銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ジュリエットからの手紙

2011年11月20日 18時13分13秒 | 洋画ロマンス
LETTERS TO JULIET/10年/米/105分/ロマンス・ドラマ/劇場公開
監督:ゲイリー・ウィニック
出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ

<ストーリー>
婚約者のヴィクターとプレ・ハネムーンとしてヴェローナへやって来たソフィ。ひとりジュリエットの家を訪れた彼女は、偶然壁の中で眠っていた50年前の手紙を見つけ…。
<感想>
無難な作りで程良く楽しめた感じかな。

愛より仕事を優先する婚約者に愛想を尽かした主人公が、成り行きで見ず知らずのおばあちゃまとその孫に付き合い、昔の恋人探しの旅に出るというシンプルな話なのですが、キャラクターや雰囲気なんかに温かみがあって清々しい気持ちで観れる点が良かったです。

思い出の男性との再会を夢見るおばあちゃまの姿・表情なんかも可愛らしいですし。

ラストでの「ロミオ&ジュリエット」風に二階のベランダ越しに愛を確かめ合う2人の姿にも微笑ましいものがありました。

心が洗われると言うか、観終わった後は素敵な物語を観たなぁと思える作品です。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/11/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-11-10
メーカー:東宝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« ロスト・アイズ | トップ | ハリー・ポッターと死の秘宝... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも☆ (maki)
2011-11-20 20:05:28
爽やかな作品でしたね
ヴァネッサ・レッドグレーヴさんはエレガントで素敵な年のとり方をしてらっしゃいますし、ロレンツォ役の実際の旦那様もお似合いでなんだかとっても素敵でした
老いた二人のロマンスも素敵でしたが若い2人のロマンスも、ベタなつくり(印象悪い→いい人かも)ですが、安心してみることが出来ますし。
ガエル君がこんなとこで出てたとはビックリですが、確かに彼って結婚相手としてはなんだかチグハグかなぁ?とも思ったりして。
ジュリエットの秘書というのもロマンティック。本当にお返事が返ってくるのかなあ!
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-11-20 23:35:21
こちらにも有難う御座います。

うんうん。
おっしゃる通り、素敵な年のとり方をしてらっしゃるんですよねぇ。
なんとも可愛らしいおばあちゃんって感じでした。

白馬に乗って現れるロレンツォさんも素敵でありましたよね。

シンプル且つベタな作りの映画でしたけど、それ故に自然と話が頭に入ってくるので、純粋に感動出来たというか。
心がほわっと温かくなるラストも良かったです。

返事が返ってくるのであれば、一度は書いてみたいものですよね。
日本でもこういうのがあれば良いのに、なんてふと思いました。
Unknown (KLY)
2011-11-22 00:39:20
ガエルくんあれはあきまへんよねぇ。そりゃすてられもしますって!彼があんな風に振られる作品て初めて見ました(笑)
それにしてもこのアマンダの可愛らしいこと!色々演技の幅は増やしてほしいですが、できるうちはこの可愛らしさを活かして欲しいのです。『赤ずきん』とかみたいに。いやまあ『クロエ』は別の意味で嬉しかったんですが…w
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-11-22 02:14:23
コメントありがとうございます。

ガエルくん、婚約者の立場からしたらあれはダメですね~。
私でも嫌になりますよ(笑)。

アマンダさんは本当に魅力的な女優さんです。
表情一つ一つに味があるんですよね。
また笑顔がキュート過ぎ。
主演作立て続けに3本観たせいか、妙に惹かれちゃってますよ、私。
なかなか良かったですよね (そよ)
2011-11-22 17:31:34
あのおばあちゃんとおじいちゃんは
実生活でも再び結婚しているみたいですけど・・
若い頃も現在もちゃんと結婚しているのかよくわからなかったです
(単なる調べ足りず?^^ ;)
・・・って どーでもいいんですけどね^^

とにかくハッピーな気持ちになれてよかった!
安心できる作品です
>そよさんへ (ヒロ之)
2011-11-24 18:55:30
思っていた以上に楽しめました。

話はベタなんですけどね。
でも却ってベタだった事で、すんなりとストーリーに入り込めたのかもしれませんね。

終わり方は良かったですね~。
ほっこりとしました。
アマンダちゃん♪ (Puff)
2011-11-25 00:58:07
こちらにも~☆

話はご都合主義なものがありますけど、
そんなことも忘れてしまう位に引き込まれちゃいましたね。
これは魅力あるキャストとテンポの良さかな、などと思ったり。
二人の恋愛が同時進行して行くのもニクイ設定でしたね。

こういう映画を観ると現地に行きたくなっちゃいますよね。
ワインも飲みたくなってしまいます。
ふじきさんが病んでいる証拠文面 (ふじき78)
2011-11-25 22:53:05
「これはジュリエットからの不幸の手紙です。今から48時間以内に文面を変えずに29人の人に同じ文面の手紙を出さないと、あなたにお婆ちゃんの恋人が・・・」

こんな映画でしたっけ?
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-11-25 23:52:26
こちらにも有難うで~す

そうなんですよね。
話はえらくベタなんですけどね。
まぁでもこれ位シンプルな方がいいかも。
です。
ほわっとするストーリーだったので登場人物たちの温かみに包まれながら最後まで鑑賞出来ました。

ふふ。
ほんと、一度こういう舞台になった所行ってみたいです。
現地に行って作品を想い越すってのも乙ですよね~
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-11-25 23:54:07
ふじきさ~ん^^;

それだとただの嫌がらせじゃないですかぁ(笑)。

お婆ちゃんが恋人って・・・いややなぁ。。。

洋画ロマンス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

ジュリエットからの手紙 (いやいやえん)
50年前に書いたジュリエットへの恋の悩みを綴った手紙の返事が返ってきたら?設定が素敵ですよね。若かりし時に実らなかった恋。その恋人を探すというストーリー展開は一本道ながらも、爽やかな気持ちになれる作品でした。 長い時を経て届いた手紙に後押しされて、ク...
ジュリエットからの手紙 (LOVE Cinemas 調布)
イタリアはヴェローナにある「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家では、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちの元に世界中から恋愛相談の手紙が届く。そんな中の1通から始まる50年前の恋人を探す旅の様子を描いた物語だ。主演は『マンマ・ミーア!』のア...
『ジュリエットからの手紙』 (beatitude)
ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪れる。だが、料理人のヴィクターは、間もなく開店する自分のレストランのためにワインや食材の仕入れに夢中。ほった...
「ジュリエットからの手紙」 (或る日の出来事)
わがアマンダ・セイフライドちゃんの3作連続上映! みたいな楽しいことになってるうちの、まずは第1弾! (「ジュリエットからの手紙」5月14日公開、「クロエ」5月28日公開、「赤ずきん」6月10日公開。全部、前売券買ってます!)
ジュリエットからの手紙~半世紀後版恋愛専科 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LETTERS TO JULIET。ゲーリー・ウィニック監督、アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フラ ...
ジュリエットからの手紙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジュリエットからの手紙』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)この作品は、ストーリー自体よくあるお話ながら、ヴェローナにある「ジュリエットの家」を話の起点にするなど、なかなか着眼が面白いなと思いました。  ニューヨークでジャーナリストを目指す主人公ソ....
ジュリエットからの手紙 (とりあえず、コメントです)
『マンマ・ミーア』のアマンダ・セイフライド主演のキュートなラブストーリーです。 予告編を観て、彼女の輝くような笑顔と“50年前の手紙”というキーワードに どんなラブストーリーが展開されるのだろうかと楽しみにしていました。 明るいイタリアの風景の中で繰り広げ...
Letters to Juliet /ジュリエットからの手紙  (我想一個人映画美的女人blog)
「マンマ・ミーア」でブレイクした、アマンダ・セイフライド主演のロマコメ。 日本未公開、2011年5月14日に公開決定 ロンドン行きの機内にて鑑賞 タイトルのジュリエットは「ロミオとジュリエット」がモチーフ。 イタリア、ヴェローナの街が舞台。 ヴェローナ...
ジュリエットからの手紙/アマンダ・セイフライド (カノンな日々)
この映画きっかけで知ったのですが、イタリアのヴェローナには実際に「ジュリエットの家」があるんでね。正確にはジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家なんだそう ...
ジュリエットからの手紙 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ジュリエットからの手紙 [DVD]映画でも文学でも、人はなぜかイタリアに行くと恋愛の虜になる。本作もイタリアがキューピットになったような恋物語だ。展開はベタで安易だが“ジュリ ...
ジュリエットからの手紙 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ジュリエットからの手紙」監督:ゲイリー・ウィニック(『シャーロットのおくりもの』)出演:アマンダ・セイフライド(『ジェニファーズ・ボディ』『マンマ・ミーア!』)ヴァネ ...
ジュリエットからの手紙 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(土)@東商ホール。
ジュリエットからの手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ヴェローナにあるジュリエットの生家に届く世界中からの手紙をきっかけに、かつての恋人に再会しようとする女性とその孫、彼女の手紙を読んだ若い女性の旅を描く。出演は「マンマ ...
もしも、あの時・・・~『ジュリエットからの手紙』 (真紅のthinkingdays)
 LETTERS TO JULIET  NYでリサーチャーをしながら記者を夢見るソフィ(アマンダ・セイフライド)。 婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)との婚前旅行に「ロミオとジュ リエット」...
ジュリエットからの手紙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(13) この時期、ナタリー・ポートマンに次ぐ公開作品の多いアマンダ・セイフライド。
「ジュリエットからの手紙」 愛は決して遅すぎることはない (はらやんの映画徒然草)
このところ出演作が相次ぐアマンダ・セイフライド主演のラブストーリーです。 「赤ず
ジュリエットからの手紙 (心のままに映画の風景)
ニューヨークで雑誌の調査員として働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者のヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とイタリアのヴェローナに婚前旅行に出かける。 レストランの開店を控え、食...
ジュリエットからの手紙 (Diarydiary! )
《ジュリエットからの手紙》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - LETTER
ジュリエットからの手紙(2010)☆LETTERS TO JULIET (銅版画制作の日々)
                                       50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。 MOVX京都にて鑑賞。  皆さん、ご存じだと思いますが、、、、。 ゲイリー・ウィニック監督が2011年2月27日、脳腫瘍のため、49...
ジュリエットからの手紙 (こんな映画見ました~)
『ジュリエットからの手紙』---LETTERS TO JULIET---2010年(アメリカ)監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド 、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ 、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 『ロミオとジュリ....
ジュリエットからの手紙 (Memoirs_of_dai)
アマンダのキーワードは“手紙”と“ソフィー” 【Story】 『ロミオとジュリエット』の舞台となったイタリア・ベローナを訪れたソフィー(アマンダ・セイフライド)は、ジュリエットへの恋愛アドバイスを...
ジュリエットからの手紙 (風に吹かれて)
愛の告白はバルコニーで 公式サイト http://www.juliet-movie.jpニューヨークで働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、記者志望だけど、今の仕事は事実調査員。イタリアレストランの
『英国王のスピーチ』『ジュリエットからの手紙』をギンレイホールで観て、絶賛記憶風化中ふじき☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『英国王のスピーチ』 五つ星評価で【☆☆☆ちょっと肩すかし。まあでも面白い】 『栄子くんが「おうおうおうおうおう」とスピーチ』 ああ、そんな話の方が観たかったかもし ...
『ジュリエットからの手紙』・・・二通の手紙と邦題のセンス (SOARのパストラーレ♪)
特に凝った展開もなく、予想通りに落ち着くロードムービースタイルのロマコメ。では物足りなかったかというとそんなことはない。50年前のある手紙がきっかけで始まるふたつの恋物語が実に爽やか。
ジュリエットからの手紙☆独り言 (黒猫のうたた寝)
50年の時を経て、ジュリエットから届いた手紙。それをきっかけに、クレアはかつて結ばれなかった恋人を探す旅に出る・・・そういえば、クレア・デーンズがジュリエット演じたよねなんて思ったりして(笑)イタリアのヴェローナにはジュリエットの生家があってそこを訪れた女...
ジュリエットからの手紙 (538ねん。)
大抵はこう言う映画というか、ロマンス映画は 見ないし、DVDのレンタルでも手は出さなかったけど TSUTAYAさんの新作レンタルセットの員数合わせで アマンダ・セイフライドさんの映画なのという のが大きな要因でした 外国映画の女優さんDDの自分としては、 いま2押しか、...
ジュリエットからの手紙 (to Heart)
制作年度 2010年 原題 Letters to Juliet 監督 ゲイリー・ウィニック 出演 アマンダ・セイフライド/クリストファー・イーガン/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/フランコ・ネロ/ガエル・ガルシア・ベルナル 「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ベローナで行われてい....