銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ラブ&ピース

2015年11月29日 14時50分00秒 | 邦画アドベンチャー/ファンタジー
2015年
日本
117分
ドラマ/ファンタジー/特撮
劇場公開(2015/06/27)



監督:
園子温
『リアル鬼ごっこ(2015)』
脚本:
園子温
主題歌:
RCサクセション『スローバラード』
出演:
長谷川博己鈴木良一
麻生久美子寺島裕子
渋川清彦稲川さとる
奥野瑛太Revolution Qメンバー
マキタスポーツ良一の会社の課長
深水元基田中透
手塚とおる科学者
松田美由紀松井
西田敏行謎の老人
声の出演:
星野源PC-300
中川翔子マリア
犬山イヌコスネ公
大谷育江カメ



<ストーリー>
楽器の部品会社で働くサラリーマン・鈴木良一は、うだつの上がらない毎日を送っていた。ある日、1匹のミドリガメとの出会いを機に、愛と人生を奪い返そうと奮闘する。

愛は、激しくて、切なくて、デカい

-感想-

なんやこれ、亀の映画か?

まぁこれだけは実際に観てくれやとしか言えない。

けったいな作品だと感じる人も居るかもしれへんし、むっちゃ感動する人も出てくるかもしれへん。
私はね、しょーじき前半すっげぇ退屈だったのよ。
世界観が半端無くシュール過ぎたってのもあるだろうけど、俺向きじゃねぇなぁって、一瞬早送りしたい衝動に駆られたけれども、そこはグッと我慢して(だって早送りしたら台詞が分からないやん?)ボケェと観てたら、後半急速に俺向きになってきたものだから一気に目が覚めた。

反戦メッセージを込めながらの聖夜に起きる奇蹟のファンタジーを園監督流に描いてたのね。

なんでもかんでも直ぐに飽きたら捨てて新しく買い換える人への皮肉も多少入っていると思う。
西田敏行演じる汚いおっさんが本作でのキーパーソンでしょう。
下水道の中に住んでいるこのおっさんと、捨てられた玩具達との交流が重要なポイントになっていて、メルヘンチックな映像に呆気に取られていたら、あーそういうことかい!とおっさんの正体が明るみになり、そこから玩具達にもう一度夢と希望を与える、おっさんだからこそ出来る優しさには少しばかり胸打たれるものがありました。

一から全てをやり直し、努力を惜しまず全力でラブ&ピースに向かって突き進め!

鈴木良一の本気の生き方が試される、そんな前向きな余韻を残すラストが秀逸だった。

成功するか挫折するかは紙一重。
どう人生が転ぶかは、その人それぞれのやる気次第。
諦めない気持ちを持つ大切さと、与えられた物を大事にし、何時までも可愛がってあげる心の持ち主であって欲しいという、生きていく上での、物に囲まれて生活していく上での教訓を学ばされたような気がする。

長谷川博己の180度人生が変わって行く中での弱気な男と強気な男との演技の使い分け様がお見事。

終盤、巨大化したピカドンが街を破壊しながらスタジアムまで前進していく、正に鈴木良一の願いをそのまま実現していく特撮シーンが出てくるのだが、特撮以上の特撮映像になっていて歴代ガメラ映画も真っ青になっちゃうかもしれない素晴らしい仕上がりには、園監督のハイライトシーンに対する本気度が伺えた。

前半と後半とでもは大分印象が変わってくる作品なので、なんやこれwと始め思っても我慢して最後まで観てみましょう。
良い映画やん、て私みたいに感想が逆転する方も出てくるかもしれないしね。
クリスマスシーズンの街並みを映し出している事もありますし、今の季節に観るにはピッタリかも。

今作の真野チャン図鑑

台詞なし!
バカで役立たずな鈴木良一を電車内で嘲笑うだけの女子高生役で出演時間1分も無かったかもしれない。
やっぱこれ位ポチャとしてショートの髪型の方が真野チャンは可愛いッス。

評価:★★★
15/11/29DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-11-25
メーカー:キングレコード

オフィシャル・サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« パージ | トップ | ニューヨーク1997 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-11-29 21:24:14
ああ、でも園監督の映画の中での真野ちゃんはこれが一番好きかもしれない。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-11-29 21:51:44
こんばんは!
あの上から見下したかのような目と嘲笑。
ゾクゾクしますよね~。
エスパーの映画版はどうなんですかね?
確かふじきさんは鑑賞されてたと思うのですが、ドラマ版の真野チャンを観てファンになったので、実は映画版も(いろんな意味で)楽しみにしているんですよ(笑)内容には期待していません。
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-12-12 23:24:56
ヒロ之さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>やっぱこれ位ポチャとしてショートの髪型の方が真野チャンは可愛いッス。

ヒロ之さんと激しく同意致します。
やっぱり、真野さんは、ポチャ顔とショートヘアの組み合わせが最高ですよね。
年令を重ねてくると、段々と顔が細くなって、童顔から大人顔に成長されるパターンが多ですけれど、何とか、このまま、適度なほっぺのふっくら感を持続したまま、年齢を重ねてほしいと思いますね。
思い返せば、デビュー当時の真野さんは、今よりも、更に、顔に、ふっくら感があっって、あどけなかった記憶がありますね。
今後も、可愛さをんキープしつつ、映画、ドラマ、色々なジャンルで、頑張ってほしいですね♪
それから、真野さんは、元ハロプロですが、ヒロ之さんは、ハロー!プロジェクトで、お気に入りのアーティストはいますか。
個人的には、Juice=Juice の宮崎さん °C-ute の岡井さんも、良いなあ~って思っています♪

それから、お話が変わってしまいますが、最近、忙しくて、中々、新作を見る時間がないので、GYAO!に助けられています。
結構近年の作品が無料で、見れるので、お得ですよね。期間限定配信ですが、「江ノ島プリズム」って言う作品はお勧めですよ。
ヒロ之さんは、実写版やアニメ版の「時をかける少女」をご覧になられたことがあると思いますが、本作は、正に「時をかける少年」って言う感じの作品で、尚且つ、終わり方が、タイムトラベル系の作品としては、意外な結末になっています。
もし、気が向いたら、是非!!
それでは、失礼致します。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-12-15 20:25:54
こちらにもコメントありがとうございます。
真野ちゃんは顔がポチャッとして髪はショートの方が断然可愛いです。
この作品の前に見た「リアル鬼ごっこ」では役作りの為か激痩せしてしまっていたので、凄く残念な気持ちで観ていたのですが、本作では少しの出番でありながらも何時もの真野ちゃんの姿が見れて嬉しかったです。

すみまんせん。
ハロプロはほぼ全く分からないです^^;
真野ちゃんがハロプロ出身だというのも、ドラマ「みんな!エスパーだよ!」で彼女に一目惚れしてネットで彼女の経歴を調べて知った程で、AKBGに比べるとハロプロに関しては無知かもしれません。
申し訳ないです。

大阪ひろきさんはGYAO!で作品を見られているんですね。
「江ノ島プリズム」というタイトルは聞いた事があります。
「時かけ」の少年版ってのは興味がそそられますね。
機会があれば見てみますね。
ありがとうございます。
Unknown ()
2016-03-10 17:40:17
駄目男が、ワイルドリョウとなって、成功する物語ですが、
至極、アメリカンドリーム的ですよね。バンドの仲間も格下げされるし、
組織としてどうこうというより、個人として成功を独占する、という。
それでも、リョウに嫉妬を感じないのは、前半の徹底した駄目っぷりがあるからだ
と思います。

だから、サクセスストーリーの厭味が引き立たずに、
リョウが原点の夢に回帰していく、という結末があるかと。
ロックスターとしての成功には、力量だけではなく、パフォーマンスも
必要ですよね。誰しも、人とは違うレベルの人には、正道を歩んで欲しい
と感じるのではないでしょうか。裏切りを繰り返し、私生活は駄目駄目でも、
ファンを良い形で裏切る、そんなスターダムこそ王道でしょうね。
>隆さんへ (ヒロ之)
2016-03-10 21:20:24
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

確かにダメ男が成功の道を歩んでいく話ではありますので、一種のアメリカンドリーム的な作品と解釈する事は出来ますよね。
仲間を簡単に裏切るってのは本当なら駄目なのかもしれませんけど、彼は彼なりに努力してスターの地位にまで上り詰めていったので、最初の駄目っぷりを見ているとそういう行動を取りたくなるのも当然かな、とは思います。
人生には山あり谷ありがあって必然ですから、最後のシーンにも、一つの人生の山場としては説得力を齎していて、なんか今後の生き様にガンバレ!と応援したくなる気持ちは生まれちゃいますよね。

邦画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

「ラブ&ピース」、園子温のラブ&ファンタジーです (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 最近、園子温は多作です。 それも、以前撮りたかった作品を撮っているという我が道を行くです。 本作も、かなり前から温めていた作品で、劣等生が、カメに励まされてはじける成功物語です。 主演は、長谷川博巳ですが、前半、まったくだらしがない...
ラブ&ピース/ 長谷川博己 (カノンな日々)
主題歌であるRCサクセションの「スローバラード」が耳心地いい劇場予告編なんですが、おそらくは鬼才・園子温監督が放つナンセンスなおバカ映画なんですね?もちろんそれを期待し ...
『ラブ&ピース』は「愛と平和」ではない (映画のブログ)
 みなさん、大事なことをお忘れではありませんか。  園子温監督の新作が公開されるたび、私は首を捻っていた。  2015年公開の『ラブ&ピース』の公式サイトには「『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』など…で高い評価を受け続ける園子温監督が…『愛のむきだし』以来に直球...
ラブ&ピース (あーうぃ だにぇっと)
ラブ&ピース@なかのZERO
ラブ&ピース ★★★ (パピとママ映画のblog)
国際的に評価される鬼才・園子温監督が特撮に初挑戦した異色作。かつてロックミュージシャンという夢を抱いていたものの現在はさえないサラリーマンが、1匹のミドリガメと出会ったことから始まる奇想天外な物語を描く。主演は『地獄でなぜ悪い』に続き園監督とタッグを組....
『ラブ&ピース』 園印満点のファンタジックな怪獣特撮映画 (サイの角のように 独りよがり映画論)
http://movieandtv.blog85.fc2.com/tb.php/547-4038a03c
園子温 『ラブ&ピース』とは、「愛と平和」ではなくて…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ヒミズ』『恋の罪』『希望の国』など園子温監督の最新作。  かつてはロック・ミュージシャンを目指していた鈴木良一(長谷川博己)は、今では冴えないサラリーマン。同僚の寺島裕子(麻生久美子)に想いを寄せるものの、声をかけることもできない。そんな良一...
「ラブ&ピース」 (元・副会長のCinema Days)
 園子温監督の奇天烈な作風を承知の上で臨まないと、珍妙な失敗作にしか見えないだろう。愛をテーマに往年の特撮怪獣映画の要素を取り入れつつ、実は「トイ・ストーリー」の日本版であったという、捻りを入れすぎたドラマツルギーを笑って許せるかどうかで、本作の評価....
「ラブ&ピース」☆夢を叶えたのは監督 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
結局、夢を叶えたのは監督なのだと思う。
ラブ&ピース~ミドリガメ=新国立競技場 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。園子温監督、主題歌:RCサクセション。長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、奥野瑛太、マキタスポーツ、深水元基、手塚とおる、松田美由紀、西田敏行(テレビ映像)田原総 ...
ラブ&ピース  監督/園 子温 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  麻生 久美子  西田 敏行 【ストーリー】 ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一は、職場の同僚・寺島裕子が気になっているものの話し掛けることができない。ある日、1匹のミドリガメと運命的に...
ラブ&ピース (映画好きパパの鑑賞日記)
 園子温監督が自分の思いをぶちまけたオリジナル作品ですが、ぬるい形になってしまい、個人的にはちょっと物足りなかったかな。でも、長谷川博己の怪演に加えて、音楽の使い方があいかわらず抜群にうまく、満足できる仕上がりになってました。それにしても冬に公開すれば...
『ラブ&ピース』をトーホーシネマズ新宿12で観て、久々に園子温らしい映画だふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★延々とルサンチマンってのが園子温らしい】 情報量の多さが半端ない。 失った誇りを皮切りに何もかも捨て続ける自分のない男と 何も捨てない(変えない)女 ...
ラブ&ピース (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラブ&ピース』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『新宿スワン』がとてもよかった園子温監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、「朝まで生テレビ」の場面。“東京オリンピック2020”を議論していて、田原総一朗が「何を象徴する...
『ラブ&ピース』 (こねたみっくす)
愛を忘れた大人たちへ。夢を忘れた大人たちへ。人生のピースだけは忘れるな。 これが園子温マジックだ。ずっと求めていた園子温監督にしか描けない映画マジックだ。 愛を求める、 ...
捨てられた物たちの想いは大きく・・・ (笑う社会人の生活)
29日のことですが、映画「ラブ&ピース」を鑑賞しました。 ロックミュージシャンの夢破れ、パっとしない日々を送る鈴木はある日 一匹のミドリガメと運命的なものを感じピカドンと名付ける しかし会社の同僚に笑われトイレに流してしまう。後悔する鈴木だが下水道を通....
育ちすぎだよ、カメ! 園子温 『ラブ&ピース』 (SGA屋物語紹介所)
熊の映画が4本続きましたが、それと重なって「おもちゃが念で動く映画」も3本続いて
『ラブ&ピース』 (beatitude)
2015年夏。ロックミュージシャンになる夢が破れた鈴木良一(長谷川博己)は、今や楽器の部品会社で働く冴えないサラリーマンとなっていた。気が小さいあまりに、思いを寄せる同僚・寺島裕子(麻生久美子)に話しかけることすらできずにいた。そんな中、デパートの屋上で出会っ...
ラブ&ピース (2015日本) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
5月に「新宿スワン」が公開になったばかりの園子温監督の最新作が「ラブ&ピース」だが、7月には次作「リアル鬼ごっこ」、9月には2013年の深夜TVドラマ「みんな!エスパーだよ!」の劇場版が控えている。そんなに量産したら質が落ちそうなものだが、前作と言い、本作と言...
ラブ&ピース (そーれりぽーと)
三池崇史監督並みに製作スピードが上がってきた園子温監督の『ラブ&ピース』を観てきました。 ★★★★ 人間劇のようでファンタジーであり、サクセスストーリーのようで転落劇のようでもあり、コメディーのようで悲劇でもある特撮映画という何でもかんでも盛り込んだ感...
ガメラ:映画の中のガメラたち 2015/11 (ガメラ医師のBlog)
 本日二本目の更新です。一本目「 釣りガメラ /11/26 」はこちら。 先月29日更新の「 映画のガメラ 15/10 」に続き、本項では、  ギレルモ・デル・トロ監督作品(’13) ← KAIJUがギロン、その他。 「パシフィック・リム情報 /07/07 」はこちら。  ティム・バート...
ラブ&ピース (映画と本の『たんぽぽ館』)
何じゃ、こりゃー!と思いながらも次第にしみじみ・・・ * * * * * * * * * * 園子温監督作品・・・ということで、これがなかなか一筋縄ではいかない。 本作は、つまりファンタジーというべきなのでしょうか。 もしくは、怪獣映画? ロックミュ...
ラブ&ピース (E'S STREAM)
誰の為に歌うのか、たった一人に繋がれる思い…。鈴木良一は、かつてロックミュージシャンを目指していたが、挫折し、サラリーマンとして就職し、うだつの上がらない日々を送っていた。楽器の部品会社では、上司や同僚から蔑まれ、無能者扱いされていた。会社の同僚の中で...
ラブ&ピース (のほほん便り)
本当に、園子温監督、長谷川博己を高くかってるのですね。 『地獄でなぜ悪い』のラストにも驚いたけれど、(遊び心で、ちょっと出てきますね) ファンタジックで、ややコミック展開な、この物語に、長谷川博己の、オーバーアクト気味な演技がとても、よく合ってた気...