銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

うさぎドロップ

2012年02月02日 22時28分40秒 | 邦画ドラマ
11年/日本/114分/ドラマ/劇場公開
監督:SABU
過去監督作:『疾走』
原作:宇仁田ゆみ
脚本:SABU
主題歌:PUFFY『SWEET DROPS』

出演:
◆松山ケンイチ…河地ダイキチ
過去出演作:『ノルウェイの森』
◆香里奈…二谷ゆかり
過去出演作:『あしたのジョー』
◆芦田愛菜…鹿賀りん
過去出演作:『告白』
◆桐谷美玲…河地カズミ
過去出演作:『山形スクリーム』
◆キタキマユ…吉井正子
過去出演作:『時をかける少女』
◆佐藤瑠生亮…二谷コウキ
◆秋野太作
過去出演作:『IZO』
◆斎藤洋介
過去出演作:『牙狼 ~RED REQUIEM~』
◆木村了…鈴木雄一
過去出演作:『ワルボロ』
◆綾野剛…キョウイチ
過去出演作:『GANTZ: PERFECT ANSWER』
◆高畑淳子…杉山由美子
◆池脇千鶴…後藤由起
過去出演作:『20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり』
◆風吹ジュン…河地良恵
過去出演作:『タッチ』
◆中村梅雀…河地実
<ストーリー>
ひょんなことから一緒に暮らすことになった6歳の少女と27歳・彼女なし独身サラリーマンとの共同生活を描く。
<感想>
あぁなんて心が温かくなる映画なんだろう。
もうそれしか感想が浮かんでこなかったです。

最初の葬式での場面こそは親戚一同の冷たい態度にイラッとなりましたが、ダイキチがりんを引き取ってからは、仄々とした雰囲気に包まれていて、2人の姿に癒されっぱなし。

芦田愛菜ちゃんの可愛さは今更言う事でもないかな。
クソ生意気なガキなら引き取った事を後悔するかもしれないけれど、真っ直ぐに生きる可愛らしげな姿、汚れの無い目でダイキチを見つめるりんの眼差しを見ていたら、そりゃあ私でも

「他人の子だけど、他に頼れる所が無い可哀想なこの子を俺が懸命に育ててやる!」

と思っちゃうわな。

本当の母親に会いに行き、彼女からりんに対しての本音を聞き出して、帰りの車の中で怒りを露わにするダイキチの気持ち、凄く分かる。

あんな母親に任せる位なら俺の養女にしてでも育ててみせる

という気持ちがね、グッとくるし、男として格好良い。
もうダイキチの中ではりんの父親になるという決心が出来上がっちゃっているんだろうね。
もうこの頃からりんに対しての想いが他人の子じゃないのよ。
接し方、話し方が本当のお父さんになっている。

そんな矢先に発生する行方不明事件。
ひょこっと帰って来たりんを怒らず泣きながら抱きしめるダイキチ。
≪自分の娘として心から心配したんだよ≫、というダイキチの素直な気持ちの現れが画面に映し出されていなくても雰囲気から物凄く感じ取れて、私も彼の想いと同化するかの様に目から涙を流して感動に浸ってしまっていました。

りんもこの一件でダイキチに対する心の変化があったみたい。

お遊戯会の最後で

「ダイキチ!」

と笑顔で手を振る姿に、ダイキチという人間はりんにとってはもう‘大切なもう一人のお父さん’になっているのがひしひしと伝わってきました。
りんの芝居を優しく見つめ、照れくさそうにするダイキチの表情がまた微笑ましいのよ~。

【血は繋がらないけれど、気持ちは親子】

2人はこれからも楽しく暮らして行くんだろうなぁ。
ほっこりとした余韻に浸りながらエンディングを迎えるこの作品、本当に素敵な仕上がりになっているので是非とも未見の方はレンタルして欲しいものです。

りんが行方不明になった時、怪しい兄ちゃんが出てきたので、やばいやばいと冷や冷やしたんですが、正体が後で判明して、なんでそんな所で自転車乗ってふらふらしてたんだよ!と思わずツッコンじゃいました。
顔が犯罪者っぽいんだもん、ハラハラしたわ。
まさか、そういう繋がりがあるなんて思う訳が無いし(笑)。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★
12/02/02DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-02-02
メーカー:ハピネット
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 赤い珊瑚礁 オープン・ウォ... | トップ | ワイルド・スピード MEG... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-02-03 00:17:59
>照れくさそうにするダイキチの表情がまた微笑ましいのよ~

ほんとにそう!あんな愛菜ちゃんの笑顔見せられたら松ケンだって演技とはいえある意味勝手に笑顔になっちゃうと思うんですよ。そのぐらい魅力があるんです。
ただ最近ちょっと愛菜ちゃんお疲れ気味かななんて思うんですよね。テレビの世界はかなり消耗させてしまいますからね、本人が希望しても周りの大人が彼女の将来を考えてあげて欲しいな。
Unknown (kazoo)
2012-02-03 00:36:54
松ケンの受けの芝居が見事で
ほとんど素なのでは??と思うシーンも多々。
思えばこの作品
彼にとってのパパ予行練習映画になったのやも・・・うふふふふ。
正直見る前は高をくくった部分もあったのですが、そういうのは観ているうちにどうでも良くなってしまいました。素直に可愛い映画でしたよね。

>あぁなんて心が温かくなる映画なんだろう。
もうそれしか感想が浮かんでこなかったです。

うふふふ。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-02-03 00:40:30
コメント有難うございます。

ですよね!
愛菜ちゃんの笑顔見たら誰でもああいう表情になっちゃうでしょう。
演技じゃなくて素なのかもしれませんね。
可愛い子役ですよ。

ちょっと働かせ過ぎですよね~。
まだ本人がちっちゃいから、自分から嫌です!とも言えず、大人がスケジュール組んでいるんだと思いますが、少しTVに出る回数が多いようには私も思います。
同じく彼女の為にももう少し仕事の量を減らしてあげて欲しいですね。
>kazooさんへ (ヒロ之)
2012-02-03 00:50:34
こちらにもコメント有難うございます^^

松ケンの演技良かったです。
頑張るお父さん!って感じで素敵でした。

実生活でも子持ちになった訳ですから、本作に出た事が良い方向に繋がればいいですよね。

私も観るまではどんな映画なのか想像も出来ませんでしたが、こんなにポカポカさせられる作品だとは思いもせず、凄く有意義な時間が過ごせました。
良い映画観たなぁて今でも思ってます。
Unknown (ふじき78)
2012-02-03 21:52:38
杉田かおる路線を狙ってるとしか思えない。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-02-04 00:19:06
わははっ(笑)。
杉田かおる・・・
また、面白い所突いてきますね~。
まぁ、余り無理させないようにお願いしたい限りです。
良い作品でしたよね (そよ)
2012-02-06 12:42:36
松山ケンイチくんの優しさがとってもあったかかった映画

私はりんの母親の気持ちが全く理解できなかったのですが・・・
お腹に子供がいるのに愛さないと決めるなんて
って思いながら観てました


自転車でふらふらしてた兄ちゃん
綾野剛はおっかない雰囲気バリバリ持ってますもんね~
こーいう異常者っぽい役はぴったんこ(大好きなので褒めてます、笑)
でもいい人でよった^^
>そよさんへ (ヒロ之)
2012-02-06 17:48:50
コメント有難うございま~す

本当に温かい映画でした。
心がぽっとなりました。

私もりんの母親の気持ちには賛同出来ません。
自分の子なのに、なんでそんな態度出来る?って思いましたよ。
でも、今の日本ではこういう親が多そうですよねぇ。
我が子を憎む位なら、産むな!その前にHするな!と言いたいです

綾野剛の顔は犯罪者でしょ(笑)。
何か悪い事が起きるんじゃないかとドキドキしちゃいましたよ~。

邦画ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

うさぎドロップ (LOVE Cinemas 調布)
宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GANTZ』、『ノルウェイの森』の松山ケンイチとドラマ「マルモのお...
2011年7月12日 『うさぎドロップ』 ヤクルトホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『うさぎドロップ』 を試写会で鑑賞です。 これは 超お勧め 【ストーリー】  27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だと...
うさぎドロップ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
昔から子役と動物には勝てない大人の役者泣かせだなんてことを言
「うさぎドロップ」子供を引き取って初めて知った子育ての大変さと家族の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青 ...
『うさぎドロップ』 (beatitude)
27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖父の葬儀で、祖父の隠し子りんと出会う。わずか6歳の少女が親戚中から邪魔なお荷物扱いされるのに怒りを覚え、両親や妹の反対を押し切ってりんをひとり暮らしの借家へ連れ帰る。保育園探しに始まり、残業のない部署への異動や、おね....
うさぎドロップ (to Heart)
まわりを見渡せば 世界は愛で溢れてる――。 製作年度 2011年 上映時間 114分 原作 宇仁田ゆみ 脚本 林民夫/SABU 監督 SABU 主題歌 PUFFY 『SWEET DROPS』 出演 松山ケンイチ/香里奈/芦田愛菜/桐谷美玲/キタキマユ/佐藤瑠生亮/秋野太作/木村了/綾野剛/高畑淳子/池脇千鶴/...
うさぎドロップ (あーうぃ だにぇっと)
『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。 今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。 雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。 意味わかんない。
『うさぎドロップ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「うさぎドロップ」□監督 SABU□脚本 林民夫、SABU □原作 宇仁田ゆみ □キャスト 松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、桐谷美玲、キタキマユ、佐藤瑠生亮、       綾野剛、木村了、高畑淳子、池脇千鶴、風吹ジュン、中村...
うさぎドロップ (とりあえず、コメントです)
宇仁田ゆみ著の原作コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜主演で映画化した作品です。 この二人が縁側に並んだチラシを観た時から、観たい~!と思っていました。 二人のクルクル変わる表情と元気な演技に、心がほっこりとするような物語でした。
うさぎドロップ/松山ケンイチ、芦田愛菜 (カノンな日々)
原作コミックは劇場で配布されていたお試し版でしか読んだことはありませんが、現在ノイタミナ枠で放映中のTVアニメにはどっぷりとハマっているところです、これが毎話ジーンと泣 ...
うさぎドロップ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
祖父の幼い隠し子と、その子を引き取る独身男の、涙と笑いの交流ドラマ。原作は宇仁田あゆみの大人気コミックの実写映画版で、「DRIVE」の個性派監督SABUが得意の疾走シーンを ...
うさぎドロップ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
うさぎドロップ [Blu-ray]クチコミを見る独身サラリーマンがひょんなことから“イクメン”に。松ケンが走る、走る!27歳の独身サラリーマン、ダイキチは、祖父の葬儀でりんという名前 ...
うさぎドロップ (佐藤秀の徒然幻視録)
お父さん、あのね 公式サイト。宇仁田ゆみ原作、SABU監督。松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、池脇千鶴、木村了、キタキマユ、風吹ジュン、中村梅雀。祖父鹿賀宋一はジジイになるま ...
うさぎドロップ (花ごよみ)
原作は宇仁田ゆみの同名コミック。 監督はSABU。 27歳の会社員ダイキチを松山ケンイチ、 ダイキチのおじいちゃんの隠し子りんを芦田愛菜。 香里奈、池脇千鶴、風吹ジュン等が共演。 ダイキチ(松山ケンイチ)は祖父の葬式のため実家へ。 そこで祖父の隠し子、 6歳のり...
うさぎドロップ (だらだら無気力ブログ)
宇仁田ゆみの人気コミックスを「GANTZ」「ノルウェイの森」の松山ケンイチ とTV「Mother」「マルモのおきて」の芦田愛菜主演で実写映画化した ハートフル・ドラマ。 ひょんなことから亡き祖父の隠し子である少女を引き取ることになった 独身サラリーマンが、子育てと...
『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。
映画『うさぎドロップ』(お薦め度★★) (erabu)
監督、SABU。脚本、林民夫、SABU。原作、宇仁田ゆみ。2011年日本。ヒュー
『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバタンキューふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。 マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。 椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。 そうだそうだ。昔は ...
うさぎドロップ(2011-066) (単館系)
27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、 祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。 彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、 何と彼女は祖父の隠し子だということで 親族一同がパニ...
「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから (はらやんの映画徒然草)
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら
うさぎドロップ (りらの感想日記♪)
【うさぎドロップ】 ★★★☆  映画(43)ストーリー 27歳の河地ダイキチ(松山 ケンイチ)は、会社では部下からの信頼も厚い働き盛りの独身
『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象 (SOARのパストラーレ♪)
映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。 やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知...
うさぎドロップ (食はすべての源なり。)
うさぎドロップ ★★★☆☆(★3つ) この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました! そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、SABU監督の舞台挨拶がありました! はがきの終了予定時...
うさぎドロップ (Diarydiary! )
《うさぎドロップ》 2011年 日本映画 27歳独身のダイキチは、なりゆきでおじ
うさぎドロップ(感想239作目) (別館ヒガシ日記TB用)
10月2日 うさぎドロップ(感想239作目) 当ブログで鑑賞した映画の感想も239作品を超えて ステキな金縛り&三銃士 王妃の首飾り& マネーボール&スマグラー おまえの未来を運べ& ミッション...