銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ドラゴン・タトゥーの女

2012年06月15日 21時05分33秒 | 洋画サスペンス
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10)
-監督-
デヴィッド・フィンチャー
過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』

-出演-
*ダニエル・クレイグ…ミカエル・ブルムクヴィスト
過去出演作:『カウボーイ&エイリアン』
*ルーニー・マーラ…リスベット・サランデル
過去出演作:『ソーシャル・ネットワーク』
*クリストファー・プラマー…ヘンリック・ヴァンゲル
過去出演作:『プリースト』
*スティーヴン・バーコフ…ディルク・フルーデ
過去出演作:『ツーリスト』
*ステラン・スカルスガルド…マルティン・ヴァンゲル
過去出演作:『マイティ・ソー』
*ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン…ニルス・ビュルマン
*ベンクトゥ・カールソン…ホルゲル・パルムグレン
*ロビン・ライト…エリカ・ベルジェ
過去出演作:『マネーボール』
*ゴラン・ヴィシュニック…ドラガン・アルマンスキー
*ジェラルディン・ジェームズ…セシリア
過去出演作:『シャーロック・ホームズ』
*ジョエリー・リチャードソン…アニタ
*インガ・ランドグレー…イザベラ・ヴァンゲル
*ペル・ミルバーリ…ハラルド・ヴァンゲル
*マッツ・アンデション…グンナル・ニルソン
*イーヴァ・フリショフソン…アンナ・ニーグレン
*ドナルド・サンプター…警部補グスタフ・モレル
過去出演作:『イースタン・プロミス』
*エロディ・ユン…ミリアム・ウー
過去出演作:『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』
*ヨセフィン・アスプルンド…ペニラ
*エンベス・デイヴィッツ…アニカ
過去出演作:『13ゴースト』
*ウルフ・フリベリ…ハンス=エリック・ヴェンネルストレム
*ジュリアン・サンズ…ヘンリック・ヴァンゲル(若年期)
過去出演作:『メダリオン』
<ストーリー>
大財閥の元会長から40年前に起きた少女失踪事件の解明を依頼されたジャーナリストが、天才女性ハッカーを相棒に一族の血塗られた歴史を探っていく。

誰がハリエットを殺した?

<感想>

スウェーデン版と大して内容は変らないので、特に触れる必要はないですな。
フィンチャーらしさが見られたのはクールでスタイリッシュなオープニングクレジット位かな。
何ら大きな変更点らしきものは無かったような・・・。
所詮二番煎じか。

若干暴力描写はキツ目。
若手のルーニー・マーラに“女優根性見せてみろ”とハードな演技をフィンチャーは求めたのかもしれないが、観る側としては余り良い気はしないレイプシーンだった。
ま、これがあっての壮絶な復讐タトゥー刻みへと繋がってはいるけれど、これも何か普通に惨たらしいだけのやり過ぎ感はあった。
(変態野郎のケツの穴に突っ込まれていたのは何だったのかが気になって仕方が無い。ブチュブチュ音鳴ってたし)

ミカエルとリスベットってこんなにも性的関係の間柄でしたっけ?
スウェーデン版ではナイスコンビという印象は受けたけれど、体の関係には一線を引いていた様な気がしたのだが。
なんかこちらのリスベットは欲求不満の色情魔みたくで、やたら滅多らと脱ぎまくってた。
原作を読んでいないので深くは追求できないが。
頼れる相棒というよりかはまるで歳差不倫みたいだよね。
ラストのあれなんて、嫉妬してふて腐れた恋する乙女みたいやったし。

んで、例のモザイク。
ミカエルのモノに対するモザイクなのか、リスベットのまる秘に対するモザイクなのか、それとも結合に対するモザイクなのか。
何にせよ、不自然過ぎて笑えた。
今時あんなあからさまにしかも広範囲にかける事もなかろうに。

話自体は面白い。
同じ原作の再映画化なんだから当然だろうけど。
けど、フィンチャーが撮ったという事に意味を感じさせられない、フィンチャー色が殆ど見当たらない作品でした。

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009)』(オリジナル)

評価:★★★☆
12/06/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-06-13
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメント (20)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
« ウォーキング・デッド2 Vol.2 | トップ | POV(ピーオーヴィ) ~呪... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
OPは見所でしたね~ (ちゃぴちゃぴ)
2012-06-15 21:55:21
あとは、激しくヒロ之さんに同意ですわ。
でも、無修正の限定公開版収録のBDを買ってしもたんで、あのモザイクの解明をしたいです。つうか、メイキングすらまだ観てないんですわ。
原作の方のラストもあれなんですよね、ちょっとショックでしたけど。やはり、男女を超えてるような相棒であって欲しいようなとこもありますもん。
フィンチャーでもそうそう変えられなかった雰囲気っていうのは、原作の持つパワーがそれだけスゴいんだろうなぁと思うようにはなりました。
らしさは、やはりOPですね。あれで期待しすぎちゃったかなぁ。
やっぱレンタルDVDには (morkohsonimap )
2012-06-15 22:46:37
悪評のボカシが入ったものでしたか
3日ほど遅れてBlu-rayがレンタルの棚に並びましたがそちらはどうなもでしょうか
私は米盤も日本版もBlu-rayとDVDのセット買いましたけど一応無修正ということらしいですがまだ日本版のBlu-rayやDVDのボカシ確認してません 。

原作ではミカエルは同僚編集長、リスベット、果ては大富豪の長女と、そして続編では探し当てたハリエットともベッドを共にしてます
そこいらをはぶいていて映画ではリスベットとのベッドシーンがフュチャーされてるだけです
女たらしのミカエルです(笑
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2012-06-16 02:37:29
こんばんは~。
へぇ~無修正のBD版があるんですかぁ。
是非とも解明宜しくです。
大した事ないんだろうなぁとは思いますが。

原作読んでいないので、2人がどういう関係として描かれているのか解らないのですが、自分的にはスウェーデン版の印象がまだ残っているので、こちらのリスベットの淫乱?ぶりには違和感がありました。

やっぱりフィンチャーが監督しているならば、それなりのアレンジを加えてくるのかと期待しちゃいますよ。
でも結局はそうでも無かったですし、スウェーデン版と内容も変ってなかったですし、その点ではかなり残念でした。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-06-16 02:42:32
噂のボカシ、入ってました。
DVD化するにあたって消してくるのかと思ってましたが。
BDの方はどうなんでしょうか。
改めてもう一度BDを借りようとは思わないので、morkohsonimapさん、是非ともご確認お願いします。

へぇ~~~原作のミカエルはかなりの種まきさんなんですねぇ。
そう考えると、ニヤけ顔のダニエルは役としては適任じゃないですか!ねぇ(笑)。
こんばんは♪ (yukarin)
2012-06-17 20:10:16
そうオープニングクレジットはカッコ良かった~。

>スウェーデン版ではナイスコンビという印象は受けたけれど
あーそれは私も思いました。
ぼかしといいなんかねぇ^^;

無修正の限定公開版なんてあるんだ!
でも別にいいや(笑)
見るならやっぱりスウェーデン版ですし。
まだ観てないのですが (そよ)
2012-06-17 21:16:18
これ、楽しみにしています~
早く観てみたい!
(でもビミョーな感じかな??)

ヒロ之さんはお家鑑賞バンバン じゃあないですかぁ
私はレンタルが追いつかないでいます(^^ ;
もっと頑張って観なくては

いろいろ観たらまたお邪魔いたしますね
リメイクはやっぱり・・ (メビウス)
2012-06-17 21:32:34
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

鑑賞当初は話題作でもありましたしフィンチャー監督でしたから、無意識的な高評価となってた部分が無きにしも非ずですが、酷評を多く聞いちゃうとどうもフィンチャーにはリメイクや続編モノは向いてないんじゃなかろーか?と思っちゃいますね^^;

フィンチャー色を強くするにはやはりなぞるよりも監督のオリジナリティを前面に出して、それこそ別モノと強調するくらい際立たせるのもまた1つの手法だったかもしれませんね?続編もちょっと無理かなぁ?尻切れトンボは嫌なので、自分も近い内にオリジナル3部作観ます。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-06-17 23:55:12
こんばんは^^

オープニングクレジットにはおぉ!ってなっちゃいました。
そんな所が他でも観たかったです。

オリジナルのリスベット&ミカエルが頭にあるせいか、なんかこちらの2人は違う!って思っちゃいました。

無修正版のボカシなしシーンだけは観たいかもです(笑)。
>そよさんへ (ヒロ之)
2012-06-18 00:01:47
コメント有難うございます。

オリジナルファンは微妙に感じるかもしれません。
でも物語自体は面白かったですよ

映画好きな私としては映画館で話題の作品も観てみたいのですよ
なので、映画館で映画鑑賞されているそよさんが羨ましく思えちゃいまして。
家の近くに劇場があればなぁと何時も思ってます。

その鬱憤をお家鑑賞で晴らしている?みたいな感じになってますね~最近は

最後に映画館で観た作品は『ターミネーター4』だったかしら。
随分前です。

そよさんのレンタル鑑賞記事にはこれからもコメントという形で参加させて下さいね
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2012-06-18 00:10:39
こんばんは~。
コメント&TB有難うございます。

かなり話題性ある作品でしたからねぇ。
且つフィンチャー監督ですし、オリジナルよりもスタイリッシュな感じに仕上がっているんじゃないかと期待するものはありました。
結果的にはオリジナルと然程変らない内容だったのでガッカリ感は大きかったです。

ここは思いきってフィンチャーらしい雰囲気の出た作品にして欲しかったですね。
オープニングクレジットが始まった瞬間にはかなりテンション上がったんですけどねぇ。
ここだけでしたフィンチャーの色が濃く出ていたのは^^;

続編は契約はしていないものの、フィンチャー自身はやる気があるみたいですね。
でもフィンチャーって自身の作品の続編を作るのって余り好きじゃないとかを聞いた事はあるのですが。

オリジナル3部作では謎が全部解明されているので、メビウスさんも是非ご覧になってみて下さい。

洋画サスペンス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

63 トラックバック

ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo (LOVE Cinemas 調布)
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダ...
ドラゴン・タトゥーの女 (538ねん。)
朝一で「TIME/タイム」を鑑賞した後に この映画を鑑賞しました って上映時間を確り調整した行動ではありますが さすがにこちらはお客さんが平日の二回目興行ですが 100人以上は入っていましたね 丁度2年前になるのですねぇ 本国スウェーデンで製作された映画 「 ミレ....
『ドラゴン・タトゥーの女』 2012年1月30日 東京国際ホールA (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ドラゴン・タトゥーの女』を試写会で鑑賞です。 言わずと知れたハリウッドのリメイク版です。 originalはミレニアムの3部作があるのですが、今回も3部作でリメイクされます。 私はoriginalも原作も未読です。これは、少し原作を読んだ方が面白みが増すと思...
映画レビュー「ドラゴン・タトゥーの女」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Girl with the Dragon Tattoo (Movie Tie-in Edition) (Vintage Crime/Black Lizard)クチコミを見る◆プチレビュー◆スウェーデン発の大ベストセラーをD.フィンチャーが巧みに映画化。ハリウッドらしいスタ ...
ドラゴン・タトゥーの女 (あーうぃ だにぇっと)
ドラゴン・タトゥーの女@東京国際フォーラム
デヴィッド・フィンチャー監督『ドラゴン・タトゥーの女』(The Girl with the Dragon Tattoo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、核心部分およびスウェーデン版映画についても触れています。2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化『ドラゴン・タトゥーの女』(Th
ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ!)
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
ドラゴン・タトゥーの女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) エスカレーターを使った一連のアクションに「おぉ~!」
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! (映画のブログ)
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO (いい加減社長の映画日記)
かなり前に予告編が流れたときは、おどろおどろしい感じで、やめようかと思ってたんだけど、ストーリーがわかってくると、なかなか面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆....
[映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、こ...
ドラゴン・タトゥーの女 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第256回「新たなるヒロインの誕生となるのか?」 彼女の存在を知ったのはいつのことだったろう?それは2年ほど前のスウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の予告編をネットで目にした事だった。面白そうだとは思ったものの、スウェーデン映画が私の...
「ドラゴン・タトゥーの女」The Girl With The Dragon Tattoo (2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
ナレーションなしの予告編にもぶっ飛んだが、本篇のオープニングもすごい。ツェッペリ
「ドラゴン・タトゥーの女」 (或る日の出来事)
フィンチャー節、堪能しました!
映画「ドラゴン・タトゥーの女」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/2/26、109シネマズ木場。 * ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、クリストファー・ブラマー。 ** ミレニアム誌の記者、ミカエル・ブルムクウィスト(ダニエル・クレイグ)は、 実業家のハンス=エリック・ヴェンネルストレーム....
ドラゴン・タトゥーの女 (そーれりぽーと)
だーれが殺したハリエット♪ 『ミレニアム』三部作既に観てたから、答え知ってたんですけど。 『ドラゴン・タトゥーの女』を観てきました。 ★★★★★ 素晴らしいリメイク。 いやそもそもリメイクなのか? オリジナルは小説だから、小説をもとにイチから組み立てなおし...
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
『ドラゴン・タトゥーの女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリア...
『ドラゴン・タトゥーの女』 (こねたみっくす)
リスベットが恋する乙女になっちゃった~! パンクな服装はどこへ行った!?モヒカンヘアはどうした!?女性らしさを前面に押し出すことなく、冷静さに温かな人間味を隠しながらも自分 ...
ドラゴン・タトゥーの女/ダニエル・クレイグ (カノンな日々)
世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッ ...
ドラゴン・タトゥーの女  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ルーニー・マーラ  クリストファー・プラマー 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。...
ドラゴン・タトゥーの女 (本と映画、ときどき日常)
監督 デビット・フィンチャー 出演 ダニエル・クレイグ     ルーニー・マーラ     クリストファー・プラマー 40年前に起こった少女失踪事件の真相追究を依頼されたジャーナリストのお話。 2時間40分、犯人探しと謎解きの面白さを十分に楽しむことがで....
ドラゴン・タトゥーの女 (Akira's VOICE)
始めは最高。締めは微妙。  
ドラゴン・タトゥーの女 (とりあえず、コメントです)
世界的なベストセラーで本国スウェーデン製作の映画も大ヒットした作品を デヴィッド・フィンチャー監督&ダニエル・クレイグ主演でリメイクしたサスペンスです。 原作もスウェーデンの映画も観ていたので、この濃い物語をどんなふうに映像化するのか気になっていました。...
白い闇~『ドラゴン・タトゥーの女』 (真紅のthinkingdays)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...
「ドラゴン・タトゥーの女」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
さすがは、デビッド・フィンチャー。この手の映画を撮らせたら右に出る者はいない。 常軌を超えた主人公の造型の確かさ。スピーディかつ切れのある映像のみごとさ。複雑に入り組んだ話を整理する手さばきの良さ。 目をそむけたくなるような残虐なシーンを織り込みながら...
ドラゴン・タトゥーの女 (悠雅的生活)
押し花。封鎖された橋。室内禁煙。
ドラゴン・タトゥーの女 (キノ2)
★ネタバレ注意★  世界的ベストセラーとなったスティーグ・ラーソンのミステリの映画化。2009年に製作されたスウェーデン版の、アメリカ版リメイクということになります。デヴィッド・フィンチャー監督。  原作もスウェーデン版も観ていないのですが、今作では...
ドラゴン・タトゥーの女 the girl with dragon tatto (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
北欧の巨大財閥を舞台にして、正義感の強いジャーナリスト・ミカエル(ダニエル・クレイグ)とパンク少女リスベット(ルーニー・マーラ)が40年前の少女失踪事件の真相に迫っていく。2時間半以上ある上映時間にたっぷりと情報量が積みこめられていて、理解するのが難しい...
「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~
ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデ....
ドラゴン・タトゥーの女 (風に吹かれて)
心に闇を抱える孤独な刺青女公式サイト http://www.dragontattoo.jp原作: ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著/ハヤカワ・ミステリ文庫)監督: デヴ
ドラゴンタトゥ―の女(2011)★★THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO (銅版画制作の日々)
 誰がハリエットを殺した? 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。さすがハリウッドでリメイクしたということでの公開となるとこんなにも集客率が良いんだと改めて感心しました!その上にミカエル役には007のダニエル・クレイグですから、オリジナル版のミカエ...
ドラゴン・タトゥーの女 (Memoirs_of_dai)
リスベットの魅力減 【Story】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件...
「ドラゴン・タトゥーの女」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO )世間の評判は良いらしいが、正直言って私は出来が悪いと思う。何より話自体が大して面白くない。加えて作劇がヘタである。原作はベストセラーの大長編だが(私は未読)、約2時間半の上映時間に収める必要があるためか、ど....
面白い!『ドラゴン・タトゥーの女』 (水曜日のシネマ日記)
40年前に起きた少女の失踪の謎を解き明かす物語です。
「ドラゴン・タトゥーの女 」 (prisoner's BLOG)
スウェーデン版はAXNミステリーでのテレビ用完全版をあちこち抜かしながら見る、という変な見方をしたので比較は難しいし、正直きちんと見直して比べたくなるほどの吸引力は持たないが、ハリウッドで大作映画化するようなこれといった映画的な見せ場が乏しく、長いストー....
ドラゴン・タトゥーの女 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...
ドラゴン・タトゥーの女・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
パンク少女の純情。 スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...
「ドラゴン・タトゥーの女」 (みんなシネマいいのに!)
 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリーを映画化。 本国スウェーデ
ドラゴン・タトゥーの女 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デヴィッド・フィンチャー 【出演】ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー/スティーヴン・バーコフ/ステラン・スカルスガルド/他 【公開日】2012年 2月10日 【...
ドラゴン・タトゥーの女 (こんな映画見ました~)
『ドラゴン・タトゥーの女』---THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック...
★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 誰がハリエットを殺した?   上映時間 158分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/10 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+  【解説】  スティーグ・ラ...
ドラゴン・タトゥーの女 【監督:デビッド・フィンチャー】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
最強の助手が探偵を差しおいて事件を解決どころか話をめちゃめちゃにかき回す。強くてエロくて頭よくてずる賢くて可愛い、仲間としては頼もしいが共演者としては恐ろしいドラゴンタトゥーの女。刮目せよ。
ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった~!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に...
ドラゴンタトゥーの女 (シネマ日記)
スウェーデン版の「ミレニアム~ドラゴンタトゥーの女」は公開時に見に行こうと思ったのだけど、時間が合わず行けずじまいでレンタルもまだしておらず、原作も読んでいないのでこのシリーズはこれが初見になった。とにかくオープニングの映像がカッコ良過ぎる!ツェッペリ...
ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売...
ドラゴン・タトゥーの女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化。40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持 ...
ドラゴン・タトゥーの女 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月21日(火) 19:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『ドラゴン・タトゥーの女』公式サイト スウェーデンのベストセラー小説のスウェーデン映画のリメイク。 舞台が、アメリカに変更されるのかと思ったのだ...
ドラゴン・タトゥーの女 (2011) The Girl with the Dragon Tattoo 158分 (極私的映画論+α)
フィンチャーらしからぬ映画でした。
デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (追記、お詫びあり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
フィンチャーによる現代のモノクロ的映画 『ドラゴン・タトゥーの女』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点
ドラゴン・タトゥーの女 (迷宮映画館)
雰囲気はきっちり出ていた。さすがフィンチャー!みせるのはうまいぞ。
ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto (映画!That' s Entertainment)
●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」 2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min. 監督:デヴッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バー...
ドラゴン・タトゥーの女 (Diarydiary! )
《ドラゴン・タトゥーの女》 2011年 アメリカ映画 -原題 - THE GIR
ドラゴン・タトゥーの女 (いやいやえん)
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ。 リスベットが可愛すぎる。オリジナル版のノオミ...
ドラゴン・タトゥーの女 (2011/米) (晴れたらいいね~)
2月にして、今年最初の映画館です。へへスウェーデンのオリジナルの方は、3作とも観てあります。原作本も「ドラゴン・タトゥーの女」の巻は買ってありますが、読めてません。(汗 ...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダ...
ドラゴン・タトゥーの女 (Sato\'s Collection)
見ました。 名誉毀損で有罪になり一文無しになった雑誌「ミレニアム」の記者ミカエル(ダニエル・クレイグ)は、ある富豪の依頼を受けて40年前の失踪事件の調査に乗り出す。 孤島から忽然と姿を消した少女。 そして衰退したとはいえ大企業の経営に携わる一族の不仲。 ミカ...
「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー...
ドラゴン・タトゥーの女 (こわいものみたさ)
『ドラゴン・タトゥーの女』  The Girl with the Dragon Tattoo 【製作年度】2011年 【製作国】アメリカ 【監督】デビッド・フィンチャー 【出演】ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストフ...
ドラゴン・タトゥーの女 (miaのmovie★DIARY)
ドラゴン・タトゥーの女 [DVD](2012/11/21)ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 他商品詳細を見る 【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 スウェーデンを揺るがせた財...
【映画】ドラゴン・タトゥーの女…ヤッツケ映画観賞記録(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
最近読んでいる本は十二国記、十二年ぶりの新刊「丕緒の鳥」、十二国記だから十二年ぶりなんだろうか 久しぶりに読むこのシリーズですが、面白いです。もうすぐ出るという長編新作も楽しみです(といってもヤッパリ何年か待つのでしょうか)。戴の王様にケリが付く話なん...