銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

セイブ・ザ・ダイナソー

2018年09月05日 20時07分47秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
MY PET DINOSAUR
2017年
オーストラリア
94分
アクション/アドベンチャー
劇場未公開



監督:
マット・ドゥラマンド
『ジュラシック・アイランド』
製作:
マット・ドゥラマンド
脚本:
マット・ドゥラマンド
出演:
ジョーダン・デュリウ
アナベル・ウォルフ
スコット・アーウィン
ベス・チャンピオン




<ストーリー>
森でスライム状の物質を発見した少年・ジェイク。翌日、兄がふざけてその物質に薬品を混ぜると、小さな恐竜が誕生した。ジェイクは恐竜に「マグナス」と名付けて飼い始めるが…。

―感想―

こりゃまたやさぐれた兄貴だことで。
けど、弟が生み出した恐竜を見た事で、コロッと態度が変わる、ていうか優しくなる。
信じられないものを目にすると人間て急に協力的になるものなん?
まあでも兄弟関係が改善されて良かったやん、これも恐竜のお蔭やね。

実験材料にしたい軍と、それを絶対に阻止するべく少年達が大人の力も借りながら奮闘する話で、恐竜と子供との愛情にも似た交流もそこはかとなく描いている。
ただ、ラストが適当。
もう少し感動的な流れに出来なかったのだろうか。
あれだけ巨大化した恐竜なのに、エンドロール前のカットではチビになっていてしかも飛行型に変化。
ここから又新たなストーリーが作れそうなものだけど、余韻もへったくれもないままささっと終わってしまった。
こんな終わり方でええんかい、て思っちゃう程の呆気なさでしたわ。
メインの恐竜の他にも凶暴そうな恐竜も誕生してたけれど、あれらはどうなったのかもきちんと描かれてないんだよね。
少々荒削りなストーリーかな、丁寧さが若干欠けているようにも思えた。

今作の可愛い子役図鑑
主人公の少年の家のお隣さんで、少年と恋仲にもなっていくアビーちゃん。

アビーちゃん可愛いよアビーちゃん♥
ニコッと笑うと益々可愛くなるんだよねぇ。
巨大化する前の恐竜もキュートだったけれど、アビーちゃんのキュートさには敵うまいて。
おっちゃん、可愛いねぇチャーミングだねぇて、ずっとアビーちゃんばかり観てしまったよ。

評価:★★☆
18/09/04DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-07-03
メーカー:竹書房

コメント

トラックバック

この記事についてブログを書く
« ウォリアー・ゲート 時空を... | トップ | コンフィデンシャル/共助 »
最近の画像もっと見る

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事