銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ストーン

2011年05月31日 22時19分27秒 | 洋画サスペンス
STONE/10年/米/109分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開
監督:ジョン・カラン
出演:ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチ

<ストーリー>
刑務所の仮釈放管理官・ジャックは、受刑者・ストーンの担当に就く。何とかしてシャバに出たいストーンは、妻のルセッタにジャックを誘惑させる。
<感想>
ジョヴォヴィッチだけにヴィッチな役が良く似合うねww

おっと、くだらねぇオヤジギャグは置いといて・・・

置いとけねぇよ!
そんなんを言いたくなる位、話が訳わかんねぇんだよ!

途中から宗教が絡みだしてから、雲行きが凄く怪しくなるんだもんよ。
どうなる?
じゃなくて
どうするよ?おい!
だよ、やれやれ。

それぞれの役者においての存在理由なるものが全く掴めない。
結局お前らは何がしたいんだ、何がしたかったんだ、と。

妻を使って男を誘惑して仮釈放にこぎ付ける

そんな単純な話だったらまだ良かったものの、それに神がどうとか付け足されたら

ついていけませ~ん。

燃え盛る家を前にして冷静な妻、銃を突き付けられて平静を装う男、退職パーティで「このアバズレがぁ」と吠えるおっさん、バーで客に色目を使うジョヴォヴィッチ。

私は両手のひらを上にして首を横に振りました。

大物俳優3人だから、何とか最後まで観れたけれど、よくまぁこんなクソみたいな作品に出たもんだと半ば呆れ顔。

それりゃあこんな内容じゃ劇場未公開にもなる・・・
・・・
・・・・
・・・・・
劇場で公開してるじゃねぇか、これぇ。
ひでぇ。
まるでボッタくりムービーだな。
役者で公開しやがったな。
内容で公開するような代物じゃねぇぞ。
100円レンタルレベルだろ。
いや、TVの深夜枠レベルか。

ジョヴォヴィッチの相変わらずの潔い脱ぎっぷりを観たいが為に、新作料金払ってまでレンタル店に足を運んだのに、子守唄映画を見せられた日にゃあ、怒りの矛先を何処に向ければいいんだぁああああ!!

あぁ神様、私に貴重な時間を返して下さい。。。
(まだウンゲロ映画『ジャッカス3』を借りた方がマシだったと思いたくもなる)

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:
11/05/31DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-04-13
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« スキンウォーカーズ エクリプス | トップ | ミラ・ジョヴォヴィッチ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これもヽ(´~`;)ウーン (ちゃぴちゃぴ)
2011-05-31 22:56:51
私も、ようわからんだ。
E.ノートンも好きだし、食いついたんですけどねぇ。
途中から、あたしゃキリスト教徒じゃないからわかりまへんになりました。
ミラ様のビッチぶりが素敵でしたけど。
デ・ニーロの奥さんの話は聞かない旦那っていうのは、その辺にいっぱいいらっしゃるタイプですね。くくく
しかし、変に小難しい感じになっちゃってましたねぇ。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-06-01 02:11:26
こちらにもコメント有難うデス☆

結局何を言いたいのか、ピンとこない作品でした。
冒頭の子供を窓から投げる投げないのシーンは良かったんですが、そこから変に宗教絡めて来て、はい?って思える様なラストまで、何処に評価すればいいのか考えちゃう意味不明な映画になっていたのが残念です。

これだけの俳優を集めておきながら、この程度で終わっちゃう所が勿体無いですよね。

ミラ嬢の脱ぎっぷりはまぁ良かったですが、後はポカ~ン。。。

洋画サスペンス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

ストーン (LOVE Cinemas 調布)
とある受刑者とその妻、そして定年間近の仮釈放審査官、三者の思惑が絡み合いながら自体は思わぬ方向へ進んで行く。出演はオスカー俳優・ロバート・デ・ニーロ、『ファイトクラブ』のエドワード・ノートン、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は『...
ストーン (晴れたらいいね~)
クライム・サスペンスかなと思ったんですが、どこかキリスト教に色合いが濃い作品でした。E.ノートンの受刑者っていと、アメリカン・ヒストリーXを思い出します。ミラ様が、ノー ...
ストーン (だらだら無気力ブログ)
オスカー俳優ロバート・デ・ニーロ、『ファイト・クラブ』のエドワード・ ノートン、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ豪華競演 によるクライム・サスペンス。ある受刑者と仮釈放をめぐって相対する 引退間近の生真面目な刑務官が、受刑者の妖艶な恋...
ストーン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【STONE】 2010/10/30公開 アメリカ R15+ 109分監督:ジョン・カラン出演:ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、フランセス・コンロイ、エンヴェア・ジョカイ、ペッパー・ビンクリー 悪を憎み続ける男正義をあざわらう男男たちを蝕む...
ストーン (迷宮映画館)
エドワード・ノートンって、つくづくすごい役者だ。
ストーン (こんな映画見ました~)
『ストーン』---STONE---2009年(アメリカ)監督:ジョン・カラン出演:ロバート・デ・ニーロ 、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、フランセス・コンロイ 結婚43年となる妻とデトロイト郊外に暮らす刑務所の仮釈放管理官ジャック(ロバート・デ・ニ....
ストーン(2010)■◇◆STONE (銅版画制作の日々)
  悪を憎み続ける男正義をあざわらう男男たちを蝕む女──そして理性は崩壊していく。 Tジョイ京都にて鑑賞。探していた前売りチケットを金券ショップで見つけることが出来ました。通常料金1800円で観るよりは、少し安いので、購入しました。 前売りチケットが映...
ストーン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
厳格な刑務所の仮釈放管理官と殺人を犯した受刑者という性格も立場も対照的な2人が、1人の女をきっかけに、互いの立場を逆転させてゆくサスペンス。「マチェーテ」のロバート・デ ...
ストーン/ STONE  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click エドワード・ノートンVSロバート・デ・ニーロ、スコア」以来、9年ぶりの演技対決!! トロント映画祭で上映、気になってた作品 あまり話題になってなかったし、調べたら劇場がいつもイマイチな作品上映の銀座シネパト...
ストーン (心のままに映画の風景)
結婚43年になる妻とデトロイト郊外に暮らす仮釈放管理官ジャック(ロバート・デ・ニーロ)は、定年間際に、放火と祖父母殺しの受刑者、ジェラルド・クリーソン、通称ストーン(エドワード・ノートン)を担当...
ストーン (いやいやえん)
ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演。 ストーンが精神世界に目覚めたあたりから、それぞれの人間模様がまさに180度様変わりしていくのですが、宗教的な話に満ちていて、どのキャラクターにも共感性がどうもうまれなかった。 ...
ストーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:STONE) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第23回東京国際映画祭特別招待作品。 ロバート・デ・ニーロ&アル・パチーノ主演「ボーダー」(原題:RIGHTEOUS KILL)、モーガン・フリーマン&アントニオ・バンデラス主演「ザ・エッグ~ロマノフの秘宝...
【映画】ストーン…ホクロを付けたら もうデ・ニーロ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の投稿。 今日2011年8月21日(日曜日)は、日中ずっと寝てて、夕方から行動しました 先週行き損ねた門司港レトロに行って、夕方から夜の街並みを撮影 ついでに門司港で寿司(夕食)を食べたあと、小倉南区に移動してお買い物。 で、スタバのコーヒー飲んだり、...