銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

あさひなぐ

2018年05月18日 12時24分37秒 | 邦画その他(ドキュメetc.)
2017年
日本
117分
青春/スポーツ
劇場公開(2017/09/22)



監督:
英勉
『トリガール!』
原作:
こざき亜衣『あさひなぐ』
脚本:
英勉
出演:
西野七瀬東島旭
桜井玲香八十村将子
松村沙友理紺野さくら
白石麻衣宮路真春
伊藤万理華野上えり
富田望生大倉文乃
生田絵梨花一堂寧々
松本妃代水野沙織
岡野真也大友明子
江田友莉亜井上淳子
紀咲凪栗田紀子
北原帆夏猪又恵
樋口柚子寒河江純
緒方もも的林つぐみ
宮田祐奈三須英子
松田佳央理安藤真琴
中村倫也小林先生
森永悠希宮路夏之
角替和枝依田理事
江口のりこ寿慶



<ストーリー>
なぎなたにすべてを懸ける女子高生たちの青春を瑞々しく描く。

青春ってメンドウっスネ!

―感想―

冒頭でなーちゃんが変質者のアソコをガン見してたやん?
実際には何を観てたんやろか、て気になって。
変質者役の俳優さんがどういう格好をしてあそこの場面に出たんかなと。
何にしろなーちゃんにアソコじーっと見られるなんて御褒美よ、俺も俳優やろうかな。

部活動の様子を描いているので、個々の上手さ下手さは問題視する部分ではないと思う。
これがプロを描いた映画なら酷いなてなるが。
ただ監督の見せ方、演出の仕方に余り工夫を感じないので試合のシーンになっても手に汗握るてのがない。
それとその試合シーン(稽古シーンも含む)になる度に思った事だが、顔を隠す競技てアカンね。
どっちがどっちなのか立ち位置が変わると判断不能に陥る。
名前を観ればいいのだろうが、俺は「戦い」を楽しみたいのであって、名前確認まで目が動かせられんよ。
「剣道」映画とか「アメフト」映画とかも同様かもね。
て、ふと気付いたがこの二つ、観た事ないや。
味方が勝ったのかそれとも負けたのか決着時に瞬時な確認が出来ないから、なんかつまらん。
「わ!!!」て喜ぶ仲間の姿を観て、あ、勝ったのか、と理解するようではスポーツ映画の醍醐味を完全に出し切れてないのでは。
そういう意味でも単純に薙刀の魅力だけを楽しみたい方には不向き。
乃木坂ファンはある程度満足するものがあるかもしれんが、その乃木坂好きな俺でも、顔が見えないというネックがジレンマを生み出していて、試合のシーンよりも普段の生活シーンの方が表情が可愛いねぇとかそういう感情が芽生えて面白かった。
スポーツ映画でメインが魅力不足てのはマズいんじゃないかなあ。

今作の乃木坂メンバー美女図鑑

敢えて鼻血を出しているなーちゃんの画像を選ぶ。
メガネ姿ええやん。
西野七瀬で思い出したがTVドラマの『電影少女』て何時レンタル化されるのかねぇ。


なーちゃんのお背中(*´Д`)
こういうのが『電影少女』には盛り沢山なんでしょ?
タマランチ会長じゃないですかあ。
しかし、何故フツメンな男に恋しちゃうのかね君は。
いや、なーちゃんは顔よりも性格を選ぶ子なんだよ、きっと。
机くんは、どんな映画でも机くんだった、ほわっとしているよね彼。


相変わらずお美しいですなあ、まいやん。
初登場シーンではキツイ性格な子なんかと思ったがそうでもなかった。
勉強が出来ない薙刀バカ。
ちょっと人物設定がブレブレな気がする。


俺が乃木坂メンバーで一番好きないくちゃん。
方言萌え。
出番少な過ぎたけど、いくちゃんの口から「やったるばい!!」とかバンバン方言台詞が飛び出す度に胸がドキドキしちゃった。
練習試合で負けて、仲間から励まされ、ポツンと道場に残った直後に「あ~んもう!!」てなる所めっちゃ可愛い。
人付き合いが不器用なだけであって、本当は乙女な心持っているんだなって笑。

評価:★★★
18/05/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-05-16
メーカー:ソニー・ミュージックレーベルズ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ジャッカルズ | トップ | ランナウェイ ルナ、17歳の... »
最近の画像もっと見る

邦画その他(ドキュメetc.)」カテゴリの最新記事