銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年09月04日 13時26分00秒 | 洋画コメディ
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
2014年
アメリカ
120分
コメディ/ドラマ
PG12
劇場公開(2015/04/10)



監督:
アレハンドロ・G・イニャリトゥ
製作:
アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:
アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:
マイケル・キートンリーガン
ザック・ガリフィナーキスジェイク
エドワード・ノートンマイク
アンドレア・ライズブローローラ
エイミー・ライアンシルヴィア
エマ・ストーンサム
ナオミ・ワッツレズリー
リンゼイ・ダンカンタビサ



<ストーリー>
長いスランプの中にいるスーパーヒーロー映画の大スター・リーガン。失意の日々を送る彼は、再起を決意し…。

もういちど輝くために、
もういちそ愛されるために、
すべてを手放し、羽ばたこう。


-感想-

ズンドンズンズンズンドン♪
時折流れるドラムミュージック良いよね。
でもあのドラマーは誰?
なんで色んな場所に出現するの?

えーーーー冒頭から宙に浮いてます。
麻原彰晃みたいにブリーフパンツ一枚で座禅組んだまま。
どうやら彼は超能力が使えるようです(そういう妄想?)。

個人的にちょっとアカデミー会員に聞いてみたいのですが、この作品の何処をどう評価して作品賞に選んだのでしょうか。

全編をワンカット風に撮っている所ですか?
んなもん、前々からその手法を取り入れた作品は多くありましたやん。
じゃあ一体どの部分、どの演出、どの表現、どの演技????

分からん。
本作の何処が素晴らしいのか私にはさっぱり分からん。

率直に書くと会話劇で成り立った意味不明映画。
オチもどう解釈したらいいのやら。

本当に空へと羽ばたいていった=俳優として見事に再起した

と捉えれば良いのかしら。

つまらないとは言わないが、全ての面に対しての実験的な作りには個々の評価はばっさり分かれそう。
字幕がオレンジ色というのにも意味がありそうなんだけど・・・どういう意味?誰か教えて(笑)。

だから昔から言い続けているやん。
私はアカデミー作品とはすっげぇ相性悪いって。
皮肉めいた事を書くけど、上級人である会員と平凡人な私とでは得られる感受性が全然違うんだろうなぁw

申し訳無いがこの作品は私にはさっぱり合わなかった。
ま、そもそも作品賞を獲ったという時点で私向きじゃない事は分かり切ってましたが。

そういえば、ジャスティン・ビーバーがディスられてましたが、奴は人としても芸能人としても屑って事で業界内では意見が一致しているんでしょうか。

評価:★★
15/09/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-09-02
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワイルド・スピード SKY ... | トップ | ウォーキング・デッド シーズ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2015-09-11 06:51:19
人によってかなりこの作品は
批評がわかれそうですね
ちなみに私は、不思議と嫌いじゃないけど
映画的な面白みはあるけれども
単純な楽しい!はないと思いました
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-09-11 14:24:14
こんにちは!
コメントありがとうございます。

特殊な内容なので、好みは分かれるかと思います。
私も別段つまらないとは思わなかったのですが、どうにも意味が分からないてのが凄く引っ掛かって、素直に楽しめる事は出来なかったです。
二番海苔♪ (Puff)
2015-09-11 19:29:01
わーーい、コメント欄が空いてる!
何時コメント出来るか待っておりましたよぉぉ
良かった良かった

この映画ねぇ、
自分ちでも書きましたけど、印象に残っているのが、
全裸で街を歩くシーンなんですよね。
それが一番って、ハハ、、
まあ、脳内妄想なのでストーリー的にはちょっと退屈しちゃうというか、
作品自体の出来は素晴らしいとは思うのですけどね。
ラストも人に委ねるものでしたね、それもちょっとモヤモヤするかも。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2015-09-12 13:03:52
こんにちは!

満点評価が出たらコメント欄を開放しますと告知しておりましたので、その告知通りに再び開きました。
もう今後はムカつくコメントが無い様に祈るばかりです。

開放から早速のコメントありがとございます

Puffちんが印象に残っているシーンも含めて、私も所々ではそういうシーンがありました。
確かに出来そのものは悪くはないと思います。
俳優の熱演も凄く伝わってきましたし。
ただ、全体的に意味が分からないというか、何を伝えようとしているのか私の力では全く掴めなかったんですよねぇ

虚実が入り混じる作品は別に嫌いではないのですが、最後位はスッキリさせて欲しかったかなぁと。

仰るように、モヤモヤとした感じしか残らなくて、面白い映画を観た!という気持ちが起こらなかった事がこの評価に繋がったのかも。。。

洋画コメディ」カテゴリの最新記事