銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

バイロケーション

2014年07月21日 01時22分43秒 | 邦画ホラー
2013年
日本
119分
ホラー
劇場公開(2014/01/18)



監督:
安里麻里
『ゴメンナサイ』
原作:
法条遥『バイロケーション』
脚本:
安里麻里
主題歌:
黒夢『ゲルニカ』
出演:
水川あさみ桐村忍
千賀健永御手洗巧
高田翔加賀美榮
滝藤賢一加納隆
浅利陽介高村勝
酒井若菜門倉真由美
豊原功補飯塚誠



<ストーリー>
自分の近くに発生するもうひとりの自分、ふたりの自分が“ひとつの人生”を奪い合う。

バイロケは、
もう一人の自分。
必ず、本物を、殺す。


-感想-

鑑賞者を混乱に導く映画、それが『バイロケーション』。

推理小説・映画が大好きで謎解きが得意な人。
又は理解力に長ける人向きの作品かな。

面白いっちゃあ面白いんだけど(展開に引き込ませる魅力はある)、頭の中で整理する前に終わっちゃうので、半分分かって半分分からなかったような、こうモヤモヤッとした気持ちは残る。
ぶっちゃけ結構、ややこしい話の作り。

ポイントは鏡と加賀美・・・かな?

普段、何も考えずにホケェとした顔でアホな映画を好んで観ている私としてはスッキリとした気分で観終える事の出来る作品じゃなかった。

全てが理解出来た人は(どんでん返しの大きさに)より深く唸らされる作品じゃないかなぁ。
評価するのが難しいが、納得して観終えてたら★4つは付けても良いかも。
「?」が多かった私は★3つで(笑)

結果的には浅利陽介演じる高村勝が一番可哀想。

評価:★★★
14/07/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-07-02
メーカー:KADOKAWA 角川書店

オフィシャル・サイト
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ジャッジ! | トップ | バッド・アス ジャスティス... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-07-21 09:32:25
滝藤賢一が美味しい役だったと思います。
Unknown (ポワン)
2014-07-21 23:04:47
いつも楽しみに拝見させていただいています。

面白かったです。というか、最後は切なすぎかな。

前半で刑事のバイロケを「これでもか」と凶暴に見せていたのは、
酒井若菜や水川あさみのバイロケを際立たせるためだったんですね。
酒井の方は、子どもを不憫に思って(あるいは看病疲れ?から)
わずかでも我が子に殺意を持ってしまうオリジナルと
ただ我が子を愛して、殺意があるオリジナルから守りたいと思うバイロケ。

思うような作品ができずいらだち、「もうこんな状況から逃げ出したい」と思いつつも、いじになって抜けられないオリジナルと
「抜け出したい」と思った気持ちから優しさや人を愛する気持ちを強く持つようになって幸せを手に入れる寸前までいった水川のバイロケ。

ドッペルゲンガーと多重人格ものを足してうまく味付けしたような良作だったと思います。

それにしても
忍さん(水川あさみ)、死ぬことはないじゃんよ!
って思いました。

銀幕大帝さんが言うように
加賀美くんは「鏡」なんでしょうね、多分。
彼には目の前の対象がオリジナルかバイロケかを見分ける能力があるんだと思います。

銀幕大帝さん、
これからも面白い作品を紹介してください。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-07-22 01:57:11
こんばんは。
そうですね。
ふじきさんがブログに書いてらっしゃったように滝藤賢一は美味しい役だったと私も思いました。
>ポワンさんへ (ヒロ之)
2014-07-22 02:11:18
こんばんは!
はじめまして。
コメントありがとうございます!!
そしていつも私のようなブログを拝見して下さって大変嬉しいです^^

この作品はきちんと内容を理解出来たらとても面白いと感じる作品でしょうね。
私は残念ながら理解力が乏しいので^^;半分くらいしかきちんと理解出来なかったのですが、それでも展開にはグイグイと引き込まれました。
ラストのどんでん返しも良かったですし、仰るようにラストの切なさも中々のものだと思いました。

それぞれのオリジナルとバイロケーションの考えが異なるというのも斬新な設定でした。
バイロケ=全てが悪、ていう訳ではないという部分が酒井さんのシーンではっきり見て取れました。

ラストはどう締めくくるのかと見ていましたが、まさかの自殺でしたね。
ほんと、死ぬ必要はないのに・・・と、胸が痛くなる思いでした。

加賀美くんの存在は「鏡」そのもだと私も思いました。
彼がこの作品において一番のキーパーソンではないでしょうか。

オリジナルとバイロケが同時に出てくると、どっちがどっちか頭が混乱しまくったのですが、話そのもはうまく作られていて好感が持てました。

鑑賞本数は年々少しずつ減っていますが、時間があればなるべく多く、話題作からB級作まで幅を広げて鑑賞して記事にしていく姿勢は変わらず続けていきますのでこれからも宜しくお願いします。

邦画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

【バイロケーション 表】分裂した自分 (映画@見取り八段)
バイロケーション 表    監督: 安里麻里    出演: 水川あさみ、千賀健永、高田翔、滝藤賢一、浅利陽介、酒井若菜、豊原功補 公開: 2014年1月18日 2014年1月22日。劇場観賞 原作は法条遙氏の同名ホラー小説。未読です。 公開後最初のレディスデイなのに、私...
バイロケーション 表  監督/安里 麻里 (西京極 紫の館)
【出演】  水川 あさみ  千賀 健永  高田 翔  滝藤 賢一 【ストーリー】 結婚後も画家を夢見て、キャンバスに向かう日々を送る高村忍。ある日、スーパーでニセ札使用の容疑を掛けられたことから、見た目はうり二つだが全然違う別人格の“バイロケーション”(通称バ...
試写会「バイロケーション」表 (日々“是”精進! ver.F)
“共存”は、可能なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401140001/ 【送料無料】バイロケーション [ 法条遙 ]価格:700円(税込、送料込) 【送料無料】バイロケーション スプリット [ 法条遥 ]価格:630円...
『バイロケーション』 裏より先に表を観よう! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『バイロケーション』の宣伝の上手さには感心した。  ほぼ同時期に公開された『大脱出』の宣伝に眉をひそめていただけに、『バイロケーション』の宣伝は対照的に思われた。  『大脱出』は往年のアクション映画の巨星シルヴェスター・スタロ...
バイロケーション(表) (佐藤秀の徒然幻視録)
ホラー版智恵子抄? 公式サイト。法条遥原作、安里麻里監督。水川あさみ、浅利陽介、豊原功補、マイコ、千賀健永、高田翔、滝藤賢一、酒井若菜。バイロケーションはドッペルゲンガ ...
『バイロケーション』 2013年12月26日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バイロケーション』 を試写会で鑑賞しました。 意外と面白かったよ 【ストーリー】  結婚後も画家を夢見て、キャンバスに向かう日々を送る高村忍(水川あさみ)。ある日、スーパーでニセ札使用の容疑を掛けられたことから、見た目はうり二つだが全然違う別人格の“...
『バイロケーション(表)』を角川シネマ新宿1で観て、おおおおおおおおふじき★★★★(一部ネタバレ的) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おおおおおおおお騙された】    原作小説未読。 おら凡人だから素直に騙されただ。 役者は誰もが熱演してるけど、特に滝藤賢一が凄い。 酒井若菜が ...
バイロケーション [表]/水川あさみ (カノンな日々)
『リアル鬼ごっこ』シリーズの安里麻里監督が第17回日本ホラー小説大賞長編賞の法条遙さんによる同名小説を映画化したサスペンス・ホラー・ムービーです。なんでも[表]版と[裏 ...
映画 バイロケーション (裏) (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画      ◆ 法条遥原作   バイロケーションのタイトルに「表」と観て   暫くしてから「裏」を観ましたが   同じ映画を2度見たような感じで、1度目...
映画 バイロケーション (表) (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画      ◆法条遥原作   バイロケーションのタイトルに「表」という文字が付いているということは   「裏」も存在するのでしょうか?   ジャンルは、...
バイロケーション・表 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) チョイと斬新な手法を受け、ラスト別バージョンも気になる。
バイロケーション (いやいやえん)
レンタルDVDなので、「表」のほうです。 「シックス・センス」を超える、衝撃的な結末!というにはお粗末でした。 忍はバイロケーション、通称バイロケと呼ばれる自分と同じ容姿をもち、凶暴な性格をもつモノがあることを知る。バイロケ被害者の会につれてこられた...
バイロケーション「表」★★★ (パピとママ映画のblog)
自分の近くに出没するもう一人の自分“バイロケーション”に命を狙われるヒロインを、テレビドラマ「シェアハウスの恋人」などの水川あさみが一人二役で演じるホラー。画家になるため奮闘する若い主婦がもう一人の自分に遭遇し、オリジナルよりも凶暴なバイロケーションの...
バイロケーション 表 (だらだら無気力ブログ!)
『裏』は観に行かなくてもいいかな。
バイロケーション 表 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月28日(火) 20:00~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 イライラする 『バイロケーション』公式サイト ドッペルゲンガーみたいな奴。 ドッペルゲンガーのように勝手に現れるのでなく、何らかの意思の作用が働いて出...
[映画まとめ語り『バイロケ』『美ら海』『マラヴィータ』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今日、私のお店、前半が暇だったので、DVDで『トゥモロー・ワールド』見たんですけど、良かったっス!! トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD] クリエーター情報なし ポニーキャニオン    ◇  ・・・『沖縄美ら海...
バイロケーション 表 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
水川あさみさん主演の和製ホラー 「バイロケーション 表」が公開されました ので観に行ってきました、こちらは結末が 2種類あり、時間差で表と裏が順次公開される という事、観たのは先に公開された表のほうに なります。 バイロケーション Blu-ray 最恐・エディション(ス...
バイロケーション (我想一個人映画美的女人blog)
バイロケは、人間が相反する感情で精神的に引き裂かれた時に発生する 夏、まっさかりお盆 ってことで、こわーいホラーでも、、、、と思ったけど これ、ぜんぜん怖くないホラー。(いや一応ジャンルはホラーだけど、、、、) このblogでも何度か登場してる友人の...
バイロケーション (こわいものみたさ)
『バイロケーション』 【製作年度】2013年 【製作国】日本 【監督】安里麻里 【主演】水川あさみ    【イントロダクション】 by Amazon.co.jp ある日、スーパーでニセ札の使用容疑をかけられた忍。10分前の防犯カメラには、いるはずのない自分が映し出...