銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

赤ずきん

2011年10月19日 21時28分09秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
RED RIDING HOOD/11年/米・加/100分/ダーク・ラブファンタジー/劇場公開
監督:キャサリン・ハードウィック
製作:レオナルド・ディカプリオ
製作総指揮:キャサリン・ハードウィック

出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース、ジュリー・クリスティ

<ストーリー>
ダガーホーン村の少女・ヴァレリーは、親が決めた結婚から逃げるため恋人のピーターと共に村を出ようとするが…。
<感想>
2人のイケメン君を手玉に取る大人版赤ずきんさんのお話やね。
その赤ずきんを演じるアマンダ・サイフリッドが本当に綺麗。
彼女だけ周りから浮いているみたくぽわっと明るいのよ。
まるで闇夜に照らされる満月みたい。
白く透き通った肌に目が吸い寄せられそうでした。

グリム童話「赤ずきん」をモチーフにしている事もあり、きちんと狼との関わりも描かれています。
本作では狼人間として登場。
昼間は人間ですが、赤い月が浮かぶ夜になると凶暴な狼へと変身するのです。

その狼を倒すべく村にやってくるソロモン神父役にゲイリー・オールドマン。
彼もまた以前に狼人間と化した妻を殺した経緯があるらしく、化け物は必ずこの村の何処かに身を潜め、赤ずきんことヴァレリーを常に狙っていると断言し、教会を拠点に狼人間探しを始めて行きます。

さて一体、村人の誰が狼人間なのか。

中盤以降はこれ一点に絞られてくるので、自然と狼人間探しに私も付き合ってしまう面白さがありました。

結構、意外な人でしたよ~。
裏の裏を突かれた感じですかね。
色々と怪しそうな人間が出てくるんですよ。
だから中々、こいつだ!と決められずに最後まで見せられて

あ、な~るほどぉ

と驚かされました。

狼人間の正体が明かされた後、それまでにあった伏線が一気に回収されスッキリ感も一入。
それとソロモン神父の銀の爪がああいう形で役立ってしまうとはね^^

ロマンスよりサスペンス色が強かったので、私的には楽しめた作品でした。

途中、聞き覚えがある曲のイントロが薄らと流れ、「あれ?」と思いつつも確信が持てず、空耳だったのかな?と。
でもエンディングでしっかり流れて「あ!やっぱり」って。
好きなんですよ、この曲。

Crystal Visions by The Big Pink

評価:★★★☆
11/10/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-10-19
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ

コメント (10)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« KING GAME キングゲーム | トップ | マイティ・ソー »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-10-19 23:44:55
色々と不満はあるのですが、とりあえず最後まで誰が狼男だったのかは解らなかったので、その意味では楽しめたとは思います(笑)
3人の恋の行方は…まあいいやww
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-10-20 00:22:53
同じくです。
全く最後まで狼人間の正体が予測出来ませんでした。
その点に関しては上手く作ってあるな、と感じました。
私も恋の行方はどうでもいいです(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2011-10-20 17:48:57
最初からわかってて観ちゃったので、狼人間探しの楽しみがなかったのが残念です^^;
映像はとてもきれいだったのでそのへんは楽しめました。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-10-22 00:24:19
犯人を観る前に知っちゃうと面白さも半減ですね^^;
赤ずきんの世界を上手くアレンジして面白い作品になっていました。
皆怪しい (Puff)
2011-10-23 08:48:57
おはようデス~☆

そそ、謎解きの面白さがありましたね!
まさかあの人が・・・と正体分かった時はビックリしました。
どの人も怪しそうで疑心暗鬼に陥りましたヨ。
私も恋模様のロマンスより、サスペンスの方が気になりましたです(笑)

美しい映像も印象的でしたね!
アマンダちゃんの大きな瞳に真っ赤なマントが
とてもとてもよく似合ってましたよねぇぇ
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-10-24 00:46:14
こんばんは~です★

謎解きあっての面白さですね。
これがなかったら、普通のロマンス映画になっていたでしょうから。
そう考えると、上手くミステリー仕立てに仕上げたなぁって思いました

犯人には意表突かれましたねぇ。
全くのノーマークでしたよ

本作は映像に関しても上手く作り込まれていましたね。
白い雪に真っ赤なマントがとても映えていて、綺麗な映像が完成されていました
こんにちは♪ (maki)
2011-11-08 08:53:57
犯人が途中でわかっちゃったので
種明かしもなるほど~と思いつつ見れました
ピーター役の青年はトワイライト候補の青年だったんですね、私は白塗り王子よりこっちのが好みかもしれないです
赤と白の対比がとてもきれいで、ダークファンタジーらしい暗さもあって、
映像にこだわってるなと思いました
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-11-10 01:28:17
おっと!
makiさんは犯人読めちゃったんですか!?

うんうん。
私もこっちの青年の方が好きです。
トワイラトのヴァンパイアはどうにも好きになれません。

映像が綺麗でしたよね。
白い雪に赤が映えていて美しかったです。
犯人は・・・ (zebra)
2014-05-27 19:06:12
お久しぶりです。ヒロ之さん。

>昼間は人間ですが、赤い月が浮かぶ夜になると凶暴な狼へと変身
 まるで ジキルとハイドですね。

>狼人間の正体が明かされた後、それまでにあった伏線が一気に回収されスッキリ感も一入。 
 この真相・・・犯人は おまえだ!みたいな推理サスペンスっぽいテイストでしたね。

曲も結構いいですね。 The Big Pinkって よく知らないですが イギリスかヨーロッパ地域の出身のバンドでしょうか?メロディの雰囲気からして そう感じたもので。
>zebraさんへ (ヒロ之)
2014-05-27 23:54:47
こんばんは!
お久しぶりです^^

そう、仰る通りでジキルとハイド的な感じなんですよねぇ。
それプラス、誰が犯人なのかを観る側も考えなければいけないので、そういう意味でも楽しめる作品でした。
なんじゃそりゃ、てなものでもなかったですし、中々に面白かったです。

THE BIGPINKはロンドンを拠点にして活動しているバンドですね。
2枚ほど、アルバムを出しています。
彼のライブはサマーソニック大阪で見たんですが、それからのファンなんですよ。
かなり耳に残る曲を作っていて、私のお気に入りのバンドの一つです^^

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事