銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ナイトメア・アリー

2022年08月16日 15時28分23秒 | 洋画サスペンス

NIGHTMARE ALLEY

2021年

アメリカ

150分

サスペンス/犯罪

劇場公開(2022/03/25)

監督:
ギレルモ・デル・トロ

『シェイプ・オブ・ウォーター』
製作:
ギレルモ・デル・トロ
ブラッドリー・クーパー
原作:
ウィリアム・リンゼイ・グレシャム『ナイトメア・アリー 悪夢小路』
脚本:
ギレルモ・デル・トロ

出演:
ブラッドリー・クーパー・・・スタントン・カーライル
ケイト・ブランシェット・・・リリス・リッター博士
トニ・コレット・・・ジーナ・クランバイン
ウィレム・デフォー・・・クレム・ホートリー
リチャード・ジェンキンス・・・エズラ・グリンドル
ルーニー・マーラ・・・モリー・ケイヒル
ロン・パールマン・・・ブルーノ
メアリー・スティーンバージェン・・・フェリシア・キンボール
デヴィッド・ストラザーン・・・ピート・クルンバイン

<ストーリー>

1939年のアメリカ。故郷を後にしたスタンは、やがて怪しげで華やかなカーニバルの一座で働き始める。彼はそこで読心術のテクニックを学ぶと、電流ショーをしていた美女モリーを連れて一座を抜け出す。その後、2人は一流ホテルでお金持ちを相手に読心術のショーを披露し成功を収める。ある日、そんなスタンの前に、美しくエレガントな心理学者リリス・リッター博士が現れるのだったが…。(alcinemaより抜粋)

―感想―

<栄光と挫折>

主人公にとって最も相応しい言葉がこれでしょ。

「幽霊ショーはやめとけ」

というありがたーい助言を完全に無視した報い。

後、女なら誰でも良いのかよ、て位に年齢の幅関係なくのすけこまし野郎でしたが、女って浮気に対して妙に勘が良いからねえ。

どの女からも、裏切られ、ポイされての自業自得ぷりには、ざまあwとしか言いようがない。

カーニバルの催し物の一つである獣人ショー。

この獣人に仕立て上げるまでの過程は相当残酷なものなのだけど、堕落した人間が人様の役に立つという一種の伏線がラストへと繋がっていくのは流れとして皮肉と惨めさを感じて面白い。

ある意味救いようのないラストとも見て取れるし、強く印象を与えるラストとも思える。

ま、数々の行いからみても、順風満帆で人生を全う出来るはずもなく、何時かしっぺ返しを食らうだろうと鑑賞者さえも望む事を考えれば、主人公が辿る最悪の運命こそが、「鑑賞者の期待に見事応えた形」だったのかもしれないなあ。。。

幽霊のふりして登場するもバレてひと悶着始まる所から急に描写がホラーテイスト!

ギレルモ・デル・トロ監督の持ち味・得意技がここだけ爆発していて笑って(見入って)しまった。

評価:★★★☆

22/08/16Blu-ray鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

販売開始日:2022-06-22
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連作:

『悪魔の往く町(1947)』

オフィシャル・サイト

 

コメント


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アンビュランス | トップ | 【まだまだ鬼滅の刃人気は衰... »
最新の画像もっと見る

洋画サスペンス」カテゴリの最新記事