督、音楽マルコ・ベラトルミ『キャリー(Carrie)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
スティーヴン・キング原作を再映画化(1976年にブライアン・デ・パルマ監督により映画化)『キャリー(Carrie)』主演はクロエ・グレース・モレッツ、監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピ
『キャリー』 2013年10月28日 明治安田生命ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キャリー』 を試写会で鑑賞しました。 やっぱりクロエはすっかり大人びて綺麗になっている。 【ストーリー】  狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されている女子高生キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。彼女は、激しい興奮...
劇場鑑賞「キャリー」 (日々“是”精進! ver.F)
みんな、地獄へ堕ちろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311080002/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/CARRIE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】キャリー 【Blu-ray】 [ シシー・スペイセク ]...
キャリー (いやいやえん)
ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の...
キャリー(2013)~報復の連鎖 (佐藤秀の徒然幻視録)
いじめと良心の呵責と性と超能力 公式サイト。原題:Carrie。スティーヴン・キング原作、キンバリー・ピアース監督。クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ガブリエラ ...
キャリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエ・モレッツ主演で再映画化。超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇を描くサイコサスペンスで、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー...
「キャリー」(2013年) (或る日の出来事)
有名作品のリメイクだから、どう作っても何かしら文句を言われそうなものだが、それにしては、それほど悪くはなかったと思う。
キャリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) これではオリジナルは越えられない。
血まみれテレキネシス~『キャリー』 (真紅のthinkingdays)
 CARRIE  ハイスクールに通う内気な少女、キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッ ツ)は、性的な物事を忌み嫌う狂信的な母親(ジュリアン・ムーア)に育てられ、 周囲から 「変人」 の烙印を押されていた。プロムも近いある日、そんな...
キャリー (そーれりぽーと)
全然不細工じゃないクロエ・モレッツ版『キャリー』を観てきました。 ★★★ 良くも悪くもクロエ・モレッツのキャリー。 オリジナルのシシー・スペイセクと比べると、どう考えても変人お母ちゃんに虐げられてるだけの、磨けば簡単に光る美人で健康的なキャリーには幸薄さ...
キャリー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月10日(日) 19:25~ 109シネマズ川崎2 料金:1000円(109シネマズデイ) パンフレット:未確認 クロエちゃんでは、可愛すぎるだろ。ジュリアン・ムーアは、非の打ち所が無い。 『キャリー』公式サイト Youtubeが活用される以外は、オリジナルとほ...
『キャリー』 (こねたみっくす)
クロエ・グレース・モレッツ版キャリーは普通に可愛い女の子でした。 やはりオリジナル版キャリーを演じたシシー・スペイセクは偉大な女優でした。そばかすだらけの無表情と痩せ ...
『キャリー』をUCT豊洲6で観て痛恨のミスキャストだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★クロエちゃんが可愛いという罠】 大雑把にそんなに前作デ・パルマ版と変わってはいない。 変わったのはキャリー、キャリーの母ちゃんを除いて、 それ以外 ...
キャリー (だらだら無気力ブログ!)
ジュリアン・ムーアの方が怖い!
『キャリー』(キンバリー・ピアース監督版) (ラムの大通り)
(原題:Prometheus) ----これって噂の『キャリー』リメイク版だよね。 ブライアン・デ・パルマのファンとしては ちょっと複雑ニャんじゃニャいの? 「さすがフォーン。 よく分ってらっしゃる(笑)。 ぼくの長い映画鑑賞歴の中でも あの映画のイメージはひときわ鮮やか。...
ショートレビュー「キャリー・・・・・評価額1500円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ただ、普通でいたかっただけなのに。 スティーブン・キング原作、ブライアン・デ・パルマ監督によるSFスリラーの金字塔「キャリー」の、37年ぶりの劇場用映画としてのリメイク。 今回、シシー・スペイセクとパイパー・ローリーの代表作となった悲劇の母娘を演じるのは...
キャリー(2013年版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:キンバリー・ピアース 出演:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリアポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート 【解説】 1976年にブライアン・デ・パルマ監督の実写版もヒットした、....
キャリー (心のままに映画の風景)
狂信的クリスチャンの母親マーガレット(ジュリアン・ムーア)の過度な束縛により、変人扱いされ陰湿なイジメに晒される日々を送る高校生のキャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。 ある日、クラスメイトのイジメが一線を越え、激しい興奮状態に陥るったキャリーは...
『キャリー』(2013) - Carrie - (momoな毎日)
デ・パルマ監督作のリメイクというより3度目の映画化ということらしい。だから1976年の作品と比べるというのは無粋というもの。・・けれどもねー、1作目がいろんな意味で衝撃的だっただけに、本作が強烈映像の羅列となってしまったことが非情に残念。登場人物の個性は際...
キャリー  監督/キンバリー・ピアース (西京極 紫の館)
【出演】  クロエ・グレース・モレッツ(声:潘めぐみ)  ジュリアン・ムーア (声:潘 恵子)  ジュディ・グリア  (声:弓場沙織)  ガブリエラ・ワイルド(声:早見沙織) 【ストーリー】 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎....
[映画まとめて語り『キャリー(2013)』『おしん(2013)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
      ☆・・・どちらも面白くて、どちらも、母と子の関係がポイントで、作中の時間経過に違いはあるが、過酷な生活の中で、近い年齢でセレブの理解者が出来たりする話である。  『おしん』の方は、  貧しい寒村で、まだ7歳なのに、過酷な奉公に出される少女の...
クロニクルvsキャリー (迷宮映画館)
クロニクルの圧勝!
キャリー・リメイク (こわいものみたさ)
『キャリー』  Carrie 【製作年度】2013年 【製作国】アメリカ 【監督】キンバリー・ピアース 【主演】クロエ・グレース・モレッツ 【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 地味で冴えない高校生のキャリーは、学校では笑い者にされ、家では狂信的な母親...
キャリー (Sato's Collection)
見ました。 学校ではいじめられ、家庭では狂信的な母(ジュリアン・ムーア)に監視されて、孤独な日々を送る高校生キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。ある日、彼女は念じるだけで物を動かせる“能力"があることに気付く。その謎の力に戸惑う中、突然憧れのト...
『キャリー』リメイクしちゃったの…? (@KOBAのムービー!ムービー! )
『キャリー』CARRIE(2013年アメリカ) 監督          キンバリー・ピアース 脚本          ロベルト・アギーレ=サカサ 原作          スティーヴン・キング 出演          クロエ・グレース・モレッツ        ....
BD「キャリー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
オリジナルは伝説となったホラー。 とはいってもジェイソン系の殺人鬼の物語ではない。 劇場公開時に見逃してしまい、BDにて観賞。 ** クロエ・モレッツ、ジュリアン・ムーア * 狂信的なクリスチャンのマーガレット・ホワイト(ジュリアン・ムーア)に 虐待気味...