銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ちはやふる -下の句-

2016年10月20日 14時35分30秒 | 邦画ドラマ
2016年
日本
102分
青春/ドラマ
劇場公開(2016/04/29)



監督:
小泉徳宏
『ちはやふる -上の句-』
原作:
末次由紀『ちはやふる』
脚本:
小泉徳宏
主題歌:
Perfume『FLASH』
出演:
広瀬すず綾瀬千早
野村周平真島太一
真剣佑綿谷新
上白石萌音大江奏
矢本悠馬西田優征
森永悠希駒野勉
清水尋也須藤暁人
松岡茉優若宮詩暢
松田美由紀宮内妙子
國村隼原田秀雄



<ストーリー>
「かるたはもうやらん」と言う新の告白にショックを受ける千早だったが、全国大会へ向けて仲間たちと練習に励む。そんな中、千早は最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。

きみがくれた情熱
今、きみのために戦う


-感想-

机くん、人として凄く成長したなぁ。
自分から「僕を捨て駒にしてよ、皆で勝ちたいんだ」なんてもう、こいつ泣かせんなよ!

チームの輪を乱そうとする人物が現れる。
千早だ。
最強と呼ばれるクイーンの存在を知り、クイーン戦へ出たいと言い出す。
その想いの裏には、かるたから離れていった新を呼び戻したいという願いがあるのだが、千早は全てを背負い込み一人歩きし始めてしまう。

又、太一も部長としての責任感の強さが先走りし、勝ちに拘る気持ちを己だけで抱え込んでしまう。

それは違うだろ。
かるた競技は個人の戦いだが、仲間との繋がりがあってこそ初めて勝利を手中に収める事が出来るんじゃないのか?


ドSの癖に顔は相変わらず厳しいが言葉には優しさを見せるライバル高生徒須藤。
俺達を倒したんだからそれを踏み躙る戦いだけはするな!

そして、千早と太一は他の部員達からも一人で突っ走るな、頼れよ!仲間だろ!と。



心の何処かに忘れてきていた“絆の糸”を思い出し、千早は泣き、太一は笑い出す。

そうだよな。
俺(私)は何一人で熱くなってたんだろ。
ごめん。
皆と一緒に戦ってこれたから今の自分が居るてのを忘れてたよ。
俺(私)達の友情は絶対だよな!!

団体戦は勿論の事だが個人戦も自分だけの戦い以上に仲間の協力も必要となってくる。
先に当たった仲間が幾ら勝ち目が無かろうが全力で勝負に挑み、相手の体力と集中力を少しでもいいから削り、バトンタッチする。
その“絆の糸”が如何に大事なのか。
この辺の部としての在り方を後編では深く描いており、見所の一つとなっていました。

孤独だと隙が生まれる。
団結だとその隙は埋まり、皆の想い・願いを体全体で受け止め心を結束し全身全霊で勝負に挑める。
頼れる仲間が直ぐ傍に居て見守ってくれているてのは心強いよね、最高だよね!
ホント千早が設立したかるた部の部員は友情と情熱を大切にする素敵な面々ばかりで、千早はそういう意味でも恵まれた環境で活動出来たと思いますよ。
この有り難味は決して忘れちゃいけない。
そして1度結ばれた“絆の糸”は絶対に切っちゃ駄目だ。

新がかるたから遠ざかった理由は予想通りだった。
でも新も千早が部員と共に戦っている姿を見て考えを変えようとしている。
恋の行方もおざなりになったまま。
クイーン戦も詳しくは描かれていない。
心残りが激しく生まれたが、その分、『ちはやふる2』を製作して欲しいという願望が強く気持ちとして出てきたのは確か。
スタッフ・キャストは一切変更せずに、今度はクイーン戦をメインとしつつも千早・太一・新による三角関係の行く末までをもじっくりと描いた続編を是非とも!是非とも!!

今作の美女図鑑

最強のかるたクイーン若宮詩暢を演じた松岡茉優ちゃん。
千早が持つレア物タオルに反応する所は可愛かったが、基本一匹狼なので表情も言葉も冷徹。
だが私服が猛烈にダサいというギャップ萌えもある(笑)。
新とは因縁の仲で、これが千早にとってどう絡んでくるのかも気になる。
だから、続編作ってくれ!!

すずファンに贈る広瀬すず図鑑


どうやら私は濡れ髪フェチである事に気付いた。
特に汗で濡れた髪を見るとちょっとエロさを抱いちゃうのだが、あ~そっか毎日職場で濡れ髪の女子を多く見ているからそのせいか。
運動後の髪が汗で濡れた女子は健康的でエエよ。

この泣き顔スキ。



和服似合うなぁ。
うん、ぶっちゃけ可愛らしい表情とか演技の使い分けが上手い女優さんではありますよ。
ただ性格が悪いという嘘か真かの情報が先に入ってきているので、その先入観がある為か、個人的に滅茶苦茶推したいて程までには至ってないんだよなぁ。
劇中で仲間が「お前は黙っていれば無駄に可愛いんだよ」て言ってたけど、正にそれ(笑)。
けども若手女優の一人として彼女にはこれからもっと開花するであろう色んな魅力が底無しに詰まっているてのは否めないですわ。
ジャンルが合えば彼女が出演する映画やドラマは今後も見ていきたい。
すずちゃんの顔?
好みだよ!

評価:★★★★
16/10/20DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-10-12
メーカー:東宝

オフィシャル・サイト

関連作:
『ちはやふる(2011)』(アニメ版第1期)
『ちはやふる2(2013)』(アニメ版第2期)
『ちはやふる -上の句-(2016)』(実写映画版前編)
『ちはやふる -下の句-(2016)』(実写映画版後編)
『ちはやふる -結び-(2017)』(実写映画版第3弾)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ソムニア -悪夢の少年- | トップ | エルサレム »
最新の画像もっと見る

邦画ドラマ」カテゴリの最新記事