銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

スカイハンガー

2021年12月03日 21時44分49秒 | 洋画アクション
S.O.S. SURVIVE OR SACRIFICE
2020年
キプロス
91分
パニック/アクション
劇場未公開




監督:
ロマン・ドロニン
出演:
ウィリアム・ボールドウィン
ジャーニー・カスパー




<ストーリー>
地中海のリゾート地を訪れたケイトたちは、スリルを楽しむため熱気球に乗ることに。しかし、強風に流された気球は発電用の巨大風車に接触し、大破してしまい…。

―感想―

ウィリアム・ボールドウィン演じる泥棒のダメっぷりもそうだが、真面目な様で何処かコメディっぽい雰囲気がある。

登場する人物全員に言える事で、お前ら何がしたいねんwと。

気球が破壊された瞬間に、乗っていた男が衝撃で落ち・・・落ちてねえし。
映像的にかなり派手な形で空へぶっ飛んでいったのに、何故か奇跡的にロープに捕まっていた。
ミラクル過ぎるだろ、て思っていたら、ロープを掴む握力が無かったのか今度こそ本当に落ちた。
結局落ちるんかーーーいw

主人公の妹は姉に対して反抗期に見えるんよね。
が、姉が居なくなったら途端に「お姉ちゃんを探すんだ!」とGPS頼りに活発に動き回る。
急に心変わりするのは何でやねん。

気球に乗ったまま漂流する女2人。
姿を消した姉ちゃんを探す妹。
コソ泥を繰り返す女たらしのウィリアム・ボールドウィン。

この3つのパートを交代ごうたいで見せるけど、はっきり言う、ウィリアム・ボールドウィンのパート要らんやろ(笑)。
無くても全然問題ない。
只の尺伸ばし要員。

主人公の頭の良さに逆らって、もう一人の女のバカさに、そりゃ何かやらかす度にキレて当然。
観てる俺でもイラッとしたし。
それでも一緒に生き延びた事が嬉しかったのか、「私の友人よ」と妹に紹介してた。
頭にカーッと血が上って、あれだけ罵声浴びせていたのはもう忘れたらしい。

負傷した手当に着ている衣服を使用するので、女2人は気球に乗ってからの大半が下着姿。
これはちょっとした視聴者サービス。
燃料切れで海に不時着してからは、やたらと水中カット多用。

需要があるかどうかは個人の好み次第だが、ケツ祭りであった。

評価:★★☆
21/12/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-11-24
メーカー:アルバトロス

コメント

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アーヤと魔女 | トップ | 返校 言葉が消えた日 »
最新の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事