銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

[アパートメント:143]

2013年05月14日 01時44分07秒 | 洋画ホラー
EMERGO/APARTMENT 143
2011年
スペイン
80分
ホラー
劇場公開(2012/11/03)



監督:カルレス・トレンス
出演:
カイ・レノックスアラン・ホワイト
ジーア・マンテーニャケイトリン・ホワイト
マイケル・オキーフ『フローズン・リバー』Dr.ヘルザー
フィオナ・グラスコットエレン・キーガン
リック・ゴンザレスポール・オルテガ
フランセスク・ガリード霊媒ヘーゼルタイン
ダミアン・ロマンベニー・ホワイト

<ストーリー>
不可解な現象が多発するアパートメントに調査を依頼されてやって来た超心理学科学者チーム。やがて、そこに住む家族の隠された忌まわしい過去が明らかになり…。

これは自然現象だ。

-感想-

科学者チームが用意した機械の一つにボカシが掛かっていたのだが、逆に気になって仕方がないです。
もしかしたら物凄くショボイ機械なのかもしれない。
ボカシ無しでは見せられない代物だったりして。

POV形式のドキュメンタリータッチ作品ですが、この手の作品では有りがちな前置きがムッチャ長いってのが本作では無かったのは評価したいです。
開始数分から直ぐに怪奇現象が先ず音として出てくるので、その後も退屈させられる事無く次々と起きるポルターガイストを目と耳で楽しめる形にはなっていました。

ただ、ゾクゾクとする程の怖さが殆ど無いってのは考え物でして。
例えば父親に対して反抗期真っ盛りの娘さん。
この子がポルターガイスト現象の元凶だったってのはまぁ好しとして、目玉にピンポン玉入れてウガァーってなシーンは特殊メイクが酷すぎて笑っちゃったんだけども。
その子の部屋が終盤、台風の如く暴風警戒地帯になるのはまぁOKとしても、くの字にブラーンと宙に浮いてぶら下がっているだけじゃあねぇ、他作品でも良く観る描写なのでこれプラスもう一工夫オリジナリティな要素が欲しい所だよねぇ。

予告編にも入っていた連写カメラでのストロボ撮影で霊の姿が浮かび上がるシーンもね、アイデアとしは良いと思うの。
けどね、チカチカし過ぎで眼が痛いっ^^;
あのチカチカで3往復は正直キツいッス。
結局、我慢出来ずに目を擦っていたらお化けシーン見逃しちゃって巻き戻してもう1回観る羽目に。
一発勝負のビックリ映像を自身の不注意で2度観る事で驚き半減になってしまった私は負け組みですよ、えぇ。。。

80分の作品なんで、無駄なシーンが極力無くてその点ではそこそこに楽しめたんですけど、科学者チームが出した結論を全否定しちゃうようなラストシーンは正直「は?」ってなるのよねぇ。
このラストシーンがある事で、じゃあ本当の理由は何なのさ?ってなってしまうんだけど、製作サイドは単に観客を驚かせたくて意味も無く放り込んできたのかもしれないなぁ。
このシーンはオマケっていう感じで余り深く捉えないで良いのかも。
いやいやいや・・・そうじゃなくて、これはもしかしたら「超常現象に対しての人の考え出した結論なんて例えの一つにしか過ぎない」という皮肉が込められたラストなのかもしれない。

評価:★★★
13/05/12DVD鑑賞(新作)
呪われたバナーを救うのは貴方
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-04-06
メーカー:松竹

オフィシャル・サイト(日本語)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« プレミアム・ラッシュ | トップ | 鍵泥棒のメソッド »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラストはいりませんね。 (ミス・マープル)
2013-05-14 06:47:51
コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通りラストシーンは、来るなと思っていて当然のごとく訪れたもので、あれがあったらストーリーがおかしくなる、という大きな要素になりましたね~。
ただ全く期待していなかったので、そこそこ楽しめました。でももうPOVにはだまされないぞっと!
こんにちは (maki)
2013-05-14 10:02:06
ヒロ之さんとほとんど同じ感想かなー
ただ割りと楽しめたほうだと思いました

謎の機械は私も激しく気になりました(笑)

でもラストシーンは同じく要りませんよね
こんにちは♪ (yukarin)
2013-05-14 17:28:34
怖がりの私でも全然怖くなかったです^^;
すでに内容忘れてますが、時間もちょうどいいので観やすいですね。
ラストのアレは予想とおりですね。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2013-05-15 00:22:35
こんばんは!
コメント&TB有難うございます。
ラストシーンはいかにも何かが起こりますよ!と言っているようなもので、そういった点では特に必要あったのかなぁとは思いました。
まぁでも私もそこそこに楽しめました。
でもそろそろPOV映画も同じ様なものばかりになってきたので、変り種を用意して欲しいものです。
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-05-15 00:24:11
こんばんは!

あのボカシが付いていた機械は何だったんでしょうかね(笑)
凄く気になりましたよ。
展開が早かったのでそれなりに楽しく観れましたが、もう少し怖さ的なものが欲しかったです。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2013-05-15 00:26:20
こんばんは!
怖くなかったですねぇ。
やっぱりホラーと銘打っているからにはそれなりに恐怖を感じる描写が欲しい所ではあります。
短い尺だったのですんなりと観れましたが、期待した程驚かされるシーンが無かったのが残念です。
Unknown (pu-ko)
2013-05-24 06:01:21
あはは、モザイクの入った機械、、
実は家庭用指圧マッサージ器とかなのかもですねぇ(笑)
ラストシーンはそれまで延々説明してきた全てを覆すものだったけど、結局は霊は存在するんだということですよね。
このスタイルは次の『レッドライト』と同じ。
単にお金をかけてバージョンアップさせただけと言うべき作品でしたが。
>pu-koさんへ (ヒロ之)
2013-05-26 13:08:12
こんにちは!
あの機械、全貌を見せて欲しいです。
ボカシかけないといけないくらい、小道具的にはしょぼいものだったら笑えるのですが(笑)
やっぱりあのラストは、pu-koさんの仰る通りの事なのでしょうね。
本当は霊がやったんだぞ、と。
『レッドライト』も似たようなものなのですか。
6月にレンタルリリースされるので観てみますね。
Unknown (せつら)
2013-06-08 17:42:05
ヒロ之さん今晩は

エコーが遅れてしまいました。
この映画は出だしからありがちなPOV作品の入りでちょっと心配でしたが
低予算ながら舞台をアパートの一室に限定したので心霊現象も
よくできていたと思います。
まあラストはやっぱりありがちな終わり方ですが(笑)
>せつらさんへ (ヒロ之)
2013-06-14 20:13:22
こんばんは!
私もコメ返が遅れてしまい申し訳ありません。
怖くはないですけど、超常現象をそれなりにリアルに近く描いている辺りは面白く観れました。
ラストは余り新鮮味がないですよね。
全体的にもう少し工夫が欲しかったかもです。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

アパートメント:143 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror「アパートメント:143」 原題:Emergo監督:カルロス・トレンス製作、脚本:ロドリゴ・コルテス2011年   スペイン映画   80分キャスト:カイ・レノックス     ジーア・マンテーニャ     マイケル・オキーフアラン...
アパートメント:143 (いやいやえん)
80分という短尺の割りに、だらだらする部分が少なくて、そこは良かったように思う(冒頭の会話で、登場人物の背景を見せる)。 アパートの一室で起こるポルターガイスト現象や幽霊騒動を監視カメラなどの映像でまとめていますが、大抵が知っている範疇のものがほと...
アパートメント:143 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EMERGO/APARTMENT 143】 2012/11/03公開 スペイン 80分監督:カルレス・トレンス出演:カイ・レノックス、ジーア・マンテーニャ、マイケル・オキーフ、フィオナ・グラスコット、リック・ゴンザレス、フランセスク・ガリード、ダミアン・ロマン これは自然現象だ。 [St...
アパートメント:143 (映画にする?)
さて、ホラーといっても、モンスター、オカルト、心的なものと幅広いですが私が最も苦手なのが心霊系(汗)タイトルとポスターにビビりながら観た本作は、シチュエーションスリラ ...
『[アパートメント:143]』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:スペイン  上映時間:80分  原題:APARTMENT 143  配給:松竹  監督:カルレス・トレンス  主演:カイ・レノックス      ジーア・マンテーニャ      マイケル・オ...