銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ロボット

2012年10月07日 23時55分42秒 | 亜細亜アクション
ENDHIRAN/10年/インド/139分/SFアクション・コメディ/劇場公開(2012/05/12)
-監督-
シャンカール

-出演-
*ラジニカーント
*アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン
*ダニー・デンゾンパ
<ストーリー>
天才科学者・バシー博士によって生み出された高性能ロボット・チッティ。人間の感情をも理解するようプログラムされた彼は、博士の恋人を恋愛対象として認識してしまい…。

ワケわからんが面白い

<感想>

これまでインド人が撮ったハリウッド映画、もしくはインド人が出ているハリウッド映画は観た事があるけれど、正真正銘のインド人によるインド映画を観るのは初めて。
勿論、大有名である『ムトゥ 踊るマハラジャ』も観た事が無い。

いやぁ面白かったよこれ。
結構話題になっていたので興味本位で借りてみたんだけれども、ハチャメチャ加減がかなり痛快だった。
内容もアクションものだったってのもあってか自分の好きなジャンルの一つだし、最後まで飽きずに観れましたなぁ。

技術的に観れば若干中途半端なVFXではあるが、愛着が持てる範囲に出来上がっているので問題なし。

序盤の走行列車内での大乱闘、終盤でのロボット軍団合体による大暴走など、アクションシーンは全てぶっ飛んだ勢いを炸裂させていてかなり楽しかった!

人質のヒロインが乗っているにも関わらず問答無用に車目掛けて銃を撃ちまくるインド警察の無茶苦茶さ。
あれだけ撃たれまくったのに全く無傷だし、色んな意味で笑えてしまう。

敵アジトに潜入した主人公を見破る為に、ロボット軍団の首を一斉に回転させて様子を探るシーンとかちょっとした笑いを入れている所も良い。

ワクワクさせたり、クスッと笑わせたり、後半での巨大な球型や人型に変形して目茶目茶に破壊と殺しの限りを尽くすシーンでは童心に返った気分でウキウキしながら観れたりと、きちんとした娯楽作品になっている部分には好感触を得ました。

ストーリーも単純だし、これは映画好きな人ならすんなりと受け入れられる作品じゃないかなぁ。

インド映画といえばダンスシーンがある事は百も承知で観ていましたが、あれって唐突に始まり出すんやね(笑)。
どうでも良い感じに自分的にはなるのかと思っていたけれど、結構美しさと踊りの上手さが際立っていて魅入っちゃうものはあったな。

軽く二時間越えの内容ではあるけれどそんなに苦には感じませんでした。
私みたくインド映画を観た事が無い人はチャレンジしてみてもいいかもよ。

評価:★★★★
12/10/06DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2012-10-03
メーカー:角川書店

コメント (16)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ダーク・シャドウ | トップ | キラー・エリート »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にいな)
2012-10-08 21:58:01
面白かったねー。
もう口がポカーーン・・・とことん突き抜けてて、思いも浮かばないアイデアに「やられた・・・」インド映画のパワーをひしひしと感じたよ。

何も考えずに心のそこから楽しめた映画でした。
インド初体験 (sakurai)
2012-10-09 16:21:09
おめでとうございます。
これで大丈夫だったら、がんがんいけますよ。
踊る奴がすぐに頭に思い浮かびますが、「ボンベイ」とか、「モンスーン・ウェディング」とか、なかなかの良作もありますよ。
やっぱミラ・ナイールの作品がいいです。
「スラムドッグ・ミリオネア」はよかったですね。

この映画も、ただのバカ騒ぎってんじゃなくて、結構哲学的な部分もあって、さすがインドだなあと。
>にいな姐さんへ (ヒロ之)
2012-10-09 22:49:09
こりゃあ面白かった!
ほんと何も考えずに心の底から楽しめる娯楽作やね。
今回初めてのインド映画でしたけれど、流石世界で一番映画を撮っている国だけの事はあるなぁって思える程のパワーを感じましたよ。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-10-09 23:23:08
映画歴長いですけど、ようやくインド映画初体験でした。
これからはがんがんいけますかね?
どうしてもインド映画といったら踊りに結びついてしまうので、それがあってか敬遠してたんですが、ちょっと他のも観てみましょうかね。
でもどれも時間が長いってのがまた引っ掛かっているんですが、本作も軽く2時間超えしてたのに全く苦にならなかったですからねぇ。
面白い映画って時間も気にせず観れるものなんだなぁって改めて思いましたよ。
インド映画恐るべし!
こんにちは♪ (maki)
2012-10-10 09:30:25
「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」が私のインド初体験でしたが、これも面白かったですね
サナが好き!という原動力とダンスは見事でしたねー
前半部のダンスシーンがことごとく削られていて(けずられているのが丸分かりだったり)そこは残念ですが、とにかく仲直りして好き!とかやっぱり好き!とか踊ってるらしいです(笑)
出来れば、劇場公開版ではなくて、177分の完全版が見たかったですね~
チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナも150分以上ありますが面白かったので、次あたりにどうでせうか?
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-10-11 00:35:27
こんばんは!

makiさんは既にインド映画はご覧になられているんですね。
DVD版は不自然な画の繋ぎ方がちょくちょく見られたのですが、そこはダンスシーンを削っていたんですね。
本編では何回かダンスシーンが観れましたが、どれも華やかさがあって楽しかったです。
私も完全版が観たかったなぁ。
『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』ですね!
また機会があれば借りて観てみますね。
こんにちは♪ (mezzotint)
2012-10-13 11:50:30
ヒロ之さん

またまた遅くなってすみません!
私も初インド映画でした。噂には聞いていましたが、
なかなかリズム感もあり、退屈せず観れました。
あの動き、フォーメンションというそうですが、、、。
あれが凄かったですね。とにかく驚きの連続でした。
>mezzotintさんへ (ヒロ之)
2012-10-14 14:15:33
こんにちは!
コメント何時も有難うございます。

退屈しない映画でしたね。
私もインド映画初挑戦でしたが、こんなにも楽しい気分を味わえるとは思いもしませんでした。
アクションは驚きの連続でしたね^^
愉しい映画でした (morkohsonimap )
2012-10-14 21:09:34
私もインド映画初体験でしたが
歌と踊りには抵抗はありませんでしたが、

ヒロインが美しい映画でした

楽しいものでしたがチョイ長いような気がしました
完全版ってのがあるようですが、歌と踊りをカットしてるとか、40分もマダ歌と踊りのシーンがあったらどうなっちゃうんでしょうか?
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-10-15 22:03:25
こんばんは!
コメント&TB有難うございます。

私も含め結構インド映画初体験の方多いのですねぇ。

確かにヒロインの方は美しかったです。
インド女性は綺麗な方が多いという印象はありますね。

完全版はこれに踊りがかなりプラスされるのでしょうね。
ちょっと見てみたい気もしますが、余り頻繁にそれらが出てくると鬱陶しく感じちゃうのかしら?

亜細亜アクション」カテゴリの最新記事