銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

寄生獣

2015年04月25日 00時53分24秒 | 邦画ホラー
2014年
日本
109分
ホラー/SF/ドラマ
PG12
劇場公開(2014/11/29)



監督:
山崎貴
『STAND BY ME ドラえもん』
原作:
岩明均
脚本:
山崎貴
主題歌:
BUMP OF CHICKEN『パレード』
VFX:
山崎貴
出演:
染谷将太泉新一
深津絵里田宮良子
阿部サダヲミギー
橋本愛村野里美
東出昌大島田秀雄
池内万作
オクイシュージ中華料理店の主人
山中崇辻刑事
岩井秀人草野
大森南朋倉森
余貴美子泉信子
豊原功補山岸
北村一輝広川
國村隼平間
浅野忠信後藤



<ストーリー>
普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。

日常は、ある日とつぜん、食べられた。

-感想-

レンタル開始が29日からなのに後編が翌日25日から公開されるという理由だけで先にTVで放映しちゃう金曜ロードショー様、ヤルネ!
お蔭様で新作レンタル料金250円浮きました、ゴチ!

日本国内でVFX技術に一番の定評があるのは本場ハリウッドでも勉強してきた山崎貴監督ってのは周知の通りでして、この映画でもその腕を存分に発揮していた。
パラサイト化した人間の顔がパカ~と縦から割れるのは本当に良く出来ている。
違和感を持たせない所は流石だよねぇ。

島田を演じた東出昌大はそのまま原作漫画にも出てきそうなルックス。
これはナイス人選。
パラサイトされた人間は毛髪からも判断出来るみたいな事をさらっと刑事が言っていたが、一般の女子高生がそんな事知るはずもないのは当然ではあるにしても、なんで急に髪の毛引っこ抜いたんだろ。
今時の女子高生ってイケメン男子生徒の髪の毛抜くのが大流行なのかな?(すっとぼけ)
そこだけ「ん?」てなった。

新一が幼少の頃に母親が庇って火傷を代わりに負ってくれたという事実が、後半でもその母親との戦いの際に少しだけ残っていた人間の心が動き、再び助けてくれて首を撥ねる事への助け舟となったという部分に結びつかせる演出上の母子愛には泣かされちゃいます。
結構自分、ああいうのに弱い。

平凡な青年が戦いの渦に揉まれて生き長らえて行く中で精神の成長と共に逞しさも加わっていくというのは王道ではあるけれども、凛々しい姿を見るとこれからの生き方にワクワクするのは生まれちゃうので、今後どういう活躍を新一が見せてくれるのか楽しみだ。

今回の前編を観た限りでは中立の立場にある田宮良子が何か後の展開に大きく影響を与えそうなキーパーソン的な感じがしたのだが、どうなんだろう。

実は原作の漫画はブックレンタルを利用して豪華版の1巻しか読んでいないので、本当に全然先の展開が掴めない。
かなり続きが観たくなる終わり方をしたので、後編にて繰り広げられるであろう新一とパラサイト軍団との最終決戦を次は何時になるか分からないレンタル日まで心待ちにしておこうっと。

正規版を観てないのではっきりとは断言出来ないが、このTV特別版では編集によってグロシーンは大幅にカットされたんだろう。
夜9時のTVで人間の顔が割れるだけでも相当グロなのに、グチャと喰われるシーンなんか流したらPTAから苦情入るだろうし、まぁお子ちゃまもまだ起きている時間だからそう容易には流せないわな。
でも思い切りモンスターヘッドになってしまった島田の姿は一部の子供には十分トラウマとして植え付けたんじゃないかなて位にホラーだったが。
仮面ライダーに登場する怪人とはまるで違うリアルグロモンスターやもんなぁ(笑)。

新一の恋人役は橋本愛。
最初気付かなかった。
髪型のせいもあるかもしれないけど、以前に比べたらちょっと老けたか?
けど私は嫌いじゃない。
「あまちゃん」の時よりも寧ろ私の好みに大分近づいてきた。

評価:★★★☆
15/04/24TV地上波鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-04-29
メーカー:講談社

オフィシャル・サイト

関連作:
『寄生獣 セイの格率(2014)』(TVアニメシリーズ)
『寄生獣(2014)』(実写劇場版前編)
『寄生獣 完結編(2014)』(実写劇場版後編)

コメント (18)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
« ブラック・ハッカー | トップ | ドラキュラZERO »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (タケヤ)
2015-04-25 06:43:05
ヒロ之さん、実は僕も昨夜、「金曜ロードショー」
を久々に見てたんですよね。
だから映画版と今回の特別版の違いをお話します。

1.特別版はいきなりパート2のシーンから始まりました。映画版の浅野さんは謎の人物で終わりましたので・・・だから正直あの戦いはかなりのネタばれなので見たくなかったですね。ミギーが死にそうになってるし。

2.特別版はミギーの回想として物語が語られていきます。途中途中の回想のセリフは後から阿部サダオさんの追加収録をしたんですね。

3.ヒロ之さんも言われているようにかなり!カットされたシーンが多いです。これはこの作品自体の面白さを半減させており、かなり残念でした。あそこまでカットされていると作品の冒涜ですよ!まあテレビ局が悪いワケではなく今の日本のあり方が悪いと思いますが・・・。

となんだかんだ書いてしまいましたが出来たらレンタルされる事を切望します。
昨日の作品はかなり"すっ飛ばし"でしたので。。。

P.S.橋本愛チャン、僕も最初分かりませんでした。イメージ違いましたよねえ(笑)最近は髪型もかなりイッちゃってるし、サイケな感じがちょいと残念です。
後藤 (ハリケーン)
2015-04-25 07:42:26
原作は後藤さんが大暴れします
凄く強いです
映画ではどうなるんでしょう
髪の毛 (KGR)
2015-04-25 08:27:39
TVは見ていないので知りませんが、
>パラサイトされた人間は毛髪からも判断出来る
は、ネットで噂になり広まっていった経過があります。
警察が知った方が後じゃなかったかな
Unknown (名無し)
2015-04-25 11:26:53
東出さんは島田役には少し強そうなオーラが出すぎな気がします。
原作の島田は見た目が弱そうな雰囲気だったので個人的には島田役を染谷さんが演じた方が適任だったのではないかと。
あと橋元さんも村野役とイメージが違いますね。村野さんのおっとり感や慎ましやかな雰囲気が出てなかったと思います。
田宮後島Aあたりはイメージどおりで適役だと感じました。
Unknown (はるみん)
2015-04-25 22:29:58
私も昨日の特別編観てたんですが、だいぶカットされてるので出来れば完結編を観られる前にDVDで観られた方がいいと思います。
完結編を観てからだと、ポイントついたいい編集になってたと思いますが。
でも公開前なのにいい場面出し過ぎって感じで吃驚でした(^^;
Unknown (ふじき78)
2015-04-25 23:50:32
是非とも「そんなんカットカットゆうんじゃなかあ!」みたいな心の叫びを大きな声で十回叫んでください。何故って……奇声10。

髪の毛を抜くシーンは原作で、ネットで笑い話とも真剣とも付かずに拡散された噂として扱われてました。映画化する際にちょっとはしょっちゃったんですね。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 01:54:12
こんばんは!
コメントありがとうございます。
映画館鑑賞されていたタケヤさんもTV特別版ご覧になられたんですね。

ややっ!
そんなに違った編集版だったんですか!
詳しい説明感謝致します。
自分は、あそこはカットされたんだろうなぁてのはそれとなく気づく部分はありましたが、結構重要な要素までもが削られてたみたいですね。
こりゃあ250円浮いたとケチな事言わずに、きちんとレンタル版も観た方がいいかもですね。
了解です!
レンタル版も観てみます。
ただ新作で借りるのは、てのはあるので(やっぱりケチやん(笑)、後編がレンタル開始された時に一緒に借りて続けて観ようと思います。

橋本愛ちゃん、ずいぶん容姿が変わっちゃったなぁと思のはどうやら私だけじゃないみたいですね。
でも意外とこの映画での彼女の容姿は嫌いじゃなかったです。
>ハリケーンさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 02:13:25
こんばんは!
コメントありがとうございます。
後藤は特別版でもちょっと戦いのシーンが映ってましたが、確かに強そうでした。
後編では派手な攻防戦が見られそうですね。
>KGRさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 02:26:29
こんばんは!
コメントありがとうございます。
そうなんですか!
ネットでそういう情報が広まってたんですね。
自分、見逃してしまってたのかな??
警察がそういう事を言ってたのは覚えていたのですが。
>名無しさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 02:34:31
こんばんは!
コメントありがとうございます。
あ、確かに島田に関しては原作でも見ていたので、イメージがちょっと違う感じはしました。
原作ファンからすると、少し配役に難有りて感じでしょうか。
こういうのは中々難しいものはありますよね。
原作を全部読んでいない私ですので、余り配役に関してはどうこう言えないのですが、一つの映画としては面白く仕上がってたように思えました。

48 トラックバック

寄生獣 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 人が未開の生物に乗っ取られ人を食べる凶
寄生獣 (映画好きパパの鑑賞日記)
 岩明均の90年代の人気漫画を実写映画化。山崎貴監督らしく手堅く仕上げており、ホラー系が好きな人だったら見て損はしないかと思います。ただ、人を食べる生物の話なので、グロが苦手な人はご注意を。  作品情報 2014年日本映画 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津...
寄生獣 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
劇場鑑賞「寄生獣」 (日々“是”精進! ver.F)
この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】キネマ旬報 2014年 12/1号 [雑誌]価格:918円(税込、送料込) 【寄生獣 ミギーのぬいぐるみマスコット ...
寄生獣 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、池内万作、オクイシュージ、山中崇、大森南朋、余貴美子、豊原功補、北村一輝、國村隼、浅野忠信 【解説】 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。....
寄生獣~ミギーってスマホ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。岩明均原作、山崎貴監督。染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、大森南朋、池内万作、豊原功補、オクイ シュージ、山中崇、 ...
「寄生獣」 (元・副会長のCinema Days)
 退屈せずに終わりまで観ることが出来た。もっとも、本作は“パート1”であることは鑑賞前から承知していたので、これ一本で完結していなくても腹は立たない(まあ、それを知らなかったら少しはムカついたかもしれないが ^^;)。時間潰しにフラリと映画館に入って向き...
『寄生獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
[映画] 寄生獣 (12時間Blog)
実写版「寄生獣」を川崎109シネマズにて観て来ました 今回は山崎貴監督作品恒例の、英文字タイトルにはなっていないんですな……以前にどこかで、「寄生獣-parasite-」的なタイトル表記を見た気がしたんですが、気のせいだったかな(^0^;) 東京国際映画祭で先行公開され...
寄生獣、ネタバレなし (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の数が100分の1になっても、戦争や犯罪はなくならないと思う。なぜかというと、歴史がその証拠なのだ。2000千年前から人類は全然変わっていない。人間の脳に寄生して人間だけを食べるパラサイトに、対抗する高校生が戦いを挑む。ユーモアもありアクションもあり、スリ...
映画「寄生獣」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/31、109シネマズ木場。 年末の休暇を利用して怒涛の4連発でやっと最低ノルマの年間50本に到達しました。 またもスクリーン5。F列を選択。 観客のほぼ全員が成人男性でした。 **    染谷将太、橋本愛、余貴美子、国村隼、東出昌大、深津絵里...
寄生獣  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生す....
寄生獣/染谷将太、深津絵里 (カノンな日々)
岩明均さんによる同名人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化した2部作構成のSFアクション・ムービーです。作品の存在というかこのタイトルだけは知ってましたがどんな ...
『寄生獣』 2014年11月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『寄生獣』 を試写会で鑑賞しました。 完結編は来年の4月公開 今から待ちどうしい 【ストーリー】  海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新...
映画「寄生獣」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さな...
寄生獣 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 染谷将太     橋本愛     深津絵里 寄生獣(パラサイド)が人の脳に入り込み侵略。 そんな中、右腕だけに寄生した寄生獣。 人間との共存…。 半寄生獣と寄生獣の戦い。 半人間と寄生獣の戦い。 人気コミックの実写版映画化。 ストー...
寄生獣 (あーうぃ だにぇっと)
寄生獣@有楽町朝日ホール
寄生獣 (Akira's VOICE)
面白いが、性急で勿体ない。  
映画『寄生獣』★〇〇的に何かと暗示的な流血パニック(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164017/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   あらすじ→ ウィキ (映画は少し異なる)     今回は“前篇“で、完結編に続きます。     ...
寄生獣 (Break Time)
今朝は、朝から雨模様で・・・
寄生獣 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。謎の生物「パラサイト」が突如出現。人間に寄生し脳を乗っ取り社会に溶け込みます。その内の1匹が高校生の新一に寄生しようとするが失敗し、仕方なく右手に寄生。ミギーとして新一と共存することになり・・・。原作は読んだことないんですが面白かった...
「寄生獣」☆漫画実写化の成功例 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。 この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。
寄生獣 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) 染谷くんは映画の中で毎回逞しく成長していく。
『寄生獣』 (こねたみっくす)
一心同体なのに二人三脚。 あの伝説のコミック「寄生獣」がついに映画化された!ニューライン・シネマでも映画化出来なかった作品を山崎貴監督がついに実写化した!もうこの興奮 ...
寄生獣 (2014) 109分 (極私的映画論+α)
 まさかまさかの十三大橋&阪急電車(笑)
『寄生獣』を109シネマズ木場3で観て、咀嚼しきれない感ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
寄生獣 (花ごよみ)
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹の...
『寄生獣』('14初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:00の回を鑑賞。
寄生獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演...
「寄生獣」人間と融合した先で知った人間感情と誰かを守るための防衛本能と共存できると知ったパラサイト同士の弱肉強食の戦い (オールマイティにコメンテート)
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
寄生獣 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
寄生獣 '14:日本 ◆監督:山崎貴「STAND BY ME ドラえもん」「永遠の0」 ◆出演:染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、岩井秀人、山中崇、オクイシュージ、池内万作、豊原功補、新井浩文、ピエール瀧、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、阿部サダ...
寄生獣 (だらだら無気力ブログ!)
これ、二部作だったのか!?
映画 『寄生獣』 (向う岸)
寄生獣 Blu-ray 通常版(2015/04/29)染谷将太、深津絵里 他商品詳細を見る allcinema 『寄生獣』 地上波放送で鑑賞。 思ったよりも面白かった。 父親が死別していたりと長編の原作の設定を 上手に変更して映画に収めている。 省略の仕方が上手い。 寄生生物の攻撃が...
寄生獣 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第365回「ある一定のクオリティを維持することには成功したが・・・」 12月に入ってすぐに体調を崩してしまい、ブログを更新することができない状態でした。風邪をひくと治りが遅いのは、それだけ年を取ったということでしょうか?そんな状況に陥る前に鑑賞済みだっ....
寄生獣 前編 (単館系)
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることが ...
寄生獣 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本愛/東出昌大/北村一輝/國村隼/余貴美子/浅野忠信 【公開日】2014年11月29日 【製作】日本 【ストーリー】 普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は...
映画『寄生獣』 (健康への長い道)
 今年ようやくの30本目は山崎貴監督のSF『寄生獣』。原作コミックは未読でしたが、映画化に合わせて刊行された講談社文庫版を立ち読みしました(すいません)。 Story 謎の寄生生物パラサイトが現れた。彼等は人間の脳に侵入して完全に乗っ取り、通常の人間を捕食して...
寄生獣 (そーれりぽーと)
劇場予告編が、あまりに原作漫画と完全に同じカットの連続で、期待が膨らんでいた『寄生獣』を公開日の朝イチで観てきました。 ★★★★ 何度も原作を読んでいる程大好きな漫画の映画化だけど、上映時間の問題を考慮した上で、ファン目線で真正面から受け止めて観ても、...
映画『寄生獣』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
特に映画館で鑑賞するほどでも ないかなとも、思っていましたが 染谷くん出演作を見続けてる事と 『ゴーン・ガール』とハシゴ
寄生獣 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/29公開 日本 PG12 109分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、 豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 岩明均原作の人気コミックを映画化したSFサスペンス。人間....
ショートレビュー「寄生獣・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
慎ましく、喰い尽せ。 人間の脳を乗っ取り、捕食する謎の寄生生物が出現した世界で、ひょんな事から右腕だけを乗っ取られてしまった高校生を描くSFサスペンス。 90年代のアフタヌーン系を代表する、岩明均の傑作漫画、初の実写映画化である。 元々人気も高く、映像化...
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中
「寄生獣」 (Con Gas, Sin Hielo)
よくできている。 「永遠の0」「三丁目の夕日」。いずれも観ていないが興行的に大成功を収めた邦画であることは知っている。 そんな作品を手がけた山崎貴監督の最新作が、人間の顔が割れるVFX満載のホラー的な作品だという。 どんな空気に仕上がっているのだろうと興...
寄生獣 (いやいやえん)
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理...
寄生獣 (迷宮映画館)
役者ってすごいなあ~と。
『寄生獣』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『寄生獣』を観てきました。 今朝眠気眼で「ボクらの時代」を観ていたら、寄生獣キャスト3人で談笑してた。 観るつもりなかった作品ですが、なんとなくヒマなので最終で観てきたんす。 ※番組は脱線だらけで「寄生獣」の話は何も出ませんでしたが;; そんなこんなで観...
寄生獣 (シネマ日記)
先日テレビ放映があったので見ました。原作はまったく知りません。漫画がとても面白いということで原作のファンの方はこんなんじゃない!と思った方もいるのかもしれませんが、映画(しかも前編だけ)を見た感想としては単純に面白かったです。新一染谷将太の脳を乗っ取る...
寄生獣 (映画と本の『たんぽぽ館』)
寄生か、共存か * * * * * * * * * * 連載完結から20年を経て映画化されたという本作。 公開時はパスしてしまいましたが、 すでに後編を上映中の今、やっと拝見しました。 これは、その20年前でなく、 CG技術がしっかりと進化した今になって映画化...