銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

2013年07月26日 02時57分24秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
LIFE OF PI
2012年
アメリカ
127分
アドベンチャー/ドラマ
劇場公開(2013/01/25)



監督:アン・リー
製作:アン・リー
原作:ヤン・マーテル『パイの物語』
出演:
スラージ・シャルマパイ・パテル(少年)
イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマン』パイ・パテル(成人)
アディル・フセインサントッシュ・パテル
タブー ジータ・パテル
レイフ・スポール『プロメテウス』カナダ人ライター
ジェラール・ドパルデュー『バビロン A.D. 』コック

<ストーリー>
60年代初頭のインドで動物と触れ合いながら育った少年・パイ。しかし、彼が16歳となった年に一家でカナダに移住することとなり、両親や動物たちと共に貨物船に乗り込むが…。

なぜ少年は、生きることができたのか。

命を奪うのか、
希望を与えるのか


-感想-

観続けていると不思議かな、獰猛なトラも可愛く見えてくるのね。
ちょこんと座って夜空を見上げているトラちゃんにキュンときた(笑)。

少年とトラが一緒の舟に乗り、漂流するってな話を聞いていたので、幼少時代を描いた序盤が結構ダルい。
パイの名前の由来とかどうでもイイヨと思いつつ、日本の貨物船が沈没してからはようやく観たいシーンになってきて見入っちゃってました。

何故に肉食獣のトラと共に生き延びる事が出来たのか。
ほったらかしにするのではなく、適度に世話をする事で共存が可能になったということか。
一番に気になっていた部分でもあったので、この説明には「成る程な」と。

しかし、ラストでパイの口から語られたもう一つの物語。
この話が内容的にはかなりエグいのだが、もしかしたらこっちの方が真実なのかも。
でも、夢を与える物語としては本編の方が断然良い。
貴方ならどちらを選びますか?
そう問いかけられると殆どの人がトラとの話を選ぶでしょうね。
だって、「そんな馬鹿な!」と思える話の方が、読み手としては良い意味で色んな想像を掻き立たせてくれますから。

途中で漂着した島でのミーアキャットの数の多さに恐怖。
あれは流石に気持ち悪い(笑)。
トラにとっては喰い放題で天国だろうけど。
あんなのに囲まれての永住は嫌だなぁ。

本作で一番の驚愕ポイントは映像の美しさだろうね。
上空から捉えた海中、神秘的な夜の空、蛍光色に輝く海の生き物たち。
大量に飛び交うトビウオも圧巻でした。
最先端技術で映し出された全てのシーンにはうっとりとした目で見つめてしまう美麗さがありましたよ。
煌びやかな今までに観た事の無い映像を作り上げたスタッフに拍手!

勿論、本物と見間違う程のリアルなCGトラにも「凄い」の一言です。

評価:★★★☆
13/07/24DVD鑑賞(新作)
漂流サバイバルの合間にバナーぽち
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-06-05
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (18)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シュガー・ラッシュ | トップ | アウトロー »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映像がきれい (ミス・マープル)
2013-07-26 14:34:03
映像はきれいでした。
そしてラストに語られるもう1つの話。これがキーポイントですね。
パイが涙を流した方が真実なのかな、と思いましたが、やはりトラと漂流した話の方が、心が救われますよね。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2013-07-26 16:20:41
こんにちは!
物凄く綺麗な映像でしたね~。
うっとりと見入っちゃいました。
パイが語った2つの物語。
どちらを選ぶか、がポイントなんでしょうけど、やっぱり誰もが同じで夢のあるトラとの漂流を選ぶのが当然でしょうね。
同感です。 (タケヤ)
2013-07-26 20:04:01
映像すごかったですよねえ。

映画館で観れば良かったと後悔
した作品であります。。。
 
でもあれだけの漂流話をよく膨らませ
られたもんだなと妙に感心した作品でした。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2013-07-27 00:28:47
こんばんは!

映画館で観たらもっと映像の美しさに酔いしれたのでしょうね。
TVでもその凄さが十分に伝わってきましたけど、やっぱりこういうのは大きなスクリーンで観てこそなのでしょう。

ほんと単にトラと一緒に漂流しているだけの話なのに、引き込まれる面白さはありました。
こんにちは (maki)
2013-07-27 15:44:28
とても深い話でした
もうひとつの物語が、真実なのでしょうが、
パイ自身もトラとの話を信じたがっているように思えました
私も夜空を見上げているリチャード・パーカーのシーンが好きですね
そんでもってあの大量のミーアキャットは気持ち悪い^;
大量にもほどがある!ですね
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-07-27 22:13:20
こんばんは!

どちらの話を信じるか、実に興味深いものはありましたねぇ。
でもやっぱりトラとの話の方が断然いいですよ。

トラちゃんは途中からえらく可愛く思えてきたのですが、夜空を見上げるシーンが一番可愛かったです。
物凄い数のミーアキャットでした。
流石にあれだけの数を見せられると気持ちが悪いです。
ワクワクする方が断然好き (メビウス)
2013-07-27 23:44:25
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

映像美ももちろんですが、トラと如何にして過ごしたのか?その経緯を知る内容もなんかワクワクさせるような作品でしたよね。確かにこれがあの『もう一つの話』で語られていたら、観終わった後重苦しくなることは必至^^;
映画という点でも考えれば聞き手に豊かな想像力と面白さを提供してくれるトラ話の方が自分も好みですね♪
そっかぁ。。 (そよ)
2013-07-28 10:30:16
ラストで語っていたもう1つの物語
私は質問に答えるための作り話だと思っていたので・・ ほとんど覚えてないです
そっか~ そういう意味だったのですね


トラはCGとは思えないほどリアルでした
実際にはいないトラと演技する主演の男子もすごい!
トピウオのシーンなんて本当に本物のトビウオとか思えない ってくらい見事でした
こちらにも~ (Puff)
2013-07-29 09:40:31
この映画ね、自分は3Dがあまり好きではないので
(メガネの上に3Dメガネが重くて、画面がやや暗くなるのも嫌。
あえて2D字幕版で観に行ったのですが、、
後から3Dで見るべきだったと禿しく後悔したのでした。

影像が半端じゃなく驚嘆でしたよねぇぇ!
トラなんて言われなければ絶対本物を使っていると思いますもん。

深く掘り下げて行くといろいろなシーンでは哲学的な意味合いもあるようですね。
いやー、それにしても、観る前は、てっきりトラと友達になる動物愛の映画かと思ってました。
まさか終盤でああいう展開になるとは…!
こんにちは♪ (yukarin)
2013-07-29 12:50:44
観た時はまさかほぼCGだとは思わなくてびっくりでした。
リアルな動きでしたよね。
内容よりも美しい映像に見とれてしまいました~。

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事