銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

テロ,ライブ

2015年02月08日 00時25分43秒 | 韓国サスペンス
THE TERROR LIVE
2013年
韓国
98分
サスペンス
劇場公開(2014/08/30)



監督:
キム・ビョンウ
脚本:
キム・ビョンウ
出演:
ハ・ジョンウユン・ヨンファ
イ・ギョンヨンチャ報道局長
チョン・ヘジンパク・ジョンミン主任
キム・ホンファジュ長官
キム・ソジンイ・ジス(元妻)
イ・デヴィッドパク・シヌ



<ストーリー>
国民的アナウンサーのヨンファは、不祥事が原因でラジオ局に左遷されてしまう。ある日、彼は生放送中に身元不詳のリスナーから「マポ大橋を爆破する」という脅迫電話を受けるが…。

-感想-

我々、政府は決してテロには屈しない。
テロリストとは交渉しない。

果たしてこの言葉が相手に対して何処まで通用するのか。
国民にとってはどう感じているのか。

自分からテロリスト組織に飛び込んで人質になるのと、意味も無くいきなり訳が分からないまま人質になるのとでは全然違う。
政府機関や警察関係者はいかなる状況においてもテロリストの要求には従わず、人質救出を遅らせ結果見殺しにしたり、最悪の場合は断念する方向へと決断を進める事になるのだろうか。
監督はこの辺りの疑問を作品を通して問題提起として観客に投げ掛けているのかもしれない。
難しい課題ではある。
罪の無い人達が無惨に殺されるのを唯見届ける事になる国民にとっては、テロリスト程ややこしい存在は無いからなぁ。

とは言え主人公には同情出来ない。
スクープ欲しさに独占中継したが為に、飛び散る火の粉が自身にも降り掛かり墓穴を掘ったのだから自業自得。

けども、最後にテロリストの手を握りながら放った一言「あいつらはバカだ」には少なからず重みがあり、又、多少の皮肉も感じさせられた。
テロリスト殺害を優先し、国民を巻き添えにした上に主人公をも殺そうとし、勝利宣言高らかにドヤ顔を持って己の存在意義を見せ付けた韓国大統領。
表向きだけだと「大統領マンセー」かもだが、裏を見ると目も当てられない本当の現実。
「これでいいのか!」その叫びは主人公が残した最期の表情にも出ていたんじゃないだろうか(深読みし過ぎてたらゴメン)
当然ながらマスゴミも屑だ。

橋の爆破&崩落、ビルの爆破&崩壊。
イヤホン爆弾で頭吹き飛ぶ長官。
リアルに作られていて目が丸くなる。

評価:★★★☆
15/02/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-02-04
メーカー:ミッドシップ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« クライモリ デッド・ホテル | トップ | NY心霊捜査官 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-02-08 09:11:59
題名が「テロ、ライブ」で、第三者の犠牲を厭わないから実行犯はテロリストなんですけど、これを単に「復讐者」とすると、国政側に同情する余地がない。国政側が謝罪を突っぱねるのは同様事象が多くありすぎるからとしか思えない。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-02-09 01:00:51
こんばんは!
あそこまで頑なに誰もが謝罪を断るってのは、政府としてのプライドですかね。
時と場合によってはそのプライドを恥じられるかもしれませんよねぇ。
裏はボロボロかもしれないけど (りお)
2015-02-09 23:04:05
表向きには上手くやるんでしょうねえ。
すべて世は事もなしってとこでしょうか。
いかに表を綺麗に見せるか、ってのが政治かもしれない…なんて。
>りおさんへ (ヒロ之)
2015-02-10 02:33:21
こんばんは!
コメントありがとうございます。
いかにも、自分たちは国の為に全力を尽くしているんですよ、とパフォーマンスするのが政治の世界なのかもしれませんね。
汚い世界ですよ、ほんと。
事実かもね (ミス・マープル)
2015-02-14 08:53:07
これが実際の政治やマスコミの姿かもしれませんね。
「何も変わらないんだよ」
と主人公が犯人に言う言葉には重みがあります。何も変わらないんでしょうね。
ナッツリターン然り。結局、時の権力に勝てるものはいないのかもと、思ってしまいました。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-02-14 17:25:47
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

韓国政府やマスコミの姿、そのままを映像にしているのかも、ですね。
自国のイメージが悪くなりそうなのに、ちゃんと批判を取り入れながら映画にし、面白く見せる所がなんとも韓国映画らしいです。
ナッツ姫、って呼称どうにかならないですかね。
犯罪者に対して姫ってなんだよ、と思ってしまいます。
ミヤネ屋、君たちの事だよ!!
こんにちは♪ (yukarin)
2015-04-14 13:10:20
ツッコミ所はあるけれど、なかなか緊迫感があって面白かったですね。
爆破やイヤホン爆弾のシーンはリアルでしたね。
韓国らしい作品でした。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2015-04-15 23:38:44
こんばんは!
限定空間の話は好きなので、これも程よい緊張感を持ちながら観れました。
テーマ性もきちんと含んでいて良かったと思います。
リアル描写に拘る所は流石の韓国映画ですよね。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2016-05-21 23:41:29
前半はかなり面白かったです!
後半で失速したかな~って感じは否めないですが
なかなか良かったですね。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2016-05-23 21:30:46
こんばんは!
コメントありがとうございます。
B級な雰囲気は拭えなかったですが、密室劇としては緊張感もしっかりあり、ラスト付近も一癖二癖あって中々凝ったストーリーだなと感じました。

韓国サスペンス」カテゴリの最新記事