銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アジャストメント

2011年09月16日 00時03分20秒 | 洋画ロマンス
THE ADJUSTMENT BUREAU/11年/米/106分/SFサスペンス・ロマンス/劇場公開
監督:ジョージ・ノルフィ
製作:ジョージ・ノルフィ
原作:フィリップ・K・ディック『調整班』
脚本:ジョージ・ノルフィ

出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、テレンス・スタンプ

<ストーリー>
若手政治家のデヴィッドは、運命的に出会ったバレリーナのエリースにひと目惚れする。しかし、突如現れた「アジャストメント・ビューロー」と呼ばれる男たちに拉致されてしまい…。
<感想>
‘どこでもドア’を使った鬼ごっこ大合戦はユニークな設定。
けど、ラストでの「逃走」にはもっと大掛かりな「追跡」も加えて、観る側にハラハラ感を与えるようなものが欲しかったです。

んもう、やっかいな奴やな~

ちんたら後を追いまわす調整班たちだが、良く良く考えたら、そんなに手こずらされる派目になるのなら、最初に拉致した時に「リセット」しとけばいいやん、とちょっと思った。

男子トイレでの初キスもえらい衝動的ですな~(笑)。
え?なんで?
え?互いに一目惚れ?
で、いきなりキス??

デヴィッドの一途さは言い方変えれば単なるストーカー。
そんな彼に振り回されるエリースも諦めの悪いしぶとい女。
いきなり‘どこでもドア’を体験させられて

意味分かんな~い
でも、貴方が好き

あんたの楽観的な所が意味分からんわ。

深い愛は運命をも変える
はいはい、ええ話ですな。
結婚目前で二回もフラれた元彼を空気みたいな存在にしちゃって、なんて可哀想な。

つっこみ映画として観ると妙に面白さがあります。
そういう意味では私は楽しめましたよ。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/09/15ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-16
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

コメント (14)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~ | トップ | 切り株画像(映画『富江 ア... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-09-16 01:03:36
結構てこずらされる辺りが変に人間的というか…。何たってそもそも居眠りが原因だし(苦笑)やってることは神の代行業なのにねぇ。

そうそう、あの彼氏が悲惨すぎ。何も悪いことしてないのに、一方的に二股かけられて二度捨てられるって目も当てられないよね^^;
あはは(笑) (shimaneman)
2011-09-16 11:20:53
これ昨夜僕も観ました^^
アンドリュー可哀想過ぎる><

彼こそ調整して助けてあげてほしいですね。。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-09-16 15:32:49
うーん、確かにつっこみ映画として観れば面白いかもしれませんね。
なんだよ~恋愛映画かよ!と思いながら観てたらな^^;
そうですね。 (ミスト (MOVIE レビュー))
2011-09-16 16:43:52
TBありがとうございました。
最初に思っていた映画の内容とはちょっと違いましたけど、
私も何となく楽しめた映画でした。
最後までユルかったですね。(^_^;)
どこでもドア~~だよね (ちゃぴちゃぴ)
2011-09-16 19:34:18
はい、観ました。
頭から「どこでもドア~」というドラちゃんの声が離れませんでしたよぉ。
(^▽^) ハッハッハ
で、ツッコミどころ満載でしたね。
楽しめた映画でしたよ、うん。
主演二人のイメージが、まじめくさってるんで余計面白かったですね。(褒めてる)
あの振り付け師のフィアンセ、空気のような道化で涙がでます。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-09-18 20:30:04
彼らって神とか天使みたいな存在なんですよね?
どうにも行動が間抜けっぽいですよね。


あの元彼さんは悲惨過ぎ(笑)。
2回も同じ女にフラれたら当分立ち直れないばかりか、女性恐怖症になっちゃうんじゃないでしょうかね^^;
>shimanemanさんへ (ヒロ之)
2011-09-18 20:31:42
ご覧になられましたか。
いやはや何とも哀れなお方でした^^;

いや、ホントですよ。
こういう人物こそ調整してあげて欲しいものです。
でもそれも運命なんでしょうね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-09-18 20:33:14
予告観た限りではサスペンス映画なのかと思っていたのに、おもいっきりラブロマンス映画でした(笑)。
まぁ、でも嫌いじゃないです。
色々つっこめて楽しかったですし^^
>ミストさんへ (ヒロ之)
2011-09-18 20:34:50
コメントありがとうございます☆

え~そういう映画なん?
って思っちゃいましたけれど、不思議と話に入り込めてました。
つっこみ映画としては面白かったです^^
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-09-18 20:38:29
どこでもドアですよね~。
帽子を被らないと出来ないってのは設定上ユニークでしたが(笑)。
ツッコミ映画としては中々楽しく観れました。
これが変に真面目ぶっていたらつまんないモノになってたでしょうね。

元彼さんの存在感の無さ・・・。
同じ男として同情しちゃいますよ。
てか、一度フラレた時点で諦めろよ(笑)。

洋画ロマンス」カテゴリの最新記事