銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

パワーレンジャー

2018年02月13日 18時04分07秒 | 洋画アクション
POWER RANGERS
2017年
アメリカ/カナダ
124分
アクション/ヒーロー/特撮
劇場公開(2017/07/15)




監督:
ディーン・イズラライト
『プロジェクト・アルマナック』
出演:
デイカー・モンゴメリージェイソン・スコット/レッド・レンジャー
ナオミ・スコットキンバリー・ハート/ピンク・レンジャー
RJ・サイラービリー・クランストン/ブルー・レンジャー
ベッキー・Gトリニー/イエロー・レンジャー
ルディ・リンザック/ブラック・レンジャー
ブライアン・クランストンゾードン
エリザベス・バンクスリタ・レパルサ
声の出演:
ビル・ヘイダーアルファ5



<ストーリー>
ジェイソンたち5人の若者は不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられる。自分たちの力に困惑する彼らの前に、かつて世界を守っていた戦士のひとり・ゾードンが現れる。

5人で、超える。

―感想―

俺の中ではゴレンジャー止まりのレンジャー部隊。
ハリウッドがリブートしたらどんなものになるのか興味あって借りてみた。
まあ流石に着ぐるみ怪人とかは出てこないわな。
それなりの高度なCGを使っての派手な街破壊ショー。
ところがここの終盤に行き着くまでが糞長い。
台詞ばっかりで退屈過ぎる。

学校では落ちこぼれの男女5人がたまたま同じ場所に居て、たまたま発掘したメダルの力により能力を与えられ、たまたま漁船に打ち上げられた女敵さんが復活し、彼女の野望を食い止めようと力を合わせて戦っていたら、たまたま巨大ロボ化し大勝利。
たまたまばっかりじゃねぇか。
そりゃま、どういう風に変身するのかとか、そういう大事な事を全く教えてくれんからね。
彼らなりに試行錯誤しながらの戦いになるのは分かるのですが、それにしてもその変身するまでに1時間30分も尺を使うってどないやねん、と。
さっさと変身のやり方を取得しろよ、て苛々しちゃった。
巨大ロボ化するのはあっさり出来た癖に。

女敵さんも、下手な優しさ見せずに、殺せる機会があるのなら全員あの時始末しておけば良かったのよ。
一人だけ殺して、他は解放てアホかいな。
その殺される一人が黒人だってのは、如何にもハリウッドスタイル。
真っ先に殺されるのってアジア人か黒人か、てのが定番だし。

中途半端に若者を生かしたばっかりに、返り討ちに遭う女敵さん。
バックドロップを食らい、最後はビンタされて、あ~れ~!と宇宙の彼方に。
急にコメディかっww

パワーレンジャーになるまでの過程がつまらなさ過ぎたが、ドッカンバトルが繰り広げられる終盤だけが見所かなあ、そこは普通に楽しめた。
なんかこれも続編製作されそうやね、あの終わり方からしたら。

評価:★★★
18/02/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-02-07
メーカー:東映ビデオ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« PS4ゲーム『サイコブレイク』... | トップ | フェブラリィ ~消えた少女の... »
最近の画像もっと見る

洋画アクション」カテゴリの最新記事