銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アラジン

2019年10月16日 19時35分49秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
ALADDIN
2019年
アメリカ
128分
アドベンチャー/ファンタジー/ミュージカル
劇場公開(2019/06/07)



監督:
ガイ・リッチー
『キング・アーサー』
脚本:
ガイ・リッチー
出演:
メナ・マスードアラジン
ナオミ・スコットジャスミン
ウィル・スミスジーニー
マーワン・ケンザリジャファー
ナヴィド・ネガーバンサルタン
ナシム・ペドラドダリア
ビリー・マグヌッセンアンダース王子



<ストーリー>
自分の居場所を探す貧しい青年・アラジンは、自由を求める王女・ジャスミンと、3つの願いを叶えることができる“ランプの魔人”ジーニーと出会う。

その願いは、心をつなぐ。
そして――世界は輝きはじめる。


―感想―

なんだこれ、ミュージカルじゃねえか。

解散!!!!

ん?

( ,,`・ω・´)ンンン?

ちょっと待て・・・

(*‘∀‘)ポワッ

びじーーーん。
このおねえさん、めっちゃびじーーーん。

急に観る気が高まってきましたぞ。

やっぱヒロインは美人じゃないと。

アラジンはパッとしない顔。
王女様と釣り合わんだろ、俺と代われ!

そっかそっか、顔じゃねえよな、ハートだよな。
優しさこそが女性の心をも掴むのよ。

きーーーーっ<`ヘ´>俺だって、3つ目の願いでジーニーを解放してやるもん!!←はい、うっそ!100パー自分の事に使うよこいつ(テヘヘ(^。^)(一一")何わろてんねん)

女王様以外だと猿が良かった。

さるーーーーっ。
アラジンに対する絶対的忠誠心、そこからくる大活躍、なんてまあ愛らしい猿だ事で。
ドラム叩いたりもするし、しっかりと調教されてるんやねえ。

は?CG?

そんな夢を壊すような事言うなよ、本物の猿が全部やっているでいいだろ。
まあ内心俺も「んなバカなw」て思ってますけど(思ってるんかい!)

吹き替えで観たけど、山ちゃんは流石のマシンガントークやね。
ほんとこの人は上手い、頭が下がります。
声だけできちんと喜怒哀楽を出せるのがほんまもんの才能、正に7色の声を持つ男、アッパレ。

出だしでいきなり歌い出したものだから、これどうしようかなて頭抱えたけど、物語は素晴らしく良かったです。
けど、ミュージカルはいらね。
歌いながら行動するとか意味分からん(俺は、だけど)。

ランプ以外は手を触れるな!ゆうてたけど、結構他のものに触ってたような気が(絨毯はOKなのか?)。

あと、オウム、ウザイ。
丸焼きにして食うぞこらっ。

評価:★★★☆
19/10/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-10-09
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

オフィシャル・サイト

関連作:
『アラジン(1992)』(アニメ版)

コメント

この記事についてブログを書く
« X-MEN:ダーク・フェニッ... | トップ | ウトヤ島、7月22日 »
最近の画像もっと見る