銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

最強のふたり

2013年03月24日 22時13分29秒 | 洋画ドラマ
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE
2011年
フランス
113分
コメディ/ドラマ
PG12
劇場公開(2012/09/01)



監督:エリック・トレダノ
脚本:エリック・トレダノ
出演:
フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ
オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス

<ストーリー>
車椅子生活を送る大富豪のフィリップは、介護者面接にやって来た場違いな黒人青年・ドリスを採用する。何もかもが正反対のふたりだったが、やがて互いを受け入れ始め…。

さぁ、人生に繰り出そう。

-感想-

凄く素敵な映画でした。
観ている私もクリーンな気持ちになると云うかね。
フィリップとドリスの厚い友情、深い絆にほっこりさせられちゃったなぁ。

私はねフィリップは介護人を募集はしていましたが、それは表向きな事だけであって、本当は心から冗談を言い合える、笑い合える

友達

が欲しかったんじゃないのかなぁと思ったんですよ。

それがドリスだったんだろうねぇ。
障害者を障害者として扱わない厚かましい態度にピンときたんだろうね、面接時に。
その後彼の人柄と性格を知るうちにどんどん波長が合って来たのでしょう。
もうどこからどうみても障害者と介護人という間柄に見えない。
ようやく見つけた信頼し合える最高の友人。
怖いもの知らずな所が正に“最強のふたり”。

ドリスがフィリップに吐く言葉は他人が聴くと酷いかもしれないけれど、フィリップ自身は悪意に感じていない。
毒気はあるけれど、全てにユーモアが含まれている。
「こいつ、言いたい事言いやがる!」
一瞬はそう感じるけど自然とドリスの笑顔あっての毒舌に、釣られてフィリップにも笑みがこぼれてしまう。
気兼ねする事無く何でも思った事、感じた事をそのまま呆気らかんと言って来るドリスが本当に友達として好きで好きで仕方がないんだろうなって。

だってさ、彼が辞めた後のフィリップの落ち込み様ったら半端無かったじゃない(笑)。
大切なおもちゃを奪われてしまった子供みたいだった。

そんなフィリップの元にドリスが「やぁ、どうした!」と帰って来る。
夜のハイウェイでの暴走ドライブで見せる楽しそうな顔、髭剃りの時に見せるフィリップの嬉しそうな顔ったらもう。
私までハッピーな気分になりますわ。

後半に向けて感動がじわじわと来る。
ドリスが最後にフィリップに対して取った粋な計らいには彼にしか出来ない優しさを感じさせられて一気にブワッてなってしまった。

(´;ω;`)ブワッ←分かるかな私の気持ち

そこで流れる音楽がまた涙を更に大きく誘うんだよね。

この作品は映画ファンなら是が非でも観て戴きたい。
因みにDVDには視覚障害者用に音声ナビも収録されています。
だからそういった意味でも色んな人に観て(聴いて)欲しいです。
温かい友情に乾杯。
心地好い感動を味合わせてくれた作品に大感謝。

ハリウッドでのリメイクが決まったようですね。
毎度の事ながら不安を募らせますが、主役2人のキャスティングにはコリン・ファースとクリス・タッカーが予定されているそうで。
私的には何かこれは違う様な気がする。
フィリップ役こそダスティン・ホフマンだろって思ったのは私だけだろうな、うん。

評価:★★★★★
13/03/24DVD鑑賞(新作)
一日一善!バナーをポチッとな。
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-03-22
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« パラノーマル・アクティビティ4 | トップ | アウトポスト BLACK SUN »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2013-03-24 23:07:31
私も、これ再見したんですが、よかったですわー。
出会いって偶然なのか決ってるのかわかんないですけど、出会うべくして出会ったような感じすらしちゃいます。
それは言うたらあかんやろって思えるような事も、二人の間でそうじゃないのは信頼関係の強さゆえだろうな。こういうのって、障害者と健常者に限ったことではないでしょう。
フィリップが笑顔が本当に多くなっていくのが、観ていても嬉しくなります。

あっホフマンかー、私はデ・ニーロ推しでした。ホフマンもいいな。クリス・タッカーは異存ございやせん。でも、リメイクはいらんですね。

パラ4は観ないと思います。パラ3も録画したけど観てないし。ゾンビ革命ね、あったんよー。絶対、従業員が観てて隠してたんだと思う(笑)たまに本数増えたりしてるヤツあるもんね。
Unknown (Unknown)
2013-03-24 23:31:22
地上波放送の吹き替えでどうなるのか 字幕とどう違うのか興味ある
今晩は (morkohsonimap )
2013-03-25 01:07:32
これは楽しい映画でしたってか
実話をエンターテインメントの映画としてしまう、フランス映画の奥深さを知らされてしまいました。
毒にも薬にもならない映画しか作れない
映画でメシ食ってる日本の映画人ってのは一体何なんだろうと思いますよね。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2013-03-25 02:51:14
こんばんは!
改めて再見されちゃいましたか!
これは確かに何度も見直したくなる作品ですよねぇ。
なんでも言い合える仲ってのは大切だと思うんですよ。
それはちゃぴさんも仰っているように、障害者と健常者の仲だけにも限らずですけどね。
お互いよそよそしい態度をとられたらやり難いものがあるのは確かですよ。
そういうのをフィリップは求めていなかったんじゃないかなぁって思います。
ほんとフィリップにどんどん笑顔が戻ってくるのはこちらも嬉しくなっちゃいますよね。
私まで幸せな気分になりました。

私はダスティン・ホフマンが真っ先に思いつきました。
デ・ニーロも悪くないですね^^
あ、でも私も一緒でリメイクはやめて欲しかったなぁ。
でも観ちゃうと思います。
怖いものみたさで(笑)。

パラノーマル4はもう別に観なくてもいいんとちゃます?ってな感じでしたよ。
私はとりあえず付き合い程度で観てます。
相変わらず盛り上がりの無いホラーですわ。

ゾンビ革命ありました?
うちのゲオさん入荷してないです。
なのでネットレンタルで予約してるのですが、何時になるのやらの貸し出し状態が続いております^^;
>Unknownさんへ (ヒロ之)
2013-03-25 02:54:12
私は吹き替えで観たのですが、きちんとした専門の声優さんが担当されていたので問題なかったです。
多分、地上波でもこのDVD収録版がそのまま放映されるのでは?と思います。
今回は字幕を付けずに観たので違いは分かりませんでした。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2013-03-25 03:00:00
こんばんは!
コメント&TB有難うございます。
障害者を扱い、且つコメディにしてしまう。
アメリカだとかなり不愉快に感じる作品になっていたことでしょう。
しかしフランス映画はカラッとした明るい雰囲気として作品を仕上げていました。
こういう風に作れてしまうフランス映画の上手さには舌を巻かされてしまいましたねぇ。
日本の映画も、もっとこういう素晴らしい作品を見習うべきでしょう。
未だに世界ではアニメしか通用しないってのが、日本映画の力の無さを物語っていますよね。
こんにちは (maki)
2013-03-25 09:39:33
偽善も哀れみもなしに友情を培える二人が羨ましいと同時にみているこちらも心があたたかくなり、笑顔がうまれてしまうという素晴らしい作品でした
リメイクはしてほしくないですね
これはそのままで「最強」な作品だと思います
二人の俳優さんもぴったりだったし、クラシック音楽を聴いて感想を言っていくシーンがとっても面白くて笑えました
リメイク (バラサ☆バラサ)
2013-03-25 16:14:11
ダスティン・ホフマンかアル・パチーノかロバート・デ・ニーロか。オリジナルのおっさんに似た系統の顔立ちになりますね。でも、年寄り過ぎるかも。そういう意味では、コリン・ファースは悪くないキャスティングと思います。ティム・ロスもいいかも。

クリス・タッカーは、らしいのですが、真面目な部分が思い浮かばないので、歳も言っているし、もう少し若い奴を。

まあ、そもそもリメイクしてくれなくていいんですけど。
Unknown (ひろちゃん)
2013-03-25 16:23:52
私も大好きな作品で映画館で2回観ました!
後味が良くてほんと心地よい作品でしたよね^^

>フィリップ役こそダスティン・ホフマンだろって思ったのは
私だけだろうな、うん。

いえいえ、ヒロ之さんだけではありません(笑)私もそう思いましたもん(感想にも書きましたが・笑)

100歩譲ってコリンはいいとしても、クリスは違いますよねえ・・
ハリウッドリメイクっていつも心配です(汗)

感動・ユーモア申し分なし (メビウス)
2013-03-26 03:38:13
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

フィリップは大富豪っていう立場上もあってか周囲は畏まる人が多そうですし、そういう身分的な意味でもやっぱりどこか孤独感があったのかもしれませんね。だからズケズケと気兼ねなく物言いをしつつも対等に接してくれるドリスは、フィリップにとって珍しくあったと同時に全幅の信頼を置けるかけがえの無い存在になっていったんでしょうね~。感動はモチロン、ユーモアもセンスとテンポが良かったので、結果的に自分も終始笑いと微笑が絶えませんでした♪

でもリメイクの話は聞いてましたけど、ドリスがクリス・タッカーだとユーモア通り越してコメディ色が強くなっちゃいそうな気が・・。
それだったら多少年食っててもドン・チードル辺りにやって欲しいですわ~^^;

洋画ドラマ」カテゴリの最新記事