銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

クロニクル

2013年12月07日 03時30分04秒 | 洋画アクション
CHRONICLE
2012年
アメリカ
84分
SF/アクション/青春
PG12
劇場公開(2013/09/27)



監督:ジョシュ・トランク
原案:ジョシュ・トランク
出演:
デイン・デハーンアンドリュー
アレックス・ラッセルマット
マイケル・B・ジョーダンスティーブ
マイケル・ケリーリチャード・デトマー
アシュリー・ヒンショウケイシー

<ストーリー>
特殊な能力を手に入れたことにより、アンドリュー、マット、スティーブの男子高校生3人の退屈な日常は刺激的な日々へと一変する。しかしある時、能力を使って後続車両を事故に遭わせてしまい…。

-感想-

家では飲んだ暮れ親父から暴力。
学校に行けばイジメの対象。
女性経験?そんなものある訳がない。
今でも立派な童貞さ。
こんな僕に生きている意味があるのだろうか。
こんな人生、ちっとも楽しくなんかないよっ!!

そんな草食系男子にもし未知なるパワーが備わったらどうなるのか。

結論。
僕は無敵だあああああああああ!!!!


他の誰よりも優れた力に魅せられ、そして彼は日頃から積もりに積もった怒りに支配されていき、やがてそれは・・・暴走へと変わる。。。

僕に命令するな!
僕を怒らせるな!

邪魔する奴は例え誰であろうとも排除してやるっ!!

作品によっては無駄に思えるPOV方式だが、本作ではその演出は成功していると言えるだろう。
本物のサイキッカーを画面を通じて見せられている様なそんな不思議な体験を目で味合う事が出来たからだ。
特に雲の上を滑空するシーンは臨場感たっぷり。
本当に飛んでいるみたいだった。

監督は自身が大好きなジャパニメーション作品『AKIRA』を相当意識して撮影に挑んだそうだが、終盤の戦いは正にその『AKIRA』を実写映像にしたかのようなダイナミックな作り。
力を制御出来ず暴走に激しさが増すアンドリューと、そんな彼をどうにか救おうと真正面からぶつかっていく従兄弟のマットの立ち位置は『AKIRA』の鉄雄と金田そのもの。
固定されていない数台のカメラで捉えられた2人の壮絶なバトルは、相当なまでに緊迫した映像になっており、半端なく手に汗握らされる面白さがある。

長編劇場映画としては本作がデヴューとなるジョシュ・トランク監督だが、ここまで白熱した映像を、興奮させられる映像を撮り上げられた事に感心。
もう一層のこと、『AKIRA』のハリウッド実写版はこの監督に任せた方がいいのではないかと思うほどに、作品から漂う『AKIRA』愛の度合いは大きかった。
何も分かっていない人間にやらせるよりかは、こういった全てを知り尽くしている人間にやらせた方が絶対成功するはずだし、『AKIRA』を心の底から愛する者としてはそうして欲しいという気持ちが本作を鑑賞して改めて強くなった。

アンドリューと一緒に訪れるはずだったチベットに結局1人だけで降り立ったマット。
彼はここで悟りを開き、その力を世の人の手助けの為だけに今後使う事になるのだろう。
カメラに向かって語りかけるマットの最後のメッセージが熱く胸に響く。

『クロニクル』、興奮と切なさを併せ持った紛れも無い傑作。

評価:★★★★
13/12/06DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へバナーポチに感謝します
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-12-04
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント (20)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« アフターショック | トップ | イノセント・ガーデン »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-12-07 08:32:42
ヒロ之さんの記事の最初の語り部分を読んで、割かし星飛雄馬っぽい奴だなと思いました。
デイン・デハーン (KGR)
2013-12-07 08:59:24
今作で初めて見ましたが、
「アメイジング・スパイダーマン2」ではハリー・オズボーン役です。
未見ですが「メタリカ・スルー・ザ・ネバー」に出てます。
「リンカーン」にも出てたようです(兵隊。チョイ役らしい)
感激しました (momorex)
2013-12-07 11:02:17
予告編を見て、楽しみにしていた作品でしたが、後半のまさかの展開にびっくりです。事前情報無くても、この分かりやすさ。『AKIRA』の実写版なのかと思ったほどです^^;
だから最近、『AKIRA』や『幻魔大戦』がCSでやってたんですねー。

仰る通りこの監督で『AKIRA』を撮ってもらったら間違いないのでしょうが、『AKIRA』製作サイドは「先にやられちまったー」と悔しがっているんじゃないでしょうか^^ いつまでも、のそのそしてるからですよねー
お金をかければいいってもんじゃないのが、今回よく分かりました。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2013-12-07 20:32:23
こんばんは。
星くんほど、体育会系ではないですけどね。
それでもそういう奴ほど、怒らせたらたちが悪いってのが終盤見てたらよーく分かりましたよ。
>KGRさんへ (ヒロ之)
2013-12-07 20:34:40
こんばんは!
何時もコメント有難うございます^^
へぇ、彼は『アメージング2』ではハリー役なんですね。
なんとなくキャラとしてはピッタリかもしれませんね。
これから人気が出てくる俳優さんになればいいですねぇ。
>momorexさんへ (ヒロ之)
2013-12-07 20:38:33
こんばんは!
コメント有難うございます。
終盤は『AKIRA』そのものでしたね。
このアニメは自分の中ではベストアニメなので、終盤の対決シーンにはテンション上がりました。

『AKIRA』実写版の情報、幾ら経っても何も入ってこないですね。
もうこの監督が『クロニクル』でやっちゃってくれたし、もう良いんじゃないでしょうかねぇ。
無理矢理に作る必要はないと思いますし。
こんばんは♪ (yukarin)
2013-12-08 20:47:00
もうDVD出たんですねー早いな。
ほかの所でも『AKIRA』の話が出ててますね。
後半の展開には驚きました。
ハデにやらかしちゃいましたね。
こんにちは (maki)
2013-12-09 08:58:26
もうこれがAKIRAの実写ってことでもいいんじゃないでしょうか
そう思わせてくれる面白さでした
(下手にまじめに実写出されるとテンション下がるのもあるし…)
映像的な演出が巧かったのが全体を纏めてたと思います
空中浮遊のふわふわ感だけが少し違和感あったけど、
能力を使った後半のバトルもおかしな部分がなかったので、映像的興奮度も高めでしたもんね
切なかった (ミス・マープル)
2013-12-09 11:42:55
前半のアンドリューの高校生活及び悲惨な家庭環境と力を得た後の、彼の変わり方がうまく描かれていましたね。
後半のシアトル市内での空中バトルも臨場感にあふれ、マットの思いさえもう通じないほど怒りのパワーを爆発させたアンドリューの姿は切なかったです。オヤジ落下してもよかったのにね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2013-12-09 20:35:58
こんばんは!
最近は半年ほどでDVD化されちゃいますね。
後半の戦いは見応えありました。
面白かったです!

27 トラックバック

クロニクル (映画的・絵画的・音楽的)
 『クロニクル』を新宿のシネマカリテで見てきました。 (1)アメリカで大ヒットしたSF作品(2012年、84分)で、日本でも見た人の評判が高いようなので映画館に行ってきました。  高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)が主人公。  友達がいなくて一人で過ごす生活を...
劇場鑑賞「クロニクル」 (日々“是”精進! ver.F)
テレキネシス使い、現る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309270001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 新入荷...
クロニクル / Chronicle (勝手に映画評)
高校生の三人組が、ふとした事から特殊能力を身につけてしまい、自分に身についた特殊能力に戸惑い、翻弄されるさまを描く。 ビデオブログをアンドリューが撮影していると言う設定から、映像がハンディカメラで撮ったような雰囲気になっています。映画というより、実際に...
クロニクル (そーれりぽーと)
超能力に目覚めた青年たちの物語と言う事と、なんか予想外にヒットしたらしいという情報を聞いて楽しみにしていた『クロニクル』を観てきました。 ★★★★ そ、そういう映画だったのか?! まさに目からウロコな、観る前と観始め、観終わった後の印象が全く変わる映画で...
映画「クロニクル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/9/29、TOHOシネマズ錦糸町。 ずっと見たいと思っていた映画。 スクリーン8、9列、113+2席、D列ではスクリーンをちょっと見上げる。 E列辺りが良かったかも。 かなりの入りで、開映ギリギリの時間ではほぼ満席。千円効果か。 * デーン・デ...
クロニクル (gala)
クロニクル 原題:Chronicle 監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト クロニクル=記録映像ということらしい。 特殊能力を手にした高校...
クロニクル/デイン・デハーン (カノンな日々)
超能力を手にした高校生たちが思いもよらぬ事態を引き起こす様子をファウンドフッテージ・スタイル(第三者が未編集素材を発見したというていのいわゆるモキュメンタリー)で描いた ...
クロニクル~プラトンの洞窟=映画館!? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Chronicle。ジョシュ・トランク監督、デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ、アンナ・ウ ...
『クロニクル』(2012) - Chronicle - (momoな毎日)
予告編を見てレンタルされるのを楽しみに待っていたこの映画。超能力を手に入れた高校生達の、お馬鹿なお話だと単純に思っていたが、、、違った(また) 超能力を使ったイタズラから、それはどんどんと大きな事件へ。これ、「AKIRA」の実写化じゃないですよ、ね・・? ...
「クロニクル」 (或る日の出来事)
「力」は使う人しだい。(なんにでも言えることだが。)
超能力を持つことで (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「クロニクル」を鑑賞しました。 超能力を突然持った高校生たち  その能力を使い 楽しんでいたが、能力を乱用し思わぬ事態へと・・・ 普通の高校生が突然 超能力を持ったら・・・! というシンプルな設定ながら その後の展開はしっかりと練られて...
クロニクル ★★★ (パピとママ映画のblog)
ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。キャストには、『欲望のバージニア』のデイン・デハーン、『...
クロニクル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(10)(10) 全米初登場1位のときから楽しみにしていた作品。
クロニクル (だらだら無気力ブログ!)
やっべー、超オモシレー!
クロニクル (こんな映画見ました~)
『クロニクル』---CHRONICLE---2012年(アメリカ )監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン 、アレックス・ラッセル 、マイケル・B・ジョーダン 、アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず、予測不能の展開と思春期の若者...
クロニクル (風に吹かれて)
もしも超能力が使えたら 公式サイト http://www.foxmovies.jp/chronicle中古のビデオカメラだけが話し相手の孤独な高校生アンドリュー(デイン・デハーン)。父親は酒びたりで暴
クロニクル (to Heart)
原題 CHRONICLE 製作年度 2012年 上映時間 84分 映倫 PG12 脚本マックス・ランディス 監督ジョシュ・トランク 出演 デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず....
クロニクル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CHRONICLE】 2013/09/27公開 アメリカ 84分監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ [Story]超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット...
クロニクル (いやいやえん)
超能力を手にした少年達の行く果てとは…。面白かったです! 本来手で持つカメラを、力を手に入れたことによってそれを操り自由自在に撮る事が出来るというところが新しい。そういう設定の演出をいれたことで、カメラに関しても面白くなっている。 また、力を手にし...
クロニクル (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般「クロニクル」原題:Chronicle監督:ジョシュ・トランク2012年 アメリカ映画 84分 PG12キャスト:デイン・デハーン     アレックス・ラッセル     マイケル・B・ジョーダン     マイケル・ケリー     アシュレイ...
クロニクルvsキャリー (迷宮映画館)
クロニクルの圧勝!
ショートレビュー「クロニクル・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ワンダーランドの少年たち。 製作費1200万ドルの低予算映画ながら、2012年2月に米国で公開されるやランキングトップに躍り出て、全世界で製作費の十倍以上の興行収入を叩き出したヒット作。 にも関わらず日本公開がなかなか決まらなかったので、私は痺れを切らして海...
クロニクル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン 【解説】 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「...
クロニクル (晴れたらいいね~)
久しぶりに詰んだ記事書き(笑)この映画は、評判もよかったし、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命で好演だったデインくん主演だったので、楽しみでした♪借りたいと思ってて ...
クロニクル (Akira's VOICE)
捨て置けない面白さ。
クロニクル (miaのmovie★DIARY)
クロニクル [DVD](2014/06/18)デイン・デハーン、アレックス・ラッセル 他商品詳細を見る 【CHRONICLE】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット (アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル...
クロニクル~ ガラスの青少年 (まぜごはん)
レンタルDVDで鑑賞。 公式HP 高校生アンドリュー(デイン・デハーン)。ビデオカメラを持ち歩き日常のいろんなことを記録しています。 クラスメートからは若干キショク悪いやつに分類されてるらしく、ごつい同級生に「勝手に映すな」とすごまれ、チアリーダーか...